O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >早春のバスにHPFクランクが釣れる理由

早春のバスにHPFクランクが釣れる理由

2015.03.26
こんにちは、カスミフィッシングガイドの松村です。春先にHPFが釣れるのはなぜか?について考えました。

(HPFクランクでキャッチしたプリスポーンバス)
SANYO DIGITAL CAMERA

早春のバスにHPFクランクが釣れる理由

この時期特に出番が多くなるのがハードプラグ。巻物を使う時はローライトの方がいいイメージがあるのですが、冬~早春にかけてはこのローライトの状態ではハイカットで釣れることが多く、HPFを使って釣れる時はなぜか?晴れが多い気がします。

これを考えた時に思いついたのが、朝日や夕日などで光が斜めに差し込んでいる時に、このHPFを使うと光の当たり方による明滅が非常に強く、これがリアクション効果となってシャッド系やクランク系との明確な差となっているような気がするのです。

こう考えると当然スピナーベイトもいいのですが、HPFはまとわりつくようなバイトもフッキングに持ち込めるのと、よりユックリ巻けるのが大きなメリットです。

じゃあ、阿修羅やルドラに代表されるミノーのジャーキングもいいんじゃないか?となりますが、はっきり言ってこれもいいです。

しかし、これはワームで言う所のマッチザベイトのイメージで、広範囲を狙うのではなく、場所としてはピンだったり、食っているものがワカサギであるなど、やるべき事が明確な時に出番となります。

そう考えるとHPFはワカサギにリンクしていない場所でも使え、ただ巻きによる水押しと明滅で広範囲にサーチしながら探れる感じがあります。

なんだかんだで早春はHPFが釣れるのは、こういった理由があるからではないかと思います。プリスポーン攻略には無くてはならない頼れるルアーなので、是非使ってみることをおすすめします。
SANYO DIGITAL CAMERA
ガイドも募集しています。KFG霞ヶ浦フィッシングガイド

これからの季節はハードルアー巻きまくりで楽しみたいですね!

profile

松村寛
関東
(霞ヶ浦水系)

霞ヶ浦をこよなく愛するW.B.S.プロアングラーであり、プロガイドサービス「KFGカスミフィッシングガイド」を営む。2000年W.B.S.第4戦優勝、09年、同スーパー3DAYS 優勝、10年同第4戦優勝など、A.O.Y獲得に向けて実績を積み上げる一方で、バスフィッシングのイメージアップや、フィールド清掃にも尽力する。