O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >トップで楽しむ霞ヶ浦水系オカッパリ

トップで楽しむ霞ヶ浦水系オカッパリ

2018.06.04


皆様こんにちは、O.S.Pスタッフの中林です。

6月に入り、関東地方も梅雨入り間近になりました。

この季節は、幅広いバスフィッシングが楽しめますが、トップウォーターだけで1日オカッパリを楽しんできました。

トップウォーターの釣りは、釣果が天候に大きく関係してきます。

曇りや雨のような天気がベストですが、釣行当日は晴れで、午後から風が強くなる天候でした。

そのため、1日の時間帯や状況に合わせたトップウォーターフィッシングを楽しんできました。

朝の時間帯は、ベイトの多い浅場をバジンクランクシリーズで広く探り、日中は影や流れを意識して、ポッパーのラウダー50、根掛かりが多い場所ではドライブシャッド3.5インチノーシンカーの水面表層引き等で楽しむことができました。

午後は風が強くなり、流入河川の上流部で、ベントミノー86FでサイズUPです。

ベントミノーは広い範囲をサーチするときや、ボイル時の釣り、ピンポイントでの釣り、そしてサイトフィッシングにおいても、最高の演出をしてくれます。

最後にオーバーリアル63ウェイクで追加して終了です。

皆さんもぜひO.S.Pトップウォータールアーたちで、バスフィッシングを楽しんでください。

トップと言いながらも、霞ヶ浦水系の岸辺には、テナガエビを多く見かけるようになりました。また、護岸際等には小さなエビやゴリ系のベイトも多くなる季節です。そちらも楽しみです!

profile

中林正臣
関東
(霞水系)

霞ヶ浦水系のおかっぱりをメインとし、野池でも活躍。バスフィッシングにかける情熱と探究心が強く、日々フィールドにて魚を追い求めているアングラー。特に「シャロー攻略」に突出しており、釣る為のテクニック、特にスピニングタックルによるフィネスな釣りでは安定した釣果を出している。