O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >霞ケ浦水系のアフタースポーンに効果的なO.S.Pルアーを詳しく解説!!

霞ケ浦水系のアフタースポーンに効果的なO.S.Pルアーを詳しく解説!!

2021.05.18
霞ヶ浦水系、利根川水系プロスタッフの北田です。

今回は最近の霞ヶ浦水系についてレポート致します。

最近の霞ヶ浦はバスのスポーニング行動も少しずつ落ち着いてきてアフタースポーンに移行しつつあり、朝マズメには大きめの個体が浅いレンジで目視できたり、流入河川での釣果も多くなってきております。

そこで私がこの季節多用しているのがHPバグのノーシンカーやHP3Dワッキーなどのフワフワ系。



産卵の終わったバスはまず身近に労力を使わず食べられるコンパクトな物を好む傾向が強く、大きめのルアーだとバイトがあってもフックアップしなかったりするので吸い込み易いルアーをセレクトする事で釣果を伸ばす事が可能になります。

また今季はサイト専用ワームMMZが加わり心強い味方になってくれています。



エリアによってはブルーギルをアフター回復で偏食したり、レンギョやボラの稚魚を偏食したりするなどエリアの性質が強く反映されるバスもいるのでそれらの個体に合わせたルアー選択が釣果を伸ばすコツになるかと思います。


カレン(プロト)でキャッチしたバス。

近年難しくなっている霞ヶ浦ではありますが、状況を的確に捉えてアプローチすれば結果がでるこの時期のバスフィッシングを是非楽しんでみてはいかがでしょうか。

profile

北田朋也
関東
(霞水系、利根川)

2003年NBC陸釣りクラブ利根川戦優勝。2015年チャプター茨城ボート部年間3位。2016年チャプター茨城ボート部年間4位。また釣具店様主催の大会でも数多くの優勝経験を誇る若手トーナメンター。幼い頃より地元の水郷エリアを中心にバスフィッシングを続けており、ロコならではのコアな情報や、霞水系、利根川水系の楽しさを発信!