O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >NBCチャプター東京第3戦津久井湖準優勝の原動力となったHP3Dワッキー4.3”&HPBug1.5″!!プラクティスでは56cmも!!

NBCチャプター東京第3戦津久井湖準優勝の原動力となったHP3Dワッキー4.3”&HPBug1.5″!!プラクティスでは56cmも!!

2019.08.01
皆様こんにちは寺沢です。



7/7(日) NBCチャプター東京 第3戦 エンジンCUPが神奈川県 津久井湖で開催されました。

NBCチャプター東京第3戦大会結果

第1戦3月下旬以来の津久井湖、プラクティスではバスのコンディションとメインベイトの確認とレンジ、水質など重点的に2日間入りました。

プラクティスの結果スポーニングは終盤に感じ、サイズは良くないが、リミットやフォローなどバックアップには有り。

やはりメインはアフター回復狙いで、今年の津久井湖は未だにワカサギが多く回復系のコンディションが良い。しかしワカサギのレンジがシャローからディープまで反応があり、バスとの接点を捕らえる事が難しく今戦のキーポイントと感じました。

梅雨の長雨での水質の悪化と低水温により上流域を見切り、比較的影響の少ない中・下流域に絞りチェック。びっしり帯状に写るワカサギの群れに時折写るバスへ、あれこれアプローチするが地形に依存しない魚には反応が得れず、釣りやすいバスのエリアを考えた末に辿り着いたのが水質の良いカレントが効いているシャローからディープに絡んだ規模の大きい崩落レイダウンやティンバー。

他エリア同様に層厚くワカサギの反応が写りました。ワカサギマッチザベイト系ルアーに反応が悪くウッド系と言う事でエビ系を試したく発売間近のHP Bug1.5″(グリーンパンプキンペッパー)ノーシンカーフォールで待望のキロフィッシュ!ファイト中にエビを吐き今戦のイメージが出来上がりました。

似た条件のエリアに入り複雑に込み入った崩落カバーにHP3Dワッキー4.3″(みみずぅ)3.1gカバーネコリグのパワーフィネスでアプローチすると強烈なファィトでキャッチしたのは今期自身最大56cmアフター回復のビッグフィッシュ!!レンジコントロールは表層薄ゴミ直下、次レンジは透明度の切れ目を意識しました。





規模の大きいウッドカバーは回復系には最高のエサ場となってました。特にHPBug1.5″の反応はシャローのノーシンカー、ミドルのダウンショットと何の疑いも無いようにバイトが出て、途中で封印したくらいです(笑)





試合当日は下流域の鐘ヶ淵のティンバーと老人ホーム下から中沢ワンド間の崩落群にてHP3Dワッキー4.3″(グリパン・ピンク)3.1gカバーネコリグのパワーフィネスで47cm、キロフィッシュ2本をHP Bug1.5″(グリーンパンプキンペッパー)ノーシンカーとダウンショット1.3gと1.8gでウエインフィッシュをキャッチ、計7本釣り3本リミット3,880gで準優勝する事が出来ました!!











今回HPBug1.5″を実践投入し感じた事は物凄く使い道の幅があるワームだと感じました。いよいよ発売になりますので使い倒してみて下さい!!

profile

寺沢庸二
関東
(相模湖 津久井湖)

相模湖・津久井湖における様々なトーナメントで数多くの入賞経験を誇るエキスパートアングラー。2015年津久井湖サンラインバスファンカップ優勝をはじめ、NBCチャプター東京相模湖・津久井湖戦で通算7回優勝。2016年の年間総合優勝を含め、計4度ものAOYを獲得している。