O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >新製品HPミノー3.1″のご紹介!

新製品HPミノー3.1″のご紹介!

2017.04.27
IMG_0023

今季は、今年あらたに発売されるHPミノーについてご紹介したいと思います。実は3月に和歌山県の合川ダムで動画撮影を行ったのですが、その時の合川ダムは2月の後半にバスがいったんシャローに上がって釣果が上がったのちに、そこから長い沈黙が続いている印象。実際、多くのアングラーがノーフィッシュか1本という釣果で終えるような状況でした。

そこで活躍してくれた、というか、今回他の新作ルアーもチャンスがあれば撮影するつもりだったのですが、状況的になかなか厳しく、そんななかでHPミノーだけで釣果をあげることができました。

展開としては、各筋上流の岩のえぐれ、岩盤(水深のある)などにいた、決して多くない、魚を、ほぼサイトフィッシングで獲っていったという難しい内容でした。

そこで活躍してくれたのが、かたちはスプリットテール系のHPミノー。 一見何の変哲もないフルーク系のワームのように見えますが、開発のコンセプトは、ノーシンカー(オフセットフック)で引けばi字系に、ダウンショットでシェイクすればボディとテールがタイトにアクションして喰わせの動きをする、いわば喰わせの万能ワームになっています。

見つけたバスを攻略した使い方は主に二つで、一つ目はノーシンカーリグ(オフセットフック)でi字系に引いてきて、バスが追尾してきた喰いそうになったところで鼻先でトゥイッチさせてリアクションバイト。二つ目はショートリーダー・ダウンショット(マスバリ)にして、ミドスト的に、シェイキング。

ノーシンカーに関しては、プラグのi字系と違ってソフトルアーなので、チェイスしてきたのちのリアクションバイトを誘う動き、ダートアクションが秀逸。

ダウンショットのほうは、今回より多くの魚を獲ったのですが、シェイクした際、ミドストのように完全にローリングするのではなく、ヘッド部分が微波動なロールをし、テール部分は縦アクション、とリーチ系に似た喰わせのアクションが効果的でした。

その他にもネコリグやマス針でのノーシンカー、ジグヘッドといった多彩なリグで抜群な食わせ系アクションを見せてくれるHPミノー。

発売は6月の予定なのですが、産卵後のバスにも間違いなく効果的だと思いますので、皆さんお楽しみに。

IMG_0015
1 / 11

profile

山岡計文
関西
(七色ダム、池原ダム)

トップ50をはじめとしたJB・NBCのトーナメントに参戦。2012年JBトップ50第1戦早明浦ダム優勝、JB津風呂湖通算4勝、チャプター奈良通算15勝という戦績を誇る。池原ダム&七色ダムを有する奈良県下北山村出身で在住で、池原&七色ダムでのプロガイドとして活動するほか、2015年より下北山村においてのバスフィッシングを発展させる目標もあり、下北山村村議会議員としても活動を開始。ルアマガモバイル池原ダム担当 ルアーニュース七色ダム担当。