O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

春のO.S.Pハードルアー

2017.04.11
桜も咲きはじめ、いよいよ春本番です♪ SNSなどで全国各地で春の好釣果が見れるようになってきましたね。 霞ヶ浦でもハードルアー使った春の釣りが炸裂してますよ~!

『春はツンデレ』古くから伝わる名言があるように、春の釣りは日替わりです・・・・

『シャロードリーム』を掴むことが出来るか!

『春の洗礼』を味わうことになるか!

画像1

春の釣りで大事な要素と言えば

・風

・濁り

・雨

・ハードボトムシャロー

風下でフィーディングしている個体はビッグフィッシュの確率が凄く高いです。 春は南&北絡みの風が良く吹く季節です。風に強いルドラ、バルナをメインに使いながら、スタックしやすい所はハイピッチャー使って、風下を狙いながらガンガン移動していくのがお勧めです。

画像2

また、風が吹いたり雨が降ることにより、ニゴリが入ることはプラス要素です。よりバスがシャローに上がってきやすくなりますし、ルアーの違和感を消せるので、よりハードルアーの良さを引き出せます。

カラーチョイスは濁りの中でも良く目立つ、ブラック系やチャート系をチョイスすることになりますが、透けてないカラーがお勧めですね。

HPFクランクのような水押しが強く、フラッシングがシッカリとしているルアーは絶大な効果を発揮してくれますよ!

画像3

雨が降っていればより最高です!多少冷たい雨でもプラスの要素に働きます。雨振りの日は必然的にローライトでバスも活発になりますし、シャローにバスがさしやすくなります。

風、濁り、雨の3大要素の状況下で、どんなエリアを狙えば良いのかと言うえば・・・ 岩盤やリップラップなどの、ハードボトムのエリアを狙うこと! ここさえ抑えていれば、ビックバスを釣ることは決して難しくありません。

画像4

ハードボトムで活発にベイトを追っているバスをO.S.Pが誇る春のハードルアーで狙う!

『シャロードリーム』を掴む為にも、ガンガンフィールドに出てハードルアーを投げてくださいね!笑

画像5

【タックルデーター】
『HPFクランク、ハイカット系』
ロッド:STEEZ06”ブリッツ
リール:SLPWORKS SS AIR(シャッドチューン)
ライン:ブレイブZ 10LB

『ルドラ、バルナ、ハイピッチャー』
ロッド:ブラックレーベル+661MRB-G
リール:STEEZ A(6,3:1)
ライン:ブレイブZ 14LB

秋のハイピッチャー祭り開催っ!

2016.10.07
今年は例年より遅れ気味なのかな

でもでも、やっぱりやってくる!秋のハイピッチャー祭り♪

今年は数だけでなく、サイズがヤバイよ!


俺の場合「ハイピッチャー」は1年を通して使うルアーなのですが、中でも良い時期は春と秋!

春はねルドラパターンがあるから、それほどアピールしてないけど、やっぱ凄いんだぜ(春までお預けw)

でもって、秋のハイピッチャーって言うと「数釣り」ってイメージがあるんだけど

秋もね、しっかりとした使い方をすれば、春以上のビッグワンが釣れるんですよ!

s1

この魚だぜ!ヤバくない!?

秋の荒食いなのか、時季外れのご懐妊なのかw

見てよこのお腹!(最近俺のお腹もヤバイ(-_-;)

s2

この魚はドンヨリ曇りの、いかにもスピナベ日和だったのですが

暑いピーカン無風の日だってハイッピッチャーは釣れるんですよ^^

少しバイトがシビアになるけど、タックルバランスをしっかりと決めとけば大丈夫!

自分からレスポンス良く合わせないのも重要なコツだよ

s3

秋の大きな魚は、岬まわりや杭、桟橋みたいなところに魚が浮いてつくからあんましボトムをトレースしないこと!

トレーラーフックは必ず装着してプラプラにさせとくことね!

リトリーブスピードは速くもなく遅くもなく「中」でw

遅いよりかは、若干速めの方がいいかな~

s4

数釣りしたいなら、リップラップ!

ビックワン狙うなら、沖の杭とか縦ストまわり

タックルバランスを決めて、秋のハイピッチャー祭りを楽しみましょう♪

s5

【タックルセット】

BLACK LABEL+ 661MRB-G
SS SLPWORKS + 1012SVスプール
モンスターブレイブ 14lb.
ハイピッチャー3/8(スパークチャートホワイト)
ハイピッチャーMAX1/2

6月の霞水系でも威力を発揮するJIG04シンクロのハウツーをご紹介!

2016.06.08
いよいよ梅雨入りですねー!

雨がザンザン降ったりだと思ったら、急に夏日のようになったりと曇りや雨ならNEWなラウダーやゼロツービートなどの水面系が釣れるんですが、ピカーンと晴れちゃうとね、意外とバスを狙うのに絞りづらかったりします。

そんな時は・・・・・シンクロ!チャチャチャ♪ シンクロ!チャチャチャ♪


6月の霞ヶ浦水系はピカーンと晴れちゃうと、あれっ!?釣れないな・・・なんて日があったりします。

そんな時に狙うべきは『ちょっとしたシェード』や『大きな縦ストラクチャー』です。

桟橋や護岸などがそんな感じですかね。

流入河川のアシなどが良くなってくるのもこの季節です。

使うルアーはコチラ! シンクロ!チャチャチャ♪ シンクロ!チャチャチャ♪ (気に入りましたw)

使い方はいたって簡単!狙うべきストラクチャーにタイトに落とすだけ。

s_SS1

ドドーーンとこんなバスが釣れちゃうんですよっ!

この魚は、雨晴れ日の晴れのタイミングで杭のシェードでした。

「コツッ」と小さなバイトでしたねー

ルアーはスモールでもバスはビッグなのを釣れてきてくれますw

s_SS2

俺の場合は基本2.4g(エコモデル2.7g)を使います。

風が強かったり、深くて手返しが悪いようなら秋めいてきたら横方向にスイミングさせたりもしますが、この季節はフォールさせてちょいステイです。

シェードやストラクチャーにタイトに落とす。これは大事ですよ。

s_SS3

正直、ライトウエイトなリグはあまり得意ではないのですが、シンクロはある程度ウエイトを重くしてもフォールスピードは抑えられます。

水の抵抗もほど良くあるので、ルアーの操作感もしっかりと伝わってきますね。

スナッグレス効果が高いのも、色んなタイプのストラクチャーに使えて良いですわ!

