メインフィールド利根川でのディープクランキングメソッドを紹介!!

皆さんこんにちは!秋の気配が深まり、朝夕は少し寒いぐらいになってきましたね。水の中も一気に秋の装いですよ。

冬になるまでの楽しい季節です、思いっきりバスフィッシングを楽しんでいきましょう!

僕のメインフィールドである利根川は、9月中旬から先日行われたバサーオールスタークラシックの10月下旬まで、毎週の様に試合が開催されており、お魚さん達へのプレッシャーも日に日に高くなっておりました。

冷たい雨や台風の影響で水温が落ちるのも例年より早く、更には水が落ち着かない状況が長く続いたことでお魚さん達も上手く捕食ができていなかったのではないかと思います。

ですので、タイミング次第では連続バイトとなる時もあれば、バイトも何もなく一日が終わる事もあり、利根川特有の「秋の気まぐれ」状態が長く続いたような気がしています。

そんな中でも活躍してくれたルアーが「ブリッツEX-DR」と「ブリッツマックスDR」です。

DR2

水温や水位が安定しない状況でもお魚さん達が安心して過ごす事の出来る、ブレイクの周辺や沈みテトラ周辺にこのルアー達を通すと、安定してお魚さん達に出会えました。

また、バイトしてくるお魚さん達のサイズも大きく、改めてこのルアー達の良さを再確認できました。

DR

両ルアーの使い分けですが、水深3m位までは「ブリッツEX-DR」を多用し、それより深い所は「ブリッツマックスDR」を選びます。

前回ご紹介した印旛沼での短距離での利用法とは違い、利根川の場合はキャストして長い距離を一定の水深でトレース出来る事が大きなメリットになります。一定の長い距離の水深をトレース出来る事でブレイクに絡んでいる障害物や沈みテトラを探しノックする事が出来るのでバイトチャンスが広がります。

利根川は水位の変動があるものの、このルアー達がトレース出来る水深に色々な変化がありますので本当に楽しめますよ。今年は巻きまくったことで新しい色々な変化を見つける事が出来たので、とても勉強になりました。

DR3

そんな秋の時期に毎年恒例で利根川で開催されている「NAMIKI CUP」に今年も参加してまいりました。

もう10年以上続いているこの大会は、「並木さんが勝つまで続ける」のお題のもと多くの参加者で賑わう一大イベントです。

また、普段ボートでの釣りがなかなかできない方々もノンボーダーとして参加できる数少ない大会です。

普段おかっぱりで釣りを楽しんでいる方々にもボートでの釣りを楽しんでもらえますので、是非機会があれば参加して下さいね。

はじめて会う方とパートナーとなり、協力してリミットを揃えるこの楽しさは僕の年1回の大きな楽しみです(笑)。

今年のパートナーは「釣りウマ中学生の安藤浩輝君」

kouki

バス釣りが大好きな礼儀正しい中学生で、将来はトーナメントで活躍したいと思っている有望株のナイスガイでした。

当日はショートバイトに苦しめられてお魚さんには出会えませんでしたが、二人で色々な話をしながら楽しい時間を過ごす事が出来、本当に楽しい一時でした。

「浩輝君ありがとうね!そして高校生になったらトーナメント頑張ってね!」利根川のおじさんはまた一緒に釣りが出来る事楽しみにしていますよ。

そしていずれはライバルとしてトーナメントで会いましょうね!ではではまた次回!

関連商品