O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

2014Kota’sAmericanDreamで優勝したO.S.Pプロスタッフ斉藤真也のトーナメントレポートを掲載!!

2014.11.11
皆さんこんにちは。今回は先日行われました『2014Kota’sAmericanDream(通称:アメドリ)』の模様をレポートしたいと思います。

じつはこのトーナメント、優勝すると、アメリカでのBASSCATトーナメントへの参戦が出来てしまうという、まさにアメリカでバスフィッシングが出来てしまうような夢のような賞品があります。 ということで、今回は前日プラクティスも出来ることになり、ペアの方といつも以上に気合いを入れて挑みました。

霞ヶ浦で釣りをするのは2ヶ月ぶりなので、今の状況と雰囲気を掴むところからプラクティスを開始しました。

ちなみに大会当日は爆風予報。。。それでも自分的な霞愛から霞ヶ浦本湖で勝負しようと思い、風が吹いても釣りが出来そうなエリアをメインにプラクティスを進めました。

“秋はスピナーベイト”ということで、ハイピッチャー3/8oz.DWを「釣れそうだなぁ」と思う所にキャストし続けたら、開始30分くらいで1,500g位のが掛かったのですが、ボケッとしてたらバレてしまいました。

しかし、この1匹により釣れるポイントとストラクチャーのイメージが出来はじめて、他のポイントでも1キロくらいのが釣れたことで、だいぶイメージが膨らみました。

その後は、当日の爆風予報では釣りが出来なくなりそうなエリアも一応見て回り、前日のプラクティスは終了となりました。

そして大会当日の朝。

(写真提供:Kota’sAmericanDreamサイト)
IMGP2751_600

すでに吹いているはずの風が全然吹いておらず、とりあえず会場入り。

朝準備をしてるときも全然風がなく「アレ?」他のエリアもプラクティスすればよかった・・・等々考えながら準備を完了しランチングへ。

ちょっと風が吹き始め、「爆風になる前に霞まで行けば釣りは出来る!」と思い霞へ向かいました。

ファーストポイント到着。

自分はコンフィデンスのあるハイピッチャー3/8oz.DW、パートナー(2年連続のペアの石井一樹さん、気合いはいつも充分。)はドライブクローラー4.5インチのヘビダンで流していくと、前日ハイピッチャーでバラしたポイントの近くで石井さんが1,300gをキャッチ!

この1匹でテンションも上がりニンマリ。でもまだ1本目なので、気合いを入れ直し移動。

前日「ここなら風が吹いても大丈夫」と感じた場所に入るも、濁りがあり何もなかったのですぐに移動。

1本目を釣ったポイントに戻るも、雰囲気がなく移動・・・と、思ったときに「あれ?爆風どうした?」って思えるほどの無風。。。

「よし、霞の浚渫に行こう!」

爆風予報だったため諦めていたポイントに行くことが出来たことでがぜんテンションが上がり、ポイントに到着。

すると、自分はドライブシュリンプ4インチのヘビキャロに800g。石井さんは同リグで1,500g

その瞬間アメリカの国旗がチラチラ。。。

まだ釣れそうだったので、気を引き締め直して石井さんに800g。

先ほど自分が釣ったバスと同じくらいのサイズだったので、見た目のいい石井さんのバスを残すことに。。。

自分のバスはいませんが、なにか???で、終了になりました。w

結果は3,650gで優勝!!

1

言えることは「O.S.Pルアーサイコー‼」

石井さん、ありがとうございました!

霞ヶ浦での本気フロッグゲーム

2014.07.03
いよいよフロッグシーズン突入。今年は霞ヶ浦にて、本気でフロッグをやってみました。そして、色々と発見があったのでレポートします。

霞ヶ浦での本気フロッグゲーム
この時期になると、トップウォータールアーが有効となってきます。

では数あるトップウォータールアーの中でも、なぜフロッグを使うのかと言うと、、、、

「フロッグはフックがボディーに添っていてスナッグレス性能が高い」

という点がフロッグのメリットであり、自分は好んで使っています。

スナッグレス性能が高いことを利用して一番やりたいことは、着水時に直接水面に落とすのではなく、葦や釣りたい障害物にちょこっとぶつけてアピールし着水させてやることです。

