O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >フロッグシーズン到来!マットカバー攻略にはスピンテールフロッグが効果的!!

フロッグシーズン到来!マットカバー攻略にはスピンテールフロッグが効果的!!

2019.08.01
水草が伸びてマットカバーも増えてきてフロッグシーズン真っ只中って感じです。

今回はそんなフロッグの中でも『スピンテールフロッグ』じゃなきゃダメなのよ!ってお話しをしたいと思います。

琵琶湖に代表するウィードが表層まで伸びてできるカバー。

そんなカバーを攻略するのに代表的なフロッグですが、ボートの航行や藻狩りの影響などでガッツリとカバーになっていない部分ってありますよね!?

大体の場合、濃いマットカバーをフロッグやワーム等のパンチングなどで狙うと思いますが、そこで出番になるのが『O.S.P スピンテールフロッグ』なんです。

濃いカバーの部分は普通通り、ズルズルとカバーの上を引きますが、カバーから抜けて少し水中が見える所に差し掛かった時がスピンテールフロッグの本領が発揮される場面なんですよ!!



テールに装着されているブレードがしっかりウィードの奥までアピールをしてくれて、ボトム付近に居るバスを表層まで引っ張り上げることができるんです!

ブレードのお陰でフロッグにブレーキが掛かり、マットを抜けてからフロッグが流れてしまうこともありませんし、何よりも風が吹いて表層が波立ってきている時でも、ブレードのフラッシングとブレーキの掛かったドックウォークでバスを誘うことが出来るんですよー。

せっかく風が吹いてバスの活性が上がっても、フロッグが流れてしまったり、アピールがイマイチだとせっかくのナイスタイミングを逃してしまうことになります。

スピンテールフロッグならそんな高活性なバスを楽しく表層で釣ることが出来るんです!



岸のストラクチャー攻略でも同じことが言えます。

風が吹いてバスの活性が上がってる、けど普通のフロッグだと風の当たっている面はフロッグが流れてしまうので、ゆっくりとポーズをとったりすることが出来ませんが、スピンテールフロッグなら風下のバンクフィッシングも完全攻略ですよ!笑

レイダウンの直上でポーズ!ほんの少しだけ動かして、ドックウォークじゃなくブレードのヒラヒラでアピール!

そりゃ食いますわ!笑

ブレードの重みでしっかりとテールが沈んでいるので、フッキングもバッチリと決りますよ!!



PEラインでのドックォークも他のフロッグに比べて遥かに簡単なので、フロッグで釣ったことが無いのとか、動かすの自信ないんだよね~って方には超お勧めのルアーです。



あまりコラムで書かれることのないルアーですが、どこのフィールドでも使えるめっちゃ優秀なルアーです。

皆さんも是非!スピンテールフロッグを使って良いトップウォーターゲームをしてください!

profile

橋本卓哉
関東
(霞ヶ浦水系)

06年W.B.Sクラシック優勝、07年Basser ALLSTAR CLASSICでの初参加にしての圧倒的勝利と、大舞台で天性の勝負強さを発揮!その後も、09年と10年の2年連続でW.B.S年間優勝を獲得し、2018年も年間優勝を勝ち取った霞水系を代表するトップトーナメンター。