凄く使いやすいんですよ^^

カラーラインナップやトーナメント対応のエコモデルも充実!

img_products_main_synchro

s_SS4

ロッド:STEEZ 681MLMFB-SV 【スカイレイ パワープラス】
リール:SS-AIR
ライン:STEEZフロロ 8lb
ルアー:JIG04シンクロ 2.4g(Gシャイナー)

春爆を掴む!

2016.03.22
例年にないような暖冬。
今年の春バスはどんな動きをするのだろう。
水温だけを見ても日によって二ケタの日もあったりして・・・
期待と不安で胸いっぱいのシーズンインですよ~!

1月~2月、各地のフィールドから聞こえてくる好釣果

暖冬のお蔭で水温が高く安定しており、例年と比べるとバスの活性もかなり高い状態のようでした。

越冬時期である1,2月でこれだけ水温が高いと3月は一体どうなるのだろう・・・・

春定番のタックルを整え、いざ!出陣ですw

S1s マイブームなセクシーシャッド軍団

3月に入るとしっかりと花粉も飛び始め、まずは例年通りw

越冬からの体力回復の捕食、いわゆる春爆は!?

北風、南風と曇り、雨と天候のタイミングが大きく釣果に影響する春ですが、状況に合わせながら風裏でマタリとしているバスや風下で春爆モードに入っているバスを狙っていきます。

S2s 暖冬と言え、朝夕は十分寒いです(-_-;)

風裏の葦まわりやテトラ帯、ドック周りなどを『HPF SPEC2』を使って狙っていきます。

基本はストラクチャー周りを狙うので、バイトゾーンをしっかりと見極め、ゆっくりとただ巻きします。

水深があるようなエリアでは『ハイカット DR』を使うのが良いでしょう!

決して高活性の状態ではないので、抑え込むようなバイト多く、ロッド選択が重要になってきます。柔らかめのロッドを使って、しっかりとバイトをのせていきましょう!

S3s もうかなりのバスがシャローに上がってます。

風下で積極的にベイトを追っている、いわゆる春爆バスを狙います!

風に負けず飛んでいくルアー『ルドラ』や『ヴァルナ』、バイブレーションがメインとなります。

風下ですので波も立ってます。水の動きでルアーが動かなくなるようではNG!

追い波の中でもしっかりとただ巻きで泳いでくれる『ルドラ』、これがキモなんですよ。そんなに風が強くなければ、ヴァルナでシッカリと食わせるのが良いかと思います^^

S4s ベイトとなるシラウオやワカサギはかなり意識しましょう!

1日1日、水温や日照が春になるにつれバス達はガンガンとシャローに上がってきます♪

このシーズンはとにかくフィールドに出た者勝です!

「春爆は向こうから来るのではないw 自分から掴むものだ!」と、ピーヤプロが言ってましたw

S5s 春のブタバス!たまんないね~!

霞ヶ浦の春爆フィッシュ

3月末発売の『ロッド&リール 5月号』にて特集です!是非見てくださいm(__)m

【タックルデータ】

『ルドラ』

ロッド:ブラックレーベルプラス 610MHFB-G
リール:ジリオンSV6.3(SLPハイグリップノブ)
ライン:モンスターブレイブ14lb.
『HPF&ハイカットDR』

ロッド:STEEZ16′ ブリッツ
リール:アルファスAIR5.8(SLPハイグリップノブ)
ライン:モンスターブレイブ10lb.

シャッドシーズンですが、ハイカットDRが活躍してくれています!!

2015.12.21
12月のはずなのに、暖かい日が続きますが・・・。いよいよシャッドシーズンに突入しました!

貴重な1匹を手にした感動は、この季節にしか味わえません。ハイカットでしかとれない魚、ハイカットDRだからこそとれた魚。感動の一匹を、ハイカットDRを使って狙って行きましょう!

12月に入り一気に気温も・・・・・ あまり下がりませんねw

ままま

とは言うものの、日照時間はかなり短くなってますし、水温も一桁台に突入。

いよいよ厳しくて楽しいシーズンがやってきました♪

1

12月からの定番ルアーと言えば、そうです「ハイカット」です!

今回のコラムは、今春デビューした「ハイカットDR」について話したい思います。

オリジナルハイカットの性能は言までもありませんが、使い込むにしたがって、その完成度の高さがわかります。

まずは、マグネット式重心移動を採用したズバ抜けた遠投性能!

DRのMAX水深まで潜らせる為に必要な飛距離も、楽々飛ばすことができます^^

時期的にも強い季節風が吹きます、風上に向かってのキャストもストレスなくできますよ。

2 「食わす為のステイ姿勢」
小型シャッドにとってもっと重要な点出とも言えるステイ時の姿勢。

平行に近いステイ姿勢が、食い気のないバスも反応させてしまうのです。

姿勢に合わせて重要なカラーリングも、OSPの得意とするところです。まったく抜かりがありませんよ。

他の小型シャッドではまったくバイトが出なかったエリアでも、DRを使えばかろうじて乗らないバイトや違和感が増えます!

ですから、いままでは取れなかった「かろうじてフックアップの魚」が取れるようになりますよw

3

「霞水系での使い方」
DRの最大水深まで潜らせる必要の無いエリアでは、ベイトタックルを使うことをお勧めします♪

越冬する為に潜んでいるテトラ帯や、暖かくなったタイミングでフィーディングに入るリップラップなどなど、ここぞ!というピンスポットが絞りにくエリア多い霞水系。

どちらかと言えば手返し重視のシャッドプラッキングがメインになります。

手返しを需要とするシャッドプラッキングでは、ベイトタックルを使えば圧倒的にキャスト回数が増えます。

太目のラインが使えることも、根が掛かるような越冬場を狙いやすくさせてくれますよね。

ベイトタックルを使って、キャスト回数を増やし、タイトにストラクチャーを狙って行きましょう!

4

ロッド:STEEZ ライトニング2
リール:SLPWORKSSHADTUNET3AIR
ライン:モンスターブレイブ10LB
DRの好きな色 : シャンパンゴールドブラック

(写真:Basser紙取材でのナイスフィッシュ)
5

妥協なく作りこまれた「ハイカットDR」に死角無しです!

今年はまだ暖かいからバイトチャンスも多いので、ハイカットDR使って貴重な冬バス釣ってください^^

手返しの秋、ジグ03ハンツのフォール&スイミング!!

2015.09.04
秋と言えば『巻き』でございますが、手返し良く釣りながらも大事なポイントではしっかりと狙いたいですよね!?