実はバスを釣る為にはコレが肝心で、これができるのがフロッグなのです。

それと、フロッグ特有の中空ボディーから出るアクションが、ハードプラグとは違うアクションがでて、それも好きで使っていますよ。

霞ヶ浦でも、亀山湖や高滝ダムと一緒でキャスト精度がフッキング率に関わってくると思います。

さらに先ほど上記でお話しました、着水時の接触キャスト(※仮にこう表現します)を実践できれば、だいぶフッキング率が上がると感じております。

O.S.Pにもいくつかのタイプのフロッグがありますが、私的にはダイビングフロッグを多用しています。

特に、葦際でネチネチとアクションさせられる様な釣りをすることが多く、ダイビングフロッグとそれが特にマッチングしているので好んで使っていますね。

またイナッコ(ボラの稚魚)が広範囲にいたりしたら、スケーティングフロッグを用いて広範囲に誘ったりもします。

とにかく、この梅雨時期だけでもいいので、何時もならワームを投げてしまうところを、是非フロッグをキャストしてみてください。

トップウォータールアーなので見て使える楽しみはもちろんですが、フロッグならではの「釣果」があると思いますので、お勧めします。

いよいよ春爆!

2014.04.14
今年は冬の間に雪が多かったためか、なかなか釣れている情報がなかったのですが最近になりチラホラと聞くようになりました。

春爆に巡りあう為に・・・
そんな中、自分は春爆を当てにちょくちょく釣りに行っていましたが、やっと初バスゲット。。。なんて。。。

ってなわけで、先日楽しみにしていた春の印旛沼釣行に行ってきました!

(写真:春爆がようやく巡ってきてくれましたよ)

今回のメインルアーは、ハイピッチャー、ブレードジグ、ドライブスティックのテキサスです。

ハイピッチャーとブレードジグは、パラアシや矢板を釣るときに使います。

この両ルアーの使い分けと使い方をザックリ紹介しますと・・・

■ハイピッチャーは、アシが目に見て生えているところ
■ブレードジグは、目には見えていないけれど、水中に枯れたアシのかぶが生えているところ
で使います。


ハイピッチャーとブレードジグを使うにあたり大切なことは、ボトムやアシに「コンタクトし過ぎず、し無さ過ぎず」のいいところで泳がせることがキモです。

自分はこの感覚を「ナイスタッチ感」と言っているのですが、使っていて丁度いいタッチ加減であれば、それが今釣りをしている場所でのベストなルアーだと思って使うようにしてます。

そのためには、ルアーのウエイトも使い分けなくてはなりません。

もともと自分は印旛沼にあまり通っていないので、ハイシーズンになったときに「どこにアシがよく生えていて、どこが少ないのか」を知らないため、ルアーから伝わるコンタクト加減を気にしながら、ルアーとウエイトを使い分けます。

そして、ドライブスティックのテキサスリグもハイピッチャーやブレードジグと考え方は同じで、シンカーのウエイトは、撃ちたいスポットにスルリと入りつつも必要以上に重くない、ギリギリのウエイトを使います。

そしてアクションは「ピョン、ピョン」と、ちょっとシャクる感じで自分は誘います。

ドライブスティックのサイズですが、アシの奥を撃つときにはよくドライブスティックの4.5インチと3.5インチです。

大きすぎないサイズのほうがスルリとカバーの下に落ちてくれるので好きで使ってます。

まだまだ、これからも春のブタバスは釣れると思うので、皆さんもぜひ試してみてください!

