O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >この春よく釣れたルアー、これからの季節に有効なルアー

この春よく釣れたルアー、これからの季節に有効なルアー

2015.06.01
春の釣りを振り返りつつ、これからの季節を考えると・・・春はハードルアーから始まりスポーニングのタイミングに移るに従い、ワームの出番も多くなるという、例年通りの展開でした。

早春の頃はハードルアーが主体で、ヴァルナやハイカットDRが非常に良かったです。

特にハイカットDRは、もの凄くいいルアーだと思いましたね。

今でこそ、ちょっと他のルアーを使うことが多くなって出番がやや減りましたが、年間を通して出番があると思います。

SANYO DIGITAL CAMERA SANYO DIGITAL CAMERA
そんな中、「これは!」というのがいくつかあったので紹介します。

一つはドライブクロー3インチ&4インチのリーダレスダウンショット。ジカリグやゼロダンと呼ばれるものですね。

SANYO DIGITAL CAMERA
これは安定して良かったです。とにかく底を感じ、地形変化などを理解できるとバスも釣れて来るという感じです。

また、ノーシンカーなどでノー感じな釣りをするよりも効率が良く、またリアクション的なバイトが出せるので効果的でした。

ちなみに、これは2kg秤振り切りのバスでした。

SANYO DIGITAL CAMERA
あとは定番のドライブスティック4.5インチ、ノーシンカーリグ。

まあ、定番すぎて説明不要ですが、それだけでは不親切なので、普通付けとバックスライドを場所によって使い分けるとさらに効果的です。

SANYO DIGITAL CAMERA
これらの釣りはやはりスポーンがらみの魚になっているのですが、だんだん回復してきてエサを追い回しているバスにはラトリンブリッツがいい感じでしたね。

SANYO DIGITAL CAMERA
単純に存在感がアップして気がつきやすくなるだけでなく、いるけど食わないというバスにスイッチを入れる効果があるので、時と場合によってはすべてのルアーがダメでもこれだけアリということがあります。

ということで、春の釣りをざっくり話しましたが、これから先の梅雨時期はフラットサイドのHPFクランクによるチョンチョン釣りと大バジンやゼロツービートの表層系、さらにドライブシャッド4.5インチがおすすめになります。

そして押さえはドライブスティック4.5インチのノーシンカー、バックスライドリグ。コレです!

まあ、O.S.Pのルアーは本当に良く釣れるので、世界中のバスアングラーにおすすめできますね!

profile

松村寛
関東
(霞ヶ浦水系)

霞ヶ浦をこよなく愛するW.B.S.プロアングラーであり、プロガイドサービス「KFGカスミフィッシングガイド」を営む。2000年W.B.S.第4戦優勝、09年、同スーパー3DAYS 優勝、10年同第4戦優勝など、A.O.Y獲得に向けて実績を積み上げる一方で、バスフィッシングのイメージアップや、フィールド清掃にも尽力する。