O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >エビパターン攻略に欠かすことのできないラウダーシリーズ!!

エビパターン攻略に欠かすことのできないラウダーシリーズ!!

2019.07.22
皆様こんにちは、O.S.Pスタッフの中林です。

今回は梅雨冷えの7月中旬、霞ヶ浦水系のオカッパリに行ってきました。

今時期好調な霞ヶ浦本湖でのテナガエビパターンを楽しむ予定でしたが、着いてみると朝から風が強く、霞ヶ浦本湖では釣りがしにくい為(かなり風が強く危険)、流入河川を何ヵ所か釣りました。

流入河川の岸際に小さなエビがたくさんいるのを確認し、そのエビが数匹で固まり水面近くをフワフワと漂っていました。

こんな時には、ラウダーシリーズの出番です。



ラウダー50のテナガVer2で、ナイスバスをキャッチできました。

ラウダーが有効な理由として、プロダクティブゾーンの狭いピンスポットの移動距離を抑えたアクション!

そして、飛びに悪影響を与えない最大量のフェザー&ティンセルが小さなエビの群れに見えるのです。
立ち気味の浮き姿勢によるリアフックのフェザーが水中に少し入っていることが、このエビパターンのキモです。

使い方は、岸際にキャストして数秒ポーズしたら「ポコッ」とポップ音と飛沫&スプラッシュでアピールしてポーズを数回繰り返し、岸際から1mぐらいまで誘って回収です。

そしておしゃれなカラー(ライムパイロット)でもナイスバスをキャッチできました。


profile

中林正臣
関東
(霞水系)

霞ヶ浦水系のおかっぱりをメインとし、野池でも活躍。バスフィッシングにかける情熱と探究心が強く、日々フィールドにて魚を追い求めているアングラー。特に「シャロー攻略」に突出しており、釣る為のテクニック、特にスピニングタックルによるフィネスな釣りでは安定した釣果を出している。