そんな時こそ『ゼロスリージグハンツ』スイミング、フォールもステイもこなす、オールマイティージグ『ハンツ』の出番です^^

霞水系の秋と言えば、ハイピッチャーやブリッツなどの巻きのパターンですね!

シャローからミドルと広くバスが散っている状態ながらも、食い気バリバリの高活性。

バスの足が速く、連発したかと思えば、パタリと釣れなくなったりもしますw

上手くバスがコンタクするポイントをローテーション出来れば、数&サイズ共に狙える季節でもあります。

1

横への反応がすこぶる良くなる季節でもありますから、ハードルアーをメインに狙うことが多いですが捕食対象となるベイトが良く回ってくるようなポイント、例えば橋脚とか沖のストラクチャーなんかは、ジックリと回ってくるのを狙いたいところ^^

そんな場所こそ『ハンツ』の出番でござますw

・スイミングさせながら横の動きで誘う。
・軽いウエイトでジックリとフォールで誘う
・重いウエイトでストンとリアクションを狙う
・ズル引きやステイでストラクチャーをタイトに攻める

2 レパートリー豊富なハンツを使いこなせば、今までハードルアーリズムになって取りこぼしてビッグバスも、獲ることが出来るのです。

4

3ok 3,5g〜21gとライトからヘビーまで豊富なウエイト。ファインラバー&シリコンラバーとスカートの選択肢もあり、ウエイトとの組み合わせは無限大w

トーナメントシーンにも対応するECOモデルもありありますから、使う場面を選びません!

特にお勧めは9gハンツかな!良く飛ぶ、手返しも良い、シャローからミドルまで探れて、すこぶるオールマイティーw

ハンツを上手に使いこなして、ハードルアーで取りこぼしたビッグバスを仕留めてくださいね♪

①ハンツ3.5g〜5g
ロッド:STEEZウエアーウルフ661MFB
リール:SS-AIR
ライン:フィネスブレイブ10lb.

②ハンツ7g〜11g
ロッド:STEEZブラックジャック681MMHFB
リール:アルファスSV
ライン:モンスターブレイブ12lb.

③ハンツ11g〜14g
ロッド:STEEZフランカー701MHFB
リール:スティーズSV
ライン:モンスターブレイブ14lb.

先日8/23に開催されたW.B.S.第4戦で3位入賞しました。夏?秋?的な状況での試合、プラではなかなかの好感触。しかし試合は強烈な爆風・・・・予定してたプランは完全崩壊するも、ハイピッチャーやブリッツを駆使して上手く霞水系を攻略できました!

2015.08.25
8/23(日)北浦・霞ヶ浦水系で開催されましたW.B.S.第4戦
数日前からプラに入り、夏に良いであろうと思われる場所をチェックしていきました。

猛暑が続いた一時期は、水温が33度と異常な状態・・・・もう水の中も外も変わらないじゃん!w

猛暑ピークは朝夕マズメがハッキリとしており、日中は流石にキツかったですね^^;

風の吹いたタイミングとかで上手く、ウインディサイドを攻略すると、爆釣チャンスもありました!

1 さて、暑さも一休み的な感じになり、少し秋の気配も感じられる?ような季節の変わり目的なタイミングだったので、プラでは夏のエリアを中心に回りつつも、秋を意識した感じでハードルアーを多く使いました。

ハイピッチャー、ブリッツ、MR、EXDR、ゼロツービートとシュチュエーションに合わせてチョイス。上記のハードルアー群は全てが好反応でしたね!

試合当日は朝から爆風の大荒れ・・・・

5 2

メインプランで考えていた、岩盤&浚渫エリアでのブリッツクランキングも、後ろ髪を引かれながらも諦め(-_-;)

経験と思い付きでエリアを見つけていく、行き当たりバッタリ作戦に変更を余儀なくされました。

シャローでのハイピッチャーの反応が良いのは分かってましたので、スピーディーにエリアをチェック。

全体的な水温は28度位、もう秋っぽくなってますねーw

サイズはちょっと小ぶりですが、ポロポロと釣れてくれます!

強烈な爆風だったのですが、ハードルアー中心での攻略は展開をかなり楽にしてくれました。

4

最終的にはブリッツで入れ替えもこなし3位入賞!

「タフな時こそハードルアー」

得意なハードルアーを持つことは、タフな状況を打破してくれます!

これから秋です、ハードルアー術を習得するには最高の季節ですw

OSPのハードルアーを巻きまくって、得意なルアーを掴んでくださいね^^

①ハイピッチャー&ゼロツービート&ブリッツEX-DR
ロッド:ブラックレーベル+661MRB-G
リール:STEEZSV
ライン:モンスターブレイブ14Lb

②ブリッツ&MR
ロッド:STEEZブリッツパワープラス
リール:アルファスSV105L
ライン:モンスターブレイブ12Lb

この時期ズバリなルアーと言えば・・・・OSPの定番バズベイト『02ビート』でしょ!?

2015.07.24
7月初旬は雨が多かったですねー

ジメジメとした日々が続きましたが、いよいよ梅雨もあけ、暑い暑い夏がやってきました!

この時期ズバリなルアーと言えば・・・・OSPの定番バズベイト『02ビート』でしょ!?

ということで、今回はその『02ビート』のチューニングVer『02ビートストロング』の紹介をさせていただきます。

オリジナルの02ビートはリアクションバズベイトとしては最高の逸品と惚れ込んで使っていました。

02ビートの最大の売りであるクラッカー&プロップ、音量だけでなく、あの「カンカンカンカン」とした甲高い音が凄く効果的なんだと思います。

護岸やハードマテリアルのストラクチャーが多い霞水系では、ビートが響く02ビートはもはや定番バズベイト化してます!

その02ビートに『O.S.PWORKSセカンダリー』の拘りチューニングが施された『O.S.P BUZZ ZEROTWO “BEAT” STRONG』です。

HPFスペック2やダイバジンヘビーヒッターなどなど、数々のヒットルアーを生み出してきている『O.S.PWORKSセカンダリー』は、釣果に影響するのであれば、オリジナルの性能を犠牲にする部分があっても、特化した条件下でスペシャルな性能を発揮する!そんなブランドです。

2

今回02ビートに施したチューニングは・・・ゼロワンジグストロングで採用されている『極太リビングスカート』。

シルエット的には大きくなりますがアピール力は絶大ながら、ラウンド形状ならでは艶めかしい動きをします!

02ビートの強烈サウンド+ゼロワンジグストロングのスイミングアクション02ビートと01ジグストロングの相乗効果まさに超攻撃的バズベイト!

