O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >バズベイト&トレーラーワームでグッドサイズを連発!

バズベイト&トレーラーワームでグッドサイズを連発!

2016.07.11
005 梅雨ともあり雨が多い時期ではありますが、ローライトで浮き気味のバスとくれば、やはりバズベイトですよね!

本当にこの時期は02ビートを投げていて純粋に楽しいです。

ただしストレスなく投げ続けられるバズベイトは意外に少くなくその中でも02ビートは特に自分の中でも自信をもってストレスなく投げ続けられるルアーです。

ペラを大きくせずにアピール力を高めるクラッカー。強い衝撃音を発生させつつ飛距離もしっかりでてくれ、地合の短い朝夕もテンポ良く攻めれます!

また地合時以外の日中等は、シェードを狙う事が多いかと思います。

そこでお薦めなのが02ビートストロング!ストロングラバーの効果で、オリジナルよりスローにリトリーブできますので、 シェードの僅かなスペースでバイトさせたい時や、オカッパリなどで立ち位置が制限された釣り等は非常に扱いやすいと思いますよ!

個人的にトレーラーワームを良く使用していますが、使い終わってしまったドライブシャッド3.5を裂けた頭部をカットして使っています。飛距離UPにもなりますし浮き上がりにもさほど影響ありません。リサイクルにもなるのでいいですよ!

20160625_184737 20160625_185548 1465071144846 IMG_1428 そしてハイピッチャーシリーズも相変わらずな使用頻度と相まって、春からいい魚釣れてます!

IMG_1446 ハイピMAX ハイピMAX2 ハイピMAX3 ハイピMAX4 使い分けとして、早春のプリやスポーニングから回復しているいわゆる食い気のある個体にはレギュラーサイズのハイピッチャーMAX。

少し食い気が落ちているタイミングや、プレッシャーのかかりやすいスポット、それほどアピール力 を必要としない小規模なフィールドはハイピッチャーといった使い分けをしてやると、効率良くルアーの良さを活かした釣りができるかと思います。

もちろん使い分けはこれだけに限られたわけではありませんので、それぞれのフィールドで試してみてください!

profile

浦川正則
四国
(旧吉野川水系、 北海道)

旧吉野川水系をメインフィールドとし、オカッパリ、ボートを問わない自由なスタイルで年間約50本の50アップを仕留めるデカバスハンター。四国エリアの名だたるアングラーがその実力を認め、ついた呼び名が「師範代」という浦川。類まれなテクニックでメジャーフィールドを攻略するスーパーマルチアングラー。