O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ダイジェスト動画付!ゼロスリーハンツストロング+ドライブクロー5”で50UPを捕獲!!

ダイジェスト動画付!ゼロスリーハンツストロング+ドライブクロー5”で50UPを捕獲!!

2019.03.04
四国の坂本です。



前回は冬のシャローでも有効なジグゼロワンの紹介でしたが今回はジグゼロスリーハンツの紹介です。

水の中では春に向けてバスが動き出しています。
この時期の特徴として釣れたらデカイ!と言う事もあり、私もそんなデカバスを求めてリザーバーへ挑戦してきました。

シャローレンジではジャークベイトのルドラやヴァルナ、シャッドのハイカット、そしてブッシュカバーではジグゼロワンなどのルアーが有効ですが、そんなシャローレンジで全く反応が無く、次の狙いを岩盤エリアに変更。

理由として春はバスが浮く傾向にあり短い距離で水深移動できる縦ストラクチャーが有望になります。リザーバーで縦ストと言えば橋脚や立木、岩盤などがあり、その中でもバスのポジションを探すのに分かりやすいのが岩盤スポット。

岩盤でも比較的浅いレンジにバスが付いていれば上記のルアーでヒットしてくるのですが駄目な日は駄目(>_<)

それらのルアーでは届かない水深に居るのでしょう…

この時期のキモとしては「スロー」「見せる」「存在感」「リアクション」と言うのが私の中にあり岩盤の深いレンジでこれらに当てはまるのががジグゼロスリーハンツ。更に、「スロー」「存在感」が際立つO.S.Pワークスセカンダリーシリーズのゼロスリーハンツストロングに行き着きました。

そして更に更に「スロー」「存在感」のレベルを上げる為、トレーラーにドライブクロー5″をセット。

具体的な釣り方としてはジグゼロスリーハンツストロング14g+ドライブクロー5″の組み合わせで岩盤にタイトに落とし、ちょとしたテラス状になった箇所に乗せラインスラッグだけを揺らすロッドアクションでズル引きのイメージです。

とにかく岩盤から離さない事が重要で、軽いウエイトだと岩盤から離れやすく、タイトにアプローチできないのでウェイトは14gを多用します。また14gにドライブクロー5″でセットする事でフォールスピードを遅くする事ができます。因みにフォールスピードは2m約4秒。これくらいのフォールスピードが経験上、速くも遅くもなくバスの最も反応しやすいスピードの様な感じがします。



ゼロスリーハンツストロングの利点は張りのある中太リビングラバーがミックスしており止めた時は「超絶フレアー」してハイアピールし、オリジナルゼロスリーハンツ継承のセミフットボール形状ガード付き。フットボール形状ゆえ着低姿勢は勿論の事、岩盤の隙間にもスタックしにくく、しかもそのままシャローのカバーでも使える 所がいいですね(^_^)

あとフックもセミロングフックなのでバスの口の奥をとらえる事ができます。

そして今回そんなゼロスリーハンツストロング14g(ブラックシュリンプ)+ドライブクロー5″(グリパンマジック)を使って水深5m前後にてジグの重みがフッと消えるバイトで2301gの50upをゲット!



ジグが口の奥をとらえている動画があるので合わせてご覧下さい(^_^)
ゼロスリーハンツストロング14g+ドライブクロー5″実釣動画

profile

坂本洋司
四国
(旧吉野川水系)

徳島旧吉野川をメインフィールドとし、JBNBCトーナメントに参戦。優勝しか興味がないと言い切り、「3本リミットであっても2本で勝てる魚を狙う」というストロングスタイルが信条の生粋のカバーフィッシャーマン。00年、05年、07年、14年とチャプター徳島年間1位を4度獲得し、さらに06年JBII第3戦優勝、08年JBII四国年間1位、14年JBII四国第3戦優勝という実績を誇る。