ここ1発でのパンチ力はハンパありませんw

3

黒系がメインの3色カラー展開というのも、セカンダリーの拘りを感じます^^

マズメ時の一発勝負、俺だったら絶対に『O.S.PBUZZZEROTWO“BEAT”STRONG』を使いますね!

【タックル】
ロッド:ブラックレーベル+661MRB-G
リール:STEEZ103HL
ライン:モンスターブレイブ14LB

北浦で噂になっている「ルドラパターン」で超春爆を味わってきました!

2015.04.15
こんにちは、橋本です。

春と言えば花粉・・・・じゃなくてw 

春爆!

長い冬も終わり、いよいよ霞ヶ浦にも春が来ました!

噂に聞く、北浦で春爆を超えた、超春爆を味わってきました♪

春は巻け巻けという標語がありますが、私のタックルも見てください!

春に効きそうなルアー達がしっかり並んでますよねーw

S1
ハイカット、ハイカットDR、ハイピッチャーMAXに、HPFクランク、そして『ルドラ130』です

北浦の春のド定番ルアーとなった『ルドラ130』ですが、正直なところ使い込んだことがなかったのです・・・

しかしながら、北浦での爆発的な釣果を見ていると、もはやスルーはできませぬ(-_-;)

そこで!春のガイドタイミングでしっかりと投げ込んで来ましたよ~!

S2_edited-2
ルドラパターン、ヤバすぎです!ww

なんだよっ!この魚・・・・

しかもタダ巻きオンリーで5連発(10投くらい)とか、通常モードではありえない釣果。

ガッツリ食いにきている魚なので、フッキングも絡まるようにバッチシです!

定番エリアでの釣果なのですが、風やタイミングが重要ですねー

S3
エリアセレクトはそんなに難しくなく、基本はシャロー岩盤、そして風が当たっていること。

自分で動いてタイミングをハメていくか!

回遊が回ってきたり、スイッチが入るのを待つか!

動くか、留まるかは貴方の判断次第ww

ただ、本当に連発ヒットするので1匹釣れたら、釣れるアクションや巻き感じを早め掴むことが重要です!

S4
スイッチが入った魚は、ルアーをそれほど選ばないのですが

何故!ルドラなのか・・・・

①春に効くルアー 『ミノー』
②ジャークでも、タダ巻きでしっかりと泳ぐこと
③マッチザベイトなセレクトカラー
④基本、風下で陸から沖に投げる釣りなので、風の抵抗に負けずに良く飛ぶこと

だから!『ルドラ』になるワケです♪

S5
タックルも重要です!

ロッド①:ブラックレーベル+ 661MRB-G(タダ巻きメイン)
ロッド②:STEEZ スペクター(ジャークメイン)
リール:STEEZ 103HL(リールは共通)
ライン:モンスターブレイブ 14LB(ラインは共通)

なにげにハイピッチャーと同じシステムだったりしてw

極寒の千葉リザーバーをオーバーライドで攻略してきました

2015.01.13
2015年正月、朝の気温は-3度、極寒の厳しい状況でしたが初バスGETをかけて、極寒の千葉リザーバーをオーバーライドで攻略してきました! 皆様、明けましておめでとうございます!本年も宜しくお願い致しますm(__)m

毎年恒例になっております、千葉リザーバーへの正月初バス釣り!

いつも1匹釣れるか釣れないかw

厳しい時期なので、当然デコる確率は相当高いです^^;

1

寒すぎてふて腐れてますw

当日朝の気温は氷点下・・・・ 吐く息も真っ白どころか、煙のようです。

まずは水深8m~10m位のディープエリアをチェック。

魚探で見てもバスやベイトフィッシュの気配が無く、まったく反応ありません。

ディープエリアは見切りシャローをチェックするも、厳しい時間が続きます。

午後になって水温が上がり出したタイミングで、再度ディープエリアをチェックすると・・・・

2

やりました!オーバーライドで釣れましたよー!

丸々と太った素晴らしいバスです♪

10m近いディープのフラットエリア。

魚探にもうっすらとバスやベイトフィッシュの気配があり、そのスポットを中心にオーバーライドでジックリと攻めました。

強くシャックったり、小刻みに跳ねさせたりと、色々な使い方を試してみました!

しっかりと手元までバブレーションが伝わり、オーバーライドが良く動いているのを感じられます。

魚探に反応が出る場所を丁寧に探るイメージで、ちょいキャストして、ゆっくりとリフト&フォールさせました。

バイトが、『んっ!?』というような感じで、バスか木クズかわかりませんでしたがw

広大なデイープエリアをチェックするのは、ダウンショットやネコリグではあまり効率がよくありません。

また寒くて耐えられないのも問題ですw

オーバーライドならウエイトもあり、ディープエリアもしっかりと探れます。

もちろん意図せずリアクションバイトを狙えます!

動きが明確でキレがあり、自分がどんな誘い方をしているのを把握できるので、めちゃ使いやすいです^^

自分のイメージした誘い方で、広く探るも良し!ピンポイントをジックリ攻めるのも良いでしょう!

3

4

1月、2月と非常に厳しいですが、手にした1匹に感動できるシーズンです。

是非、オーバーライドを持って、凍えながら釣りしましょう!w

【タックル】 ・オーバーライド 3/8オンス (シルバーミラーシャッド)

・ロッド:STEEZ マシンガンキャスト タイプⅠ

・リール:STEEZ LIMITED 105XHL 8.1(ハイギヤが良いです)

・ライン:モンスターブレイブ12LB

この時期鉄板のルアーはハイカットやオーバライドなどのシャッド&メタル系のルアーですが・・・・

2014.12.11
今年は暖かいなぁ~、なんて思ってましたが、ここんとこ急に寒くなってきましたね!

もう12月で、ハイカットやオーバライドなどのシャッド&メタル系のルアーが活躍するシーズンになりました。

ですが、冬定番のルアー以外でも冬に効くルアーって結構あるんですよー

と言うことで今回は『タイニーブリッツ』でお話したいと思います^^

ベイトタックルでのシャッドプラッキング、冬のフェイバリットタックルです!

ベイトフィネス機の登場で軽量ルアーがストレスなくキャスティング出来るようになりました。

スピニングタックル以上のパフォーマンスを発揮するようになった近年、軽量プラグの使い方も変わってきました!

