O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >霞ヶ浦にて開催されたWBSプロチームトーナメント優勝!秋らしく巻物で攻略!

霞ヶ浦にて開催されたWBSプロチームトーナメント優勝!秋らしく巻物で攻略!

2021.10.26
霞ヶ浦水系の富村です。
2021年10月17日 霞ヶ浦にて開催されたWBSプロチームトーナメントにて優勝できました!


新型コロナウイルスの影響で開催が延期や中止になったWBSのシリーズトーナメントですが、今期最初で最後のスポット試合として先日開催されました。
2週間ほど前から、岸から少し離れた離岸堤でハイピッチャーや、ドライブシャッド3.5″のライトテキサスリグのスイミングを、風や日照の当たり具合で使い分けていくとサイズは選べなかったですが好釣果でした。
その他には、流入河川河口付近のブレイクからフィーディングエリアとなるフラットにある杭や捨て網、倒木などをハイピッチャーやブリッツを当ててリアクション的に使用すると1kgは超えるクラスのバスが時合いで釣れておりました。


試合前日はパートナーの方とそのイメージの確認としてサブになりそうな思いついたエリアを軽く流してみると、行く先々で釣れてしまい、終いには流入河川河口付近、ブリッツにてカバークランキングを試したところ1,500gクラスが釣れてしまい...大切な明日の魚を釣ってしまったな...などと思いつつも少しの手ごたえと、雨と北東強風予報に大きな不安を抱きながら当日を迎えました。

試合当日は小さくても4本は揃えてから、北東強風でも私の小さめのボートで行ける流入絡みの場所にBigを狙いに行こうとパートナーと話合い、北岸にある石積離岸堤を私がブリッツやハイピッチャー、ドライブシャッド3.5″のライトテキサス。パートナーはハイカットなどもおり交ぜて小さいながら何とかキーパーを釣っていきました。




風も強まり雨足も強く、終了時間がだんだん近づいたタイミングで思い切って対岸の流入河川に移動。予想していた通り道路の側溝から落ちてくる濁り水のマッドラインができた状態になっており、迷わずブリッツをカバーに当てる釣りを開始すると1㎏程のバスがヒット!
残り時間最後に別の流入河川に入り私がブリッツ、パートナーがハイピッチャーで同じように流し始めるとパートナーが1,670gのビックフィッシュをフックアップ!!慎重に私がハンドランディングし5本トータル4,440gにて優勝となりました。



今回の試合では巻物の釣りを100%行い、風の当たり具合や障害物の質にあわせてルアーをローテーションさせていきました。 どこのフィールドでも、ある程度似たような部分があると思いますので、秋の釣りの参考にして頂ければと思います。

使用ルアー1:ブリッツ(アメリカンサンフィッシュ など)
使用ルアー2:ドライブシャッド3.5″(シナモン・ブルーフレーク)
使用ルアー3:ハイピッチャー3/8oz(C.B.パールシャッド など)

profile

富村貴明
関東
(霞ヶ浦水系)

霞ヶ浦水系をホームフィールドとしJB霞ヶ浦・NBCチャプター霞ヶ浦をメインに参戦するトーナメンター。95年からの参戦キャリアもさることながら、魅力なのがそのフィッシングスタイル。豊富な経験と知識から、常に霞ヶ浦水系でのストロングパターンの模索を意識し、ここ近年ではバズパターンでJBプロ戦を含め3度優勝を果たす。