フィールドへこつこつと通う理由・・・

2014.02.12
ご無沙汰してます、斉藤です。最近寒い日が続いてますが釣りに行ってますか??自分はちょこちょこと行ってます。が、未だに初バスは。。。。。

寒い冬ですが・・・
寒い日が続いておりますね!バスもまだ手にできておりません・・・。ですが、この時期にもフィールドに足を運ぶのには訳があります。

その訳とは、特に自分の場合は試合で使う『場所』に対してより良いルアーは何なのか?他にも無いか?を日々探すためです。

自分で撮った写真を見返して、この時期にこの場所ではこんなルアーを投げて釣ったなぁ・・・などと考えながらやってます。

「魚が釣れた」というのは何よりもの答えではありますが、その答えもさることながら、より良いルアーは何なのか?を探すのが楽しいからです。

特に今から楽しみにしてるのが各地での春爆・・・。

自分はよく亀山湖、高滝ダムでの春爆に楽しんでいたのですが、最近では違う池にも行くようにしてます。

そんな春爆は当てる楽しさ&釣る楽しさ、の2つの楽しさががあるからやめられません。

しかも色々な池に通うと、その場所、その時に釣れるルアーが体験できます。

特にO.S.Pルアーはどれも優れもので、いろんな状況いろんなフィールドに合っているものが多いので今年1年も楽しみたいと思います。

ここ最近の楽しみは春の時期、印旛沼でのスピナーベイトです。

自分は3年位前から春の印旛沼に通ってます。

それこそ差してきてるバスが感じられるから毎年楽しみにしてます。

1つの湖に通うのもいいですが、自分が良く通って見つけたパターンを他の湖に当てはめて釣るって言うのも楽しいですよ。

そろそろシーズンインです!!

2012.03.27
と言っても、まだまた寒い日が続きますね。

亀山祭り

しかし千葉県では毎年楽しみにしている “亀山祭り”があります。

勝手に名前をつけてますが。。。

この亀山祭りが成立するためには、天候や気温などいろいろと条件があります。

条件が揃う日を今か今かと日々待っていたわけですが、そんな”怪しい日”が先日訪れたので、亀山湖に行ってきました。

去年まではいつもフロッグ1本勝負をしていたのですが、今年はいろいろ試したいことがあるのでそれらのルアーも持って行きました。

そのルアーのひとつめは「ルドラ」

ルドラを選んだ理由はある程度ボリュームがあり、インレットなどの流れがあるところでもしっかりとアクションしてくれることです。

あと、フローティング、サスペンド、SPEC2といった、浮力の異なるバリエーションがあることで、ベストなレンジをトレースすることが可能です。

今回の釣行では45cmを連れてきてくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
次に「ブレードジグ」

このルアーは自分のなかでもだいぶコンフィデンスがあり、「亀山祭りの釣り方にハマりそうだ」、と思っていたので持っていきました。

トレーラーには今回はドライブスティック6インチを選びました。

いつもはアクショントレーラーを使うのですが、今回はとくにデカイバスを意識してドライブスティック6インチにしました。

そして今回、このルアーで手にしたバスは50.5cm、2,540gのビッグバス。やってくれました。

706_2
そしてもうひとつが『ブリッツMAX』

こちらもサイズ、アクションともに亀山祭りに合っている気がします。

が、これは同じ日に折金さんがすでに釣っていたので、他の釣り方はないかと考えて遠慮しました。使いたかったけど。。。

今回のルアーは全てただ巻きで使っています。

巻くスピードは少し変えますが、”ルアーに仕事をしてもらう”のが自分流なので特にアクションをつけたりはしません。

ただ巻きで釣れちゃうのがO.S.Pルアーなので。

まだまだ寒い日が続きますが、釣果を聞いてからではなく、自分からどんどん釣り場に行くといいことがあります。

みなさまも是非釣り場に行ってください!!

秋の高滝湖で「ディープクランク祭り」

2011.11.04
朝晩が、だいぶ涼しく(寒く??) なってきましたね。

高滝湖では水温が下がってくるに従って、ベイトフィッシュがディープに集まってくると”ディープクランク祭り”が始まります。

先日の釣行で、ディープクランク祭りを体験してきましたのでレポートしたいと思います。

ディープクランクと言えば、ブリッツMAX-DR&ブリッツEX-DR

今回のメインで使ったのはブリッツMAX-DR。このクランクベイトは高滝湖では外せません!

高滝湖はフィッシングプレッシャーが高いため、市販されている同等に潜るディープクランクよりも一回りボディサイズが小さい、ブリッツMAX-DR がベストサイズだと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そして朝晩が冷え込んでくるようになると、ターンオーバー(表層の水が冷やされ、重くなることでディープに沈み、ディープの悪い水が攪拌されて酷く濁ってしまう現象のこと)が起きてしまいます。

ターンオーバーしてしまうと、せっかくディープに集まり出したバスも口を使わなくなってきてしまうのですが、そんな時はディープクランクの速巻きによる”リアクションで口を使わせる釣り方”が有効です。

このブリッツMAX-DRは、速巻きをしても固定重心なのでバランスを崩さず泳いでくれる為、素早くディープレンジまで到達してくれて、さらにそこからリアクションバイトを引き出す為の高速リトリーブを可能にしてくれます。

リアクションをかけるポイントは砂地からハードボトムへとボトムに変化がある場所なのですが、ブリッツMAX-DRは引き抵抗も少なくともとても感度がいいクランクなので、”リアクションの掛けどころ”を察知しやすく、やたらにリアクションをかけなくてすむのでバスもスレずに”バクバク状態”が続けられる!