SLPWORKSがリリースするAIR系カスタムのシャッドチューンは必須ですよー^^

1

軽量小型プラグをベイトタックルで使用するメリットは多く・・・
・アキュラシー(キャスト精度)
・手返しの良さ
・太目のラインの使用(10Lb程度)
・太目ライン使用時の遠投性
・ベイトタックルならではの優れた操作性

一番大きな影響を受けたのはハイカットではありますが、タイニーブリッツもその一つです!

画像は秋時期に撮影したものです。

OKOK

ハイカットでは攻めきれない、シャローレンジの攻略!

シャローのストラクチャー攻略、ここがキーになってきます。

シャッドプラグには無いクランクベイトならではの障害物回避能力。

上下動(浮き沈み)のレスポンスの良いタイニーブリッツですから、カバー回りを浮かせてかわす!
ストラクチャー攻略においては更に大きな武器になります。

3

シャローのストラクチャーに居るバスですから、ミドル、ディープにいる個体よりもやる気があります!

食い気のあるバスに対しては弱すぎるシャッドプラグの波動も、タイニーブリッツならでは『弱すぎず強すぎない波動!』これが効いてくるのです。

ズバリ”差”として体感できるでしょう。

朝イチから使うのではなく、水温が上昇した午後や夕マズメ等、シーンを選んで使った方が良いですね。

シャッドとの使い分けのタイミングを掴めば、必ず良い釣りが出来るはずですよ!

更に、タイニーブリッツRMに待望のNEWCOLORが追加になりました!12月下旬に出荷予定です。

NEWcolor

新色は『K.O.ダズラーチャート』『アイスギル』『セクシーシャッドVer2』。

特にお勧めは『セクシーシャッドVer2』ですw

マジで釣れるカラーなんで、是非試してみてくださいm(__)m

■タイニーブリッツSR
ロッド:STEEZライトニングⅡ
■タイニーブリッツMR
ロッド:STEEZブリッツ
SR,MR共にリールはT3AIR(SLPSHADTUNE)
ラインはモンスターブレイブ10lb.

秋の霞ヶ浦トーナメント、ウィニングルアーはハイピッチャー!

2014.09.23
こんにちは、橋本です。 先日行われた、WBSの最終戦にてぶっちぎり優勝しました!

メインで使ったのはハイピッチャー3/8ヴィヴィッドパールホワイトDWとTW。

ウェイイン率90%霞ヶ浦での秋の最強ルアーです!

なんと今大会でウエインしたバス10匹の内、ハイピッチャーで釣ったバスは9匹!(残りの1匹はタイニーブリッツSR)

タフなフィールドコンディションでしたが「天気は夏、水の中は秋」を読み切り、ハイピッチャーでハメました。

1

狙う場所は主にシャローストラクチャー。

リップラップでも、杭でもジャカゴでも、エビさえ居ればOKです。

「秋は横引き」心に刻み巻くだけですw

風を読んで風下を狙うのも大事ですね♪

2

何故にハイピッチャーなのか!?

・キャスティング性能が他のスピナーベイトよりズバ抜けている。
・スリ抜けが良い!アシストフックを装着してもスリ抜けが良いので、フッキング性&ランディング率が格段に良い。
・ワイヤーに適度な硬さがあり、リトリーブ感が安定している。障害物にコンタクトさせてもバランスを崩しすぎず、バイブレーションにもムラがない。
3

今回はDWとTWのブレードを使いわけました。

メインはDW3/8を使い、極々浅いレンジを引くときは、若干泳ぐ層の浅いTWを使いました。

巻くリズムやロッドワークは変えたくなかったので、ブレードでの浮力の違いを使い分けをしてました。

モチロン、タックルも超重要で
・硬いグラスコンポジッドロッド(DAIWA製プロト)
・フロロカーボンライン(モンスターブレイブ14LB)
・STEEZSV6.3(SLPハイグリップノブ装着)
どれが欠けてもダメなんです!!

なんとバラしは無し、全てパーフェクトで獲りました。

4

スピナーベイトに最も必要である
・キャスティング性
・スナッグレス性
・安定性
と全てのバランスが取れたハイピッチャー。

間違いなく、秋の霞水系最強ルアーです!

・・・・・・・・・ 琵琶湖のOSPプロスタッフ三村さんに続き、関東の『ハイピッチャー馬鹿一代』に就任させてもらおうかしらw

ハイピッチャーはスモールマウスにも効く!!

2014.07.29
先日、スピナーベイト用ロッドの開発のため、桧原湖に行ってきました。ハイピッチャーをほぼ1日中キャストしてきたのですが、今回はそのテストの中でやり通したことで見つけた、桧原湖でのハイピッチャーの威力をお伝えしたいと思います。

フィールドやシュチュエーションを選ばない『ハイピッチャー』の万能性。
『ハイピッチャー』はスモールマウスバスの聖地、桧原湖でもその性能をいかんなく発揮してくれました!

ドラクロ2in等、ライトリグのイメージが強い桧原湖ですが、状況に応じてハイピッチャーを使って強い釣りを展開すれば、ライトリグでは釣りきれないビッグバスを釣ることができるんです!


(写真上:霞ヶ浦に負けないくらいのラージがバイトしてきます。写真下:50cm近いラージも釣れますよ!!)

桧原湖にはグラスエリアや立ち木、そして何より、ターゲットがスモールマウスバスと、カスミ水系にはないシュチュエーションが多々あります。

水の動きが鈍いエリアではラージマウスバスが多く生息していますので、それを狙うパターンも存在します。

そんな数多くのシュチュエーションがある桧原湖で使うのは……

『ハイピッチャー1/2oz DW ヴィヴィッドパールホワイト』

バンク沿いのブッシュやレイダウンと、ラージマウスバスが好きそうなストラクチャーにタイトにハイピッチャーをキャストしていきます。

バンク沿いやシャローエリアを流すには、1/2ozは少々重たく感じますが、急深なバンクが多かったり、透明度が高いフィールドではこの1/2ozがキモになってくるのです。


(写真:開発スタッフにもこのサイズのラージ!)

