O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >桧原湖で有効なドライブクローラー、ドライブカーリーをご紹介!!

桧原湖で有効なドライブクローラー、ドライブカーリーをご紹介!!

2017.06.23
1

みなさんこんにちは。山形の金沢です!

さて、桧原湖ではスポーニングの時期も終盤になり、アフターの魚が多くなってきたこの頃。

今回は「すっごくエサを食べたいなぁ~、でもまだあんまり動けないなぁ~」といった魚が多いアフター時期の、ボクなりの攻略法をお伝えしたいと思います!

スポーニング直後の魚はすぐにスポーニングエリアから遠くにはいかず、近くで食べられるエサを探して徐久に体力を回復。その後、さまざまなエリアに散っていきます。

アフターの魚が最初にエサを求めて向かう場所のひとつがウィードエリアです。

スポーニングエリアの近くにはウィードが生えていることが多く、そこには捕食しやすいエビなどがいるためです。

そしてこの時期、特に有効になるのがネコリグ。ここで使うワームはドライブクローラー、ドライブカーリーです。

ドライブクローラーは普段なら3.5インチを使うところですが、アフターの魚はとにかくエサを食べたいのでワンサイズ、ツーサイズいつもより大きくしたほうがバイトが増えますよ!

使い方はいったんボトムまで沈め、ウィードに絡めてほぐして長めのステイ! これのくり返しです。簡単ですよね?(笑)

ちなみにドライブカーリーは釣りがはじめてという方におすすめです!

風やボートの動きだけでツインテールがピロピロと動いてバスにアピールし、何もしなくても食ってるなんてことも多々あり、このワーム、どんだけ釣れんの? と思いますね~。

それと、ボクのおすすめのネコリグタックルはブラックレーベル+661MLFBでのベイトネコです! ラインは8lb前後をウィードの濃さでチョイス。あとはどちらのワームも釣れすぎてかなり消費するのでG7のプロテクトチューブを付けることをおすすめします!

それでもなくなってしまったら… 釣り具屋さんで大人買いしてくださいね(笑)

2 3 4
1 / 11

profile

金沢俊佑
東北
(桧原湖)

小学生時代よりバスフィッシングに没頭し、高校生でNBCにエントリー。19歳でJB桧原湖に参戦し、翌2013年には第3戦、第4戦でシリーズ初となる2連勝を達成。スピニングタックルによるフィネスを用いたサイトフィッシングが得意。山形県在住、ホームグラウンドは桧原湖。主な戦績は2014年JB桧原湖第2戦優勝、チャプター山形第1戦、第3戦優勝と、桧原湖で圧倒的な強さを誇る。