そんなところもかなり気に入ってます。

そしてカラーについてですが、高滝ダムは普段は水質が悪いわけではないのですが、ターンオーバーしてるときは水質が悪くなります。

そのため、ベイトフィッシュライクなナチュラルカラーだけでなく、チャートやホットタイガーのような派手なカラーまで一通り用意しておくと更にバクバク状態が続きしますので、色々なカラーを用意してぜひトライしてみてください。

(写真:一昨年の秋の高滝湖で行われたロケで、激濁りの厳しいコンディションながらもキャッチしたグッドサイズのバス。→その当時の映像を写真上に掲載。)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今期新発売のブリッツEX-DR

プロトモデルは去年から使っているのですが、これもまたヤバイで!!

ブリッツサイズ(53mm)のクランクベイトがディープレンジまで潜ると、こんなにも釣れるのかと思うくらいヤバイです。

使い方などはブリッツMAX-DRと全く同じなのですが、自分が叩ききった後のポイントでも更に絞り出せます。

ポテンシャルを秘めたルアーだと感じていますので、まだまだ色々な使い方をしてみたいと思います。

また、面白い使い方などがありましたらレポートしたいと思います。

ここ最近の霞ヶ浦~亀山湖

2010.06.17
皆さんこんにちは。前回のレポート以降に色々な出来事があったのでレポートしたいと思います。

2010JB霞ヶ浦初参戦に備えて準備は3年前から

自分は3年程前にバスボートを購入したのですが、購入した理由はJB霞ヶ浦に参戦するためでした。

仕事の関係上、参戦できるプロ戦はJB霞ヶ浦だったのですが、やるからには常に優勝を狙えるようにバスボートを購入してからの3年間は時間を見つけては霞ヶ浦に通いつめました。

そしていよいよ今年からJB霞ヶ浦に参戦ができるようになり、より一層練習に励みました。

そして1戦目に近づくにつれて、季節の進行や日並からほぼプリメス狙いに絞れるような気がしたので、しっかり捉えられるように意識しながらプラを行っていくと、大会の2週間前にHPFクランクSPEC2(チャートブルーバック)で1本プリメスが釣れました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この1本が大会でもこの釣りをやり切る自信を持たせてくれました。

そして大会当日ですが、朝イチ、入りたいスポットに入ることができ、まずはマイラーミノーの5gのダウンショットで1本目700g。

そして2本目は2週間前にプリメスを釣ったまったく同じコースに同じHPFクランクSPEC2(黒金Ver.T)をキャストしたところ1800gが釣れました。

この2匹目が釣れたことで完全にプリバスが動いていると感じ、プリメスが入ってきそうな目ぼしいスポットをランガンで周っていきました。

そして自分の中でもっともプリメスが動き出すと感じている11時以降に入った最後のスポットで、HPFクランクSPEC2を気合いを入れてキャストし3本目、1600gをキャッチ、これでリミットメイク!

4本目はマイラーミノーの5gダウンショットで1100g、入れ替え。

最後にまたしてもHPFクランクSPEC2で5本目800gをキャッチし終了となりました。

結果3本のウエイト4495gで優勝!

今回はHPFクランクSPEC2の凄さをあらためて体感した大会でした。

いろいろな方に祝福の電話やメールをいただき、プロ戦での優勝は本当に凄いことなんだなぁと感じました。

みなさんありがとうございました!

