O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >NBCチャプター愛媛第1戦優勝の原動力はドライブビーバー!!

NBCチャプター愛媛第1戦優勝の原動力はドライブビーバー!!

2019.04.16
四国の坂本です。

桜が一気に開花し桜並木の湖上を下るのもなかなかの絶景でした(^_^)

3/31(日)野村ダムで開催されたチャプター愛媛第1戦において2,591gのスーパーキッカーを含め3本4,563gで優勝した時の詳細です(^_^)





プラクティスの段階からアベレージサイズ(400g前後)はイージーに取れるようにはなりましたが、それ以上(800gから上)のサイズのポジションが日替わり行動で、外せば400g×3=1200g前後という状況でした。

この野村ダムの大まかなウエイトの目安として3本2,500gでお立ち台微妙、2,700g以上でお立ち台の可能性あり、そんなリザーバーです。

よって目標は最低3キロ以上。いかにプリメスを取れるか?が勝負になります。

メインパターンはドライブビーバーでのカバー撃ち。

この時期になると浮いているメスをライトリグで仕留める方法もありますが、私はそれが苦手(笑)私のスタイルからしてウッドチップのカバー撃ちがもっともプリメスに出会える可能性が高い為です。

そして本番当日フライト16番、前日バイトだけ取っていたカバーを回るも先行者だらけ、多くの選手がやはりカバー撃ち。10時までバイトがない状況が続く。

途中、もしや?と言う考えから水深のあるカバーから水深の浅いスポットのフローティングカバーをチェックしてみると待望のバイト!

しかしカバーから出てきた瞬間痛恨のバラシ…推定800g~1キロ。かなり痛い(>_<)

バラシたバスの体色が真っ黒と言う事から「居着いているバス」と確信。あとはそんなスポットをランガン。

そして1,050gゲット!

チャプター愛媛第1戦動画パート1

続いて900g台ゲット!

更に400g台追加、約1時間でリミット達成!

チャプター愛媛第1戦動画パート2

因みにルアーは7g&14gリーダーレスダウンショットにドライブビーバー4″(グリパンチャート)&(テナガ)のローテーション。
ウエイトはカバーの濃さによって使い分けます。

釣り方はこの日、落ちパクではバイトしない為、ウッドチップカバー直下から中層間でロングシェイク、(10秒くらいかな?)ビーバーのくの字になるギュンギュンバサロアクションの特徴を生かしバスに気づかせリアクションで口を使わす感じです。

もう少し細かく言えはシェイク中、違和感を感じる時(おそらくワームのどこかを一瞬咥えたりする)がありますがそれでもシェイクし続けます。違和感を感じてフッキングすると大半がスッポ抜けしてしまい、逆に止めると見切ってしまいます。

シェイクし続け、口で加えて反転した時(グーッと入る)間をおいてしっかりフッキングする方が確率は上がります。

シェイクを長く出来ない、我慢できないって方は回収するのを「+5秒我慢」してみてください(^_^)

これがこの時期のキモです!(^_^)

話しは戻り、帰着まで残り50分になった時「その瞬間」が訪れました。

崩落箇所に大木が数本斜めに刺さったウッドチップカバー誰が見ても絶対撃ちたくなるいかにも居そうなスポット、他の選手も入れ替わり立ち替わり入っていた為、なかなか入れなかったスポット。

そんなプレッシャーがかかっているであろうスポットですが、私の中ではドライブビーバーは「先行者が撃った後でも釣れる」という経験を何度もしているのでお構い無しで撃っていきます。(笑)

そんなスポットを丁寧に撃って行くとやはりバイト!

しかしながらショートバイトなのか口から離してしまいスッポ抜け(>_<)

フッキング時、重みが乗ってなかったのでまだ可能性あり。

確実にフッキングをする為にドライブビーバー4″から3.5″(テナガ)にサイズダウンさせてみる。

そうするとまたバイト!
そして反転したのを確認してしっかりフッキング!
一瞬動かない…木化けしたのか?と思える手応え、水中の木に絡まりながらも出てきたバスは2キロ超え確実のデカバス!!!!!

しかしここからが大変、ボートの下に竹や丸太など数本あり近寄れない(>_<)
ネットでバスの体1/3は届くがあと30cm寄れない為ネットインできない(>_<)

バレんな、バレんな、バレんな
頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む
神様神様神様神様神様神様(笑)

そんな事を連呼しながらようやく何とかネットイン!!!!!
2,591gと言うスーパーキッカーをゲットする事ができました。



チャプター愛媛第1戦動画パート3

リグの結び変えができなくなるほど手が震えてしまって自分で笑っちゃいました(笑)
トーナメントってこの瞬間がたまりませんよね!(笑)

そして帰着。優勝する事ができました。(^_^)



皆様もドライブビーバーでギュンギュンしてみてはいかがでしょうか?ドーンッ!ってくるかもですよ(^_^)

profile

坂本洋司
四国
(旧吉野川水系)

徳島旧吉野川をメインフィールドとし、JBNBCトーナメントに参戦。優勝しか興味がないと言い切り、「3本リミットであっても2本で勝てる魚を狙う」というストロングスタイルが信条の生粋のカバーフィッシャーマン。00年、05年、07年、14年とチャプター徳島年間1位を4度獲得し、さらに06年JBII第3戦優勝、08年JBII四国年間1位、14年JBII四国第3戦優勝という実績を誇る。