O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >春のO.S.Pハードルアー

春のO.S.Pハードルアー

2017.04.11
桜も咲きはじめ、いよいよ春本番です♪ SNSなどで全国各地で春の好釣果が見れるようになってきましたね。 霞ヶ浦でもハードルアー使った春の釣りが炸裂してますよ~!

『春はツンデレ』古くから伝わる名言があるように、春の釣りは日替わりです・・・・

『シャロードリーム』を掴むことが出来るか!

『春の洗礼』を味わうことになるか!

画像1

春の釣りで大事な要素と言えば

・風

・濁り

・雨

・ハードボトムシャロー

風下でフィーディングしている個体はビッグフィッシュの確率が凄く高いです。 春は南&北絡みの風が良く吹く季節です。風に強いルドラ、バルナをメインに使いながら、スタックしやすい所はハイピッチャー使って、風下を狙いながらガンガン移動していくのがお勧めです。

画像2

また、風が吹いたり雨が降ることにより、ニゴリが入ることはプラス要素です。よりバスがシャローに上がってきやすくなりますし、ルアーの違和感を消せるので、よりハードルアーの良さを引き出せます。

カラーチョイスは濁りの中でも良く目立つ、ブラック系やチャート系をチョイスすることになりますが、透けてないカラーがお勧めですね。

HPFクランクのような水押しが強く、フラッシングがシッカリとしているルアーは絶大な効果を発揮してくれますよ!

画像3

雨が降っていればより最高です!多少冷たい雨でもプラスの要素に働きます。雨振りの日は必然的にローライトでバスも活発になりますし、シャローにバスがさしやすくなります。

風、濁り、雨の3大要素の状況下で、どんなエリアを狙えば良いのかと言うえば・・・ 岩盤やリップラップなどの、ハードボトムのエリアを狙うこと! ここさえ抑えていれば、ビックバスを釣ることは決して難しくありません。

画像4

ハードボトムで活発にベイトを追っているバスをO.S.Pが誇る春のハードルアーで狙う!

『シャロードリーム』を掴む為にも、ガンガンフィールドに出てハードルアーを投げてくださいね!笑

画像5

【タックルデーター】
『HPFクランク、ハイカット系』
ロッド:STEEZ06”ブリッツ
リール:SLPWORKS SS AIR(シャッドチューン)
ライン:ブレイブZ 10LB

『ルドラ、バルナ、ハイピッチャー』
ロッド:ブラックレーベル+661MRB-G
リール:STEEZ A(6,3:1)
ライン:ブレイブZ 14LB
1 / 11

profile

橋本卓哉
関東
(霞ヶ浦水系)

06年W.B.Sクラシック優勝、07年Basser ALLSTAR CLASSIC での初参加にしての圧倒的勝利と、大舞台で天性の勝負強さを発揮!その後も、09年と10年の2年連続でW.B.S年間優勝を獲得と、霞水系を代表するトップトーナメンター。近年ではアニメオタクプロとしても有名?