そしてJB霞ヶ浦2戦目は新発売のドライブスティックで3本、マイラーミノーの5gダウンショットで1本、の計4本キャッチに24位。

成績の方はイマイチだったのですが、ドライブスティックの凄さと便利さを感じました。

フォールさせて良し、スイミングさせて良しと1つのワームでいろいろなアクションができるのがGood!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
最近の亀山湖

そして所変わって亀山湖では沖でのボイルが始まってるらしいと聞き、NBCチャプター房総第1戦もあったので、練習がてら行ってきました。

ベントミノーやマイラーミノーのノーシンカーなどなど期待を膨らませ行ったのですが・・・。

ベイトが少なくなっていて全然ボイルがなくチーンって感じでした。

が、霞ヶ浦で自信をつけたクランクベイト達を使ってみたところ、岩盤エリアや橋脚ではHPFクランクSPEC2などのフラットサイドクランクの集魚力で広範囲に散っているバスも釣ることができました。

また竹ブッシュやレイダウンではジグやテキサスを打ちたくなるところですが、小魚をフィーディングしているバスにはやはり横の動きに反応が良く、カバークランキングが抜群に効きます。

こんな時にはカバーに対してて絡めて引いてこれるブリッツの出番ですね。

そして沖の岬周りのバスに対しては、亀山のようなダム湖の沖の岬にはスタンプなどが多く根掛かりしやすいので、リップでかわせるブリッツMRを入れていき、朝夕のフィーディングタイムで水面を意識している場合はバジンクランクシリーズなどと、状況に応じてベストなルアーを使い分けることでさらに釣れるはずです。

いよいよ釣れるシーズンに突入しています、色々な釣りにトライして楽しい釣りをして下さい!

(写真:亀山湖というとサイトとかライトリグでのアプローチを連想しがちですが、結構カバークランキングが◎!!バジンクランクやHPFクランク、ブリッツや、ブリッツMRなどカバーや状況に応じて使い分けてみて下さい。)
449_3

初春のフロッグゲーム

2010.04.06
ゲロゲロ。自分が住んでいる千葉県はだいぶ春めいて来ました。

そこでこの時期毎年熱い「フロッグゲーム」が始まっているのでレポートしたいと思います。

この時期ストロングなアカガエルパターン

春めいてきたとは言っても普通の考えですとフロッグゲームにはまだまだ早い時期。

しかし裏パターンともいえる「アカガエルパターン」が密かに旬を迎えます。

これは早春の特に雨の日、産卵で水辺に這い出してくるアカガエルをバスが狙うというもので、エキサイティングな釣りでビッグバスが狙えます。(アカガエルの産卵は他のカエルよりも早い時期に行われます。)

ただし、まだ寒いこの時期、やみくもにキャストを繰り返していてもなかなかバイトが得られないので、少しでも役に立てばと思い自分が実際にやっているフロッグゲームについて紹介したいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
■狙うエリア

クリークの上流や岩盤エリアのインレット付近などと水が流れ込んでいくるポイントがより重点的に狙うエリアです。

しかし、それ以外のエリアでも全然バイトしてくる可能性は十分にありますので気を抜かないでください!!

これはフロッグの根掛かりのしにくさを生かし、とにかく気になるポイントにはすべてキャストすると言うことです。

以前のレポートでも触れましたが、ルアーの入れどころが肝心な釣りですので、とにかくキャストに気を抜かないで下さい!

■アクション

とにかく大事なのがアクションです。

まだ今の季節は水温も低いので簡単に水面を割らせることは難しいのですが、ダイビングフロッグはその名前の通り水中に潜らせることができるので水面まで出ないバスでもバイトさせられます。

そして何より、この季節はバスのいるポジションが水面付近とよりもちょっと深めにいので、P.C.D.(ポッパー、クランク、ダーター)マルチアクションカップを生かした180度ターンによる移動距離を抑えたポッパー&ダーターアクションによって一点を集中的に誘うことができます。

この季節のゆっくり水面に上がってきてバイトするバスにはかなり有効、というかもはや僕にとっては一年中1年中欠かせないルアーですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
あと今回ダイビングフロッグに新色が追加となったのですが、その中になんと・・・「アカガエル」が!

待ってましたと言わんばかりにキャストしてきました。

すみません、やっぱり釣れちゃいます。

あと「食わせピンク」というカラーがあります。 ピンクで食わせ(?)と思ったのですが、これがまた淡い、いい色合いでバッチリ活躍をしてくれました。

メチャクチャ面白い釣りですから是非やってもらいたい!皆さん、ダイビングフロッグを忘れずに!!