またハイピッチャーは、使うタイミングが重要です!
山上の特徴である、激しい天候の変化。桧原湖も例外でなく、ついさっきまで晴れていたと思えば、急に雨風が吹くなんてことが毎日のように起こります。

そんな一日の中で起こる天候変化のタイミングを見ながら、『ハイピッチャー1/2oz DW ヴィヴィッドパールホワイト』を使うのです。

基本的にはただ巻きで使うのですが、ハイピッチャーが見えるか見えないかの、ギリギリの水深を引くこともひとつのキモになります! 表層近くで引くよりも、明らかに反応がいいです。

巻きスピードは速すぎず遅すぎず、一定のスピードでOKです。

なぜ、ハイピッチャーがいいのか!? レイダウンやブッシュと、抜けの悪いスピナーベイトではスタックしてしまいがちですが、コンパクトなハイピッチャーは抜群のスナッグレス性能を誇ります。

アシストフックを装着してグラスエリアに投げてもスタックしないくらいです。口の小さなスモールマウスバスもアシストフックを装着していれば、まったく問題なくフッキングします。

またコンパクトなハイピッチャーはキャスティングもかなり決まります! スピナーベイトの基本的な使い方である、ウィンディサイドのカバー攻略をするにはもってこいなのです。

『ハイピッチャー1/2oz DW ヴィヴィッドパールホワイト』を使った桧原湖攻略。キモさえ掴めば、ラージ、スモールともかなり釣れますよ。ぜひ、試してみてください♪

ほかの桧原湖攻略に関しては、優秀なO.S.Pプロスタッフの、鈴木隆之プロに聞いてくださいねw

(写真:ウィンディサイドのストラクチャーはモチロン、沖めのグラスや岩まわりではビッグスモールがバイトしてきます!)

ドライブクローラーの可能性

2014.06.13
つい先日、琵琶湖に長期遠征してきました。年々、タフになってきている琵琶湖、強い釣りだけではかなり厳しい状況も… ドライブクローラーのネコリグを使い、食わせの釣りで安定した釣果を♪ エリアさえ絞れば、確実にビックバスを仕留められます!

圧倒的釣果を叩き出したドライブクローラーのネコリグ
毎年5月末から10日ほど、琵琶湖に長期ガイドで入ります。
いろいろなパターンが存在し、多くのアングラーを楽しましてくれる琵琶湖。

近年、電気ショッカーや藻刈り等の人為的フィールドの変化に加え、プレッシャーが加わり非常に難しくなりつつあります。

そんなタフな琵琶湖でしたが、ドライブクローラーのネコリグが毎日安定して釣れました!

今回の遠征で圧倒的に反応の良かったルアー『ドライブクローラーのネコリグ』です♪ 4.5inと6.5inの2サイズを、エリアやタイミングを見て使い分けています。

カラーはオキチョビクローが特によかったですねー♪ 他のカラーでもいっぱい釣れましたが、オキチョビクローの反応のよさは圧倒的でした^^


食いが渋る日中や無風時、また数釣りを楽しみたい場合は、4.5inが絶対的におすすめ。

小さく、ラインを弾くようにシェイクするのがコツです!

スピニングタックルですので、ラインは5~6lb程度。無理はせずドラグ調整をしながら慎重にやりとりしてくださいね!!

また、朝夕のマズメ時や、大きい魚が多いエリアでは、6.5inを使って狙っていきます。

6.5inはサイズが大きく、使うのに抵抗がありがちですが、エリアやタイミングを見て使えば、4.5inより反応があります! 50cmアップのラッシュに遭遇! なんてことも全然ありますよ。

【参考タックル】

ドライブクローラー 4.5インチ
◆STEEZキングボルト(681MLFS-SV)+EXIST 2506H+フィネスブレイブ6lb

もしくは

◆ブラックレーベルBL691MLFS+イージス2506H+フィネスブレイブ6lb

ドライブクローラー 6.5インチ
◆ブラックレーベルプラス681MFB+STEEZ LTD+モンスターブレイブ12lb

※ 両サイズともに、基本シンカーウエイトは1.8gです。

プロトSTEEZとベイトネコセッテイング

ドライブクローラーを使った琵琶湖攻略。ネコリグだけでなく、ライトテキサス、ダウンショットとまさに、これから旬の時期になるでしょう!

タフコンディションに負けないドライブクローラーを使った食わせの釣り。本当によく釣れますので、絶対試してくださいね^^

アメリカでも春はHPFクランク

2014.04.15
昨年、ハイピッチャーで勝ち獲った「アメリカンドリーム優勝」。その優勝招待ということで、バスキャットインビテーショナルトーナメントへ参加してきたのです。そして今回のレポートは、アメリカでも「春はHPFクランクですよ!」ってお話です。

バスキャットインビテーショナル
アメリカはアーカンソー州、レイクノーフォークへ行ってまいりました!

昨年、ハイピッチャーで勝ち獲った「アメリカンドリーム優勝」の優勝招待ですね^^

ちょうど日本では桜が満開になろうとしている時、アメリカ アーカンソーもいよいよ春に突入って感じでした!

初めて挑むフィールドですし、日本には無いタイプのリザーバーレイク。プラクティスには2日間入りました。

プラの日は、急な冷え込みにより吐く息は真っ白、朝はガイドが凍りつく状況。バスは明らかに低活性で、1匹がなかなか釣れません。

だからと言ってソフトベイトでネチネチとやっていても、エリアを絞れてないと更にバイトは遠のきます。

広大なアメリカのフィールドではハードルアーを有効に使わないと、なかなか魚を見つけ出すことが出来ないのです。

なんとなくフィールドの癖も掴み、ボチボチと魚を触れるようにはなってきました。ノンキーパー(38cm以下)はいくらでも釣れるのですが、なかなかキーパーサイズが釣れません。

スピナーベイト、ミッドクランク、ジャークベイトと色んなルアーを試してみますが今一つです。

そこで「アメリカでも日本でもバスはバス、春であるならばHPFクランクが効くはず!」と思い、急なバンクから繋がるシャローフラットで、ゆっくりと、そして広くHPFクランクを引き続けると・・・

やっぱりシャローに上がってきてましたねー!!

プリスポーンで綺麗なバスが、初めて見るであろうHPFクランクにバイト!やっぱし、春はHPFクランクなんですねー!頼りになります^^

その後はイメージのエリアを見つけることが出来ず、結局4日間でキーパーバスは5匹しか釣れませんでしたが、HPFクランクで釣ったこの魚が最大となりました。

ちなみに、トーナメントの結果は残念ながら100位(400艇中)くらいかなー・・・プラ通りいかないのがトーナメントですが、アメリカの春もHPFクランクが効くということがわかりました!

O.S.Pフィッシングショー

2014.02.14
2月になると釣り業界はフィッシングショー一色になりますね。フィッシングショー大阪2014をスタートに、福岡、群馬、名古屋、横浜と全国各地で行われます。※他にもあるかもw 各メーカーNEWアイテムを展示しておりますが、O.S.Pも負けず劣らずの新製品がたらふくあるのですよ!!そんなO.S.Pが誇る「2月上旬発売」もしくは「今季」の新製品をご紹介いたしますm(__)m

今期はプロスタッフ監修のオリカラも登場!
O.S.Pが誇る優秀なプロスタッフが、そのフィールドと使い方にマッチしたカラーを作り上げました。さらに、新型ハイピッチャーも開発終盤です!

