「戦(IKUSA)」投稿型ソルトトーナメント

2021年からスタートしました投稿型ソルトトーナメント「戦(IKUSA)」

開催期間内に、対象エリアで、O.S.Pルアーを使用し、一番デカい対象魚を釣ったアングラーが勝者。
釣果の投稿はご自身のInstagramにて、既定の#(ハッシュタグ)を付けて投稿すればOK!



歴史の始まりは2021年秋。
東京湾を舞台に開催されました「戦(IKSUA)東京湾合戦2021」
対象魚はシーバス。使用ルアーはルドラ・ヴァルナ。
全国でもトップクラスのシーバスのストック量を誇る東京湾。
秋になると大型のベイト「コノシロ」が多く湾内に現れ、それを捕食する大型のシーバスが狙えます。
80cmを超えるランカーサイズも夢じゃないフィールド・時期に、O.S.Pが誇るジャークベイト「ルドラ」「ヴァルナ」縛りの大会を開催。
初の「戦(IKUSA)」開催にも関わらず多くのアングラーが参戦。
ショア・オフショア問わず、時にはデイゲーム、時にはナイトゲームで多くの釣果があがりました。
結果はルドラ130S(江戸前ケイムラメッキ)で釣り上げた86.5cmが見事優勝という結果に終わりました。
大会の詳しい結果はこちらをご覧ください。➡大会結果&上位入賞パターン
TOP3に輝いたアングラーの詳しいインタビュー記事も掲載しております!




2021年冬、年末にかけて開催されました「戦(IKUSA)東北合戦2021」
青森・岩手・宮城・福島4県が舞台となった、"戦(IKUSA)冬の陣"。
対象魚はアイナメ・クロソイ。それぞれ1本のミックスバック。使用ルアーはO.S.Pルアー全種。
豊富な磯場と適した水温が多くの魚をストックし、全国でも有数の大型のロックフィッシュが狙える東北の海。
ソルトカラーだけでなく時にはバス用のカラーも駆使しながら、状況に合わせてワームタイプやリグ、アクションを変えて多くの魚がキャッチされました。
中にはプラグでの釣果も。
優勝はアイナメ57cm、クロソイ58cm、合計115cmという圧倒的な記録。
大会の詳しい結果はこちらをご覧ください。➡<大会結果&上位入賞パターン>
TOP3に輝いたアングラーの詳しいインタビュー記事も掲載しております!



2022年シーズンも「戦(IKUSA)」トーナメント開催予定!
開催時期やエリア等は、当ページにて都度発表したします。
お楽しみに!!