(写真左:新色の喰わせピンクは4月末発売予定 写真右:新色のアカガエルは5月末発売予定)
416_3

「明けまして~」

2010.01.30
にはもう遅いかもしれませんが、今年の初コラムということで、「今年もよろしくお願い致します!」

皆さんはもう初バスはゲットされましたか?

自分はパワーダンクで無事初バスをゲットできました。

寒い時期には特に威力を発揮するルアーということで、今回はそのパワーダンクの自分なりの使い方を紹介したいと思います。

寒い時期に威力を発揮するパワーダンク

自分が気に入って使っている理由は、霞ヶ浦本湖のような広大なエリアの中でも効率良くサーチでき、尚且つ低水温で著しく活性の下ったバスでもバイトさせれるということ。

そのサーチ性能と食わせ性能に欠かせないのがダンクシリーズの特徴でもあるスーパーロングリップ!

自分がパワーダンクを投入するのは1m~4mくらいまでと幅広いレンジ。

約4mまで潜るパワーダンクを1m~2mくらいまでで使うとなると「ちょっとオーバーレンジでは?」と思いますが、そのオーバーレンジであえて使うことこそがひとつの狙いです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ロングリップの恩恵でテトラやハードボトム、そしてオダなんかにも根掛かりしづらいうえに、ボトムを離れることなくしっかりトレースできることが、冬の動きの鈍いバスをキャッチするための1番のポイントだと思います。

そして3m以深では、このコンパクトボディーがこんなに簡単にボトムに着くの?と思うほど簡単にボトムを叩いてくれます。

やはり寒い時期はディープを外すことはできません。

そのディープをプラグで攻略する場合は、ディープクランクを使えば簡単にボトムを叩けるのは当然ですが、寒い時期だとボリューム感も動きも強いディープクランクを追いきれるほどバスの活性は高くないので、より細身で繊細なアクションを持ったパワーダンクがベストルアーとなるわけです。

となると、つまりシャローからディープまでパワーダンクでいけちゃうと言う事ですね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この時期の亀山湖攻略に欠かせないのが・・・

そしてもうひとつ、自分がよく通っている亀山湖ではこの季節はディープがとても面白いです。

亀山湖のディープではワカサギがメインベイトになることが多いのですが、実はエビも存在するみたいです。

実際に釣ったバスの口の中にエビのヒゲが見えたこともありました。

そんなこともあり2インチドライブクローが自分的に、はまっています。

ワカサギや小ギルがメインベイトのエリアでもドラクロ2インチが効いている理由は、2インチというスモールサイズなのにしっかりとしたアクションとそれによる絶妙な水押しです。

ディープでのアクションはゆっくりとしたズル引きがほとんどですが、ディープにおいて「小さいのに強い波動が出る」というのが釣れるキモなんだと思います。

1月17日に亀山湖で行われた『SINZANKAI第1戦』も2インチドラクロの3グラムのドロップショットで10m~12mというディープで、しっかりと3本のリミットを揃える事ができました。

こういった釣りではシャッド系ワームや3インチ前後のストレートワームを使う方が多いと思いますが、2インチドライブクローもかなり効きますので是非是非使ってみてください!

(写真:この冬に122名も集まったSINZANKAI第1戦の集合写真。)
395_3

やる気のあるバスをフロッグゲームで。

2009.12.04
皆さんいかがお過ごしでしょうか?僕は相変わらずの釣り通いです。

水面へのバイトを誘うダイビングフロッグ

季節もだいぶ気温も水温も下がってきて、バスのいる水深も深くなってきたようです。

しかし、この寒くなってきた季節にシャローに残っているバスは意外にもトップへの反応がすごく良いので、シャローブッシュや浮きゴミ、岩盤などに対して9割以上、ダイビングフロッグをキャストしています。

なぜダイビングフロッグかというと、1つのルアーでいろいろなルアーのアクションができるからです。

浮きゴミの上での通常のフロッグアクションはもちろんのこと、ブッシュや岩盤エリアでは、移動距離が短いポッパー&ダーターアクション、少し潜らせるクランクアクションと、ひとつで色々とこなしてくれます。

そしてここからが本題で、『フロッグはフッキングしづらい』とよく聞きますが、確かに自分もその通りだと感じていました。

しかし、ちょっとしたことを変えていくだけですごくフッキングするようになるので、今回はそのことを紹介したいと思います。

(写真:シャローに残っているやる気のあるバス。グッドサイズが高確率でバイトしてきます。)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
まずはなんと言ってもキャスト!