・阿修羅スペック2☆オリキンオリカラー☆
ワカサギレイクのスーパーアングラー『オリキン』が監修したスペシャルカラーです。全3色展開なのですが、その全てがワカサギ絡みです!使い分けにも相当な拘りと、凄いパターンがありそうですねw

・ルドラ☆森田カラー☆
琵琶湖プロガイドの森田哲広さんが監修したスペシャルカラーです。日本一ルドラで釣っている男の選んだカラー!間違いなく買いでしょw琵琶湖釣行の際は欠かせないアイテムになりそうです。

(写真:左がアシュラスペック2、右がルドラSP)


・ハイピッチャーマックス(プロト)初夏発売予定
私が出ている「ハイピッチャーのO.S.P動画」にもチョロ出ししてますが、ハイッピッチャーよりワンサイズ大きなスピナーベイトです。

ワンサイズ大きくなったことによるメリットは意外なほど多く、よりバランス良く泳ぎを保てる。大きなフックを装備できる。ごくごく自然にハイアピールを演出できる。等々・・・痒い部分に手が届いたハイピッチャーになる予定です。

ソフトルアー群も追加アイテムが続々と出てます。
・ドライブスティック3インチ
こりゃ反則でしょw小ぶりなベイトが多いフィールドでは無敵でしょうね。檜原湖のスモールマウスにも強烈に効きそうです。

・ドライブクローラー3.5&4.5&5.5&6.5 NEWCOLOR
「自発的クロールアクション」のドライブクローラーシリーズに新色が加わりました。動き良し、使い勝手良しのドライブクローラー。充実のサイズ&カラー展開で、全てのフィールドに完全対応!貴方のフィールドではどのドライブクローラー!?

・ドライブクローラー5.5インチECO
ドライブクローラーECOモデルに5.5インチが加わりました。エコトーナメント時、リミット後のサイズアップや一発狙い!バスが大き目なフィールドでも効果的ですね。

・ドライブクロー2インチECO
ドライブクロー2インチECOに新色が加わりました。モエビパターン最強伝説のはじまりですなwカスミ水系はブルーのフレークってやたら効くんだよね!

・ドライブシュリンプ3インチECO
ドライブシュリンプ3インチECOに新色が加わりました。シュリンプなのにアメザリですかwwwまさにチビザリの腹がザワザワしてる感じですね!

(写真上:スピニングタックルによるフィネスゲームでベストなサイズ感の3インチ)
(写真下:ドライブクローラーの新色です!)


そうそうエコトーナメントと言えばJBNBCトーナメンターの方に朗報でぇす!お待たせ致しました、ついにO.S.PがJB.NBCの2014年オフィシャルスポンサーに加わりました!

O.S.Pキャップにフーデットパーカー、ネックゲーター等々、O.S.Pブランドのウエアを着ての参戦がOKになりました^^
※詳しくはNBC出版局発行の「トーナメントブック2014」をご確認頂けますようお願い申し上げます。

以上、2014O.S.Pフィッシングショーでしたが、ワクワクしちゃうでしょ!?フィッシングショーにこそブースは出しませんが、その分O.S.Pスタッフ全員がルアー開発に頑張ってますよ!

ここには出てませんが、まだまだ色んなルアーを開発中です。今年も『O.S.Pルアー』が楽しみですね^^

(写真:季節も2月半ばですが、もうそろそろこの釣り・・・フラットサイドクランクHPFも。)

W.B.S.クラシック初日ウェイトはハイピッチャー

2013.11.05
W.B.S.クラシックは残念ながら負け試合でございましたm(__)m

ですが、初日はトップウエイトをマークすることができました!

ハイピッチャーが絶好調

前回のコラムでも書きましたが、ハイピッチャーがかなり有効で、ウエインした魚全てがハイピッチャーでした。

1013_1
レイクコンデイションは急な水温低下によりかなりタフな状況だったのですが、アメドリ以降ずっとハイピッチャーをメインにプラクティクスをこなし、微妙に変わっていく魚の状態を把握していきました。

活発にフィーデイングしている釣りやすい魚が、日に日に減っていき・・・よりタックルバランス、ストラクチャーへのタイトなキャストは重要になっていきました。

フィーディング状態に入ってないバスに口を使わせるには、バスの目の前を通す!

そしてストラクチャーに当ててバイトを引き出す、リアクション要素を狙った引き方、これがキモでした。

1013_2
プアなストラクチャーではロッドアクションにより姿勢変化を作りバイトを出す、そんな引き方もしましたよ。

ハイピッチャーを回収する寸前、水面から出る瞬間にバイト!なんてシーンもありました。

ターンオーバーや急な水温低下など、これからのシーズンはタフの状況が多々ありますが、リアクションを意識したハイピッチャーの引き方をすれば、状況が打開できることもあるでしょう!

引き方一つでバイトを引き出せる、本当に奥深いルアーだと思います。ハイピッチャーの優位性、まだしばらくは続くでしょうね!

1013_3

ハイピッチャーのキモ

2013.10.08
9/22北浦にて開催された「American Dream 2013」ですが、ハイピッチャーで4,250g/3本を釣りぶっちぎりの優勝をしました!!

ハイピッチャーならではのキモが多くありました。タックルはモチロンのこと、トレーラーフックもかなり重要でしたね!

今回のコラムは、その辺のキモをお話します。

秋の霞ヶ浦、ハイピッチャーで優勝

9/22(日)に北浦にて開催された「American Dream 2013」出場してきました。

優勝すればアメリカで行われるトーナメントに招待参加させてもらえるのです!

前週に行われたW.B.S.最終戦の感じから、秋らしさがだいぶ進行していることを実感しました。

そこでハイピッチャー(3/8oz)を使い、なんと4,250g/3本でリミットメイク!

結果、ぶっちぎりの優勝をしました♪

994_1
重さのキモ

当日に使用するタックルのほとんどにハードルアーをセット。

ハイピッチャー、ブレードジグ、ブリッツをメインに組みました。

ハイピッチャー、ブレードジグ共に重さは3/8ozを使用しました。

3/8ozはレンジキープや引き方、狙う場所を変えても、オールマイティーに対応出来るので、引きパターンを完全に把握するまでは3/8ozがお勧めです!

引き方のキモ

まずはバスのいるレンジを見極めるコト!

表層付近から反応を見はじめ、ボトムまで探る。

自信のあるスポットでは故意にカーブフォールをさせて、バスの反応があるレンジを見つけるのもテクです。

バスがいるレンジより少し上引く!目線より上がキモですよーw

カラーのキモ

圧倒的に白系のスカートが良かったですね。ズバリのカラーは「ヴィヴィットパールホワイト」。

チャート系のスカートでも反応はあったのですが、バイトの深さは白系の方が良かったです。

秋らしくベイト化している証ですね^^

994_2
タックルセットのキモ

タックルは非常に重要になります!キャストのしやすさはモチロンですが、しっかりとシングルフックを刺す為のパワーが必要になります。

リールにはハイグリップノブを装着して、突然のバイトでも手を抜けさせない。

そこまで拘ったのトータルタックルセッティングがキモですね!

ロッド:ブラックレーベルFM661MHFB(グラスロッド6.6ft.MH)
リール:スティーズSV6.3L+SLPハイグリップノブS
ライン:モンスターブレイブ14lb.(フロロカーボン)

トレーラーフックのキモ

活性が低い時にトレーラーフックを装着するイメージがありますが、今回のように下からのバイトが多い時など、あらゆる方向からバイトがある時は、トレーラフックの装着は必須です。

狙う場所にもよりますが、トレーラーフックは基本的にはブラブラさせておくのがキモですw

ハイピッチャーであるキモ

ブレードジグやブリッツでも反応はする魚なのですが、バージンスポットでのバイトの出方や、根掛かりを恐れずに使えるその使い勝手はハイピッチャーが一枚上でした!

さらりと書きますが・・・・霞水系のマンメイドでは、ベイト化したバスを反応させるには、コンパクトなスピナーベイト「ハイピッチャー」であることが超重要ですw

バスプロ橋本卓哉 Booon!GUIDE
994_3

8/25(日)W.B.S.第4戦北浦

2013.08.29
連日猛暑続きですが・・・W.B.S.第4戦に参戦してきました。結果は・・・。

2013年W.B.S.プロシリーズの第4戦in北浦

猛暑が続く8月、水温は30度を超え、朝夕のマズメ時を逃すとなかなかバイトが得られない非常に厳しい状況でした。

前日になんとか沖目のマンメイドストラクチャーでドライブクローラー4.5インチダウンショットを使い、好感触を得て、なんとか試合挑めるヒントを掴めました。

試合当日、朝は日が照っている状況でしたので、前日プラのヒントを生かすことができ、ナイスフィッシュを3匹をライブウェルに!

釣ったのは当然、信頼のスモークプロブルーのドライブクローラー4.5インチのダウンショットでした。

974_1
ストラクチャーにタイト置いておくような釣り方がハマりました。

ノーアクションで微妙なバイトをとっていたのですが、ロッドアクションをせずとも自発的にアクションを起こしてくれるドライブクローラー、ダウンショットでも効果絶大ですね!

その後は雨が降り出して状況が一転、まったくバイトを得られることが出来ず、終了2時間前・・・

色々なエリアを模索し、なんとか状況変化にアジャスト!

エリアは変われど、使ったリグはやはりスモークプロブルーのドライブクローラー4.5インチダウンショット

手返しよく護岸際にダウンショットを落とし込んで、リミットメイク&入れ替えに成功しウエインすることが出来ました。

結果、今期2度目の準優勝!!またしても?同O.S.Pチームの草深プロに負けてしまいましたが、1年ぶりのワンツーフィニッシュを飾ることができました。

嬉しさよりもさることながら、同じドライブクローラーのダウンショットで負けてしまい、悔しさ残が結果でしたがw

優勝は次戦の最終戦に向けて取っておきます!!

974_2
橋本卓哉ガイドサービス Boooon!GUIDE。

表層系ルアーの中でも、もっとも好きなルアー「バズベイト」

2013.08.22
こんな形のもので釣れるなんて不思議ですよねw

独特のクラッカー音と水しぶきでバイトを誘発する、O.S.Pが世界に誇る名作バズベイト、それが「ゼロツービート」です!

良く釣れてくれるゼロツービート

毎日毎日、暑いです私が通う霞ヶ浦水系では連日の水温が30度オーバーです。

日中はタフコンディションになり、かなり厳しい状況になってますが・・・。

こんな時って、朝夕のマズメ時はパワー倍増でよく釣れるんですよ特に良いのがバズベイト!

フィールドが少し影りだした時、他のルアーを圧倒するポテンシャルを発揮してくれます。

972_1
ブラックビートは鉄板ですね!独特のクラッカー音と水しぶきでバイトを誘発し、数あるバズベイトの中でも、これだけの甲高い音を発するのは「ゼロツービート」だけです。

「カンカンカンカン、、、、、」

ちょっとウルサイかなーと思うぐらいですがw

この音の効果ってめちゃめちゃあるんですよ。食い気の無いバスまでも、威嚇やリアクションバイトのスイッチを入れてしまうこれが。

他のバズベイトとの大きな違いなのです。

972_2
日中でもしっかりとシェードを絡めた使い方をしてあげれば、このようなナイズコンディションのバスを手にすることが出来ます♪

時期的には、梅雨前ぐらいから使い始め、今がまさにハイシーズンですリアクションバイトも誘えるので、少し寒くなりだしても十分に楽しめます。

バンク沿いに魚が動いてる時や、シャローでフィーディングにしている時などは、時期を問わずに釣れますよ~。

スナッグレス性にも優れているので、根掛かりを恐れずカバー回りを大胆に攻めれるのも強みですね^^

そんなゼロツービートに今年は新たな新色が加わりました。どーですか!?NEW COLOR、超釣れそーでしょ!?

全部釣れそーですが・・・・特にファイアーオレンジ!

その効果のほどはまだ検証中ですが、ブラック&ホワイト負けないくらい釣れますねー。

てか、皆さんも試してみてくださいな。

橋本卓哉 Boooon! GUIDEサービス

972_3

1 / 3123

profile

橋本卓哉
関東
(霞ヶ浦水系)

06年W.B.Sクラシック優勝、07年Basser ALLSTAR CLASSIC での初参加にしての圧倒的勝利と、大舞台で天性の勝負強さを発揮!その後も、09年と10年の2年連続でW.B.S年間優勝を獲得と、霞水系を代表するトップトーナメンター。近年ではアニメオタクプロとしても有名?