なぜにキャストがフッキングと関係あるの?という声が聞こえてきそうですが、亀山湖のような切り立った地形の多いダム湖では、バスのトライクゾーンが短く、岸から20センチ以内に着水させるのが理想です。

その狭いストライクゾーンを外してしまってもアピール力の強いダイビングフロッグだとバスを寄せてしまってバイトしてくるのですが、本当のストライクゾーンを抜けてからのバイトは中途半端にちょっかいを出してくるような食い方も多く、ミスバイトに繋がります。

フロッグならではのスナッグレス性能を活かして、大胆にアプローチすることがミスバイトを防止することにも繋がってくるわけです。

次にブレード!

このダイビングフロッグには最初からフックのところに垂直アシストワイヤーが付いていますが、是非ブレードをつけて使用することをお勧めします。

サイズはハイピッチャーの後ろのウイローブレードくらいのサイズがキャストもしやすくなり、アピール効果も大きいので自分は好んでつけています。

で、これまたなぜにブレードがフッキングと関係あるの?ということですが、浮きゴミやマットのようなフローティングカバーの上を引いてきた場合、バスからフロッグを見上げるとフロッグのボディーがカバーの上に乗っかり気味で、バスからはフロッグがはっきりと見えない状態になり、食い損ねが多くなります。

しかし、そこからブレードが垂れ下がっていることでバスがブレードめがけてバイトしてきて、しかもそこにはフックがあるという寸法です。

そして最後に、最もフッキング率を上げられたと思ったことは、アクションにあると思います。

基本的なダイビングフロッグの操作法としては、ロッドティップ5センチくらいづつ

「チョコチョコチョコ・・・ステイ」
「チョコチョコチョコ・・・ステイ」

とじらしながらやるアクションが多いかと思います。

この操作法はゆっくりと誘えるのであまり活性の高くないバスもバイトさせれるのでいい日もありますが、自分の場合はロッドティップを30センチくらいとちょっと大きめにアクションして1秒あるかないか位のステイを混ぜながらやっています。

威嚇と言うか、自分的には『本気食い』を誘うイメージでアクションしていて、ガップリと丸呑みするように食わせることでフッキング率を上げようと言う狙いです。

また、『本気食い』アクションはワンキャストでのアピールが強いので同じ場所に何回もキャストするのではなく、次から次へとエリアを回して行きます。

フッキングミスが続いたら是非『本気食い』アクションも試してみてください。

フッキングは、しっかりとラインスラッグを巻き取ってから瞬間的にアワセるというよりは、トルクフルに合わせるというか、バスの重みをしっかりとロッドに乗せたうえで力強く行うと良いと思います。

ちなみにラインは確実に力が伝わり、切れる心配とは無縁のPEの60ポンド前後を巻いています。

今回レポートしたことは自分が感じたことから実践しているアクションですが、常にそれが正解とは限りません。

多彩なアクションを活かして様々な操作法を試していただければと思います。

(写真:カバーフィッシングならではの真っ黒な体色のバス。とにかく、派手にバイトを誘う事がより釣果アップへつながります。)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そして先日の釣行で霞ヶ浦の浚渫で03ジグハンツ14g+ドライブクロー4インチでバスをキャッチしました。

セミフットボール型のヘッドがボトム感知能力が優れているので1.5メートルから5メートルに落ちるブレイクのエッジが手にとるように分かります。

ワンキャストごとに無駄のないアクションが出来て、ボトム系のジグの釣りでは欠かすことのできないルアーです。

また、ドライブクローのツメの部分がバンバンアクションしてくれるので、あの広大なエリアからでもバスをバイトさせてくれます。

厳しい時期に入ってきましたが、表層のダイビングフロッグ、ボトムのハンツ&ドライブクローの釣りで楽しめるはず・・・。

是非試してみて下さい!

(写真:まんまるとデップリとしたコンディション。浚渫攻略には、セミフットボールタイプのハンツが◎!)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

亀山湖ベントミノー&高滝湖ブリッツMAX-DR

2009.10.06
最近は涼しくなってきて、湖の状況もだいぶ夏から秋へと変わってきましたね。

僕がよく通っている亀山湖では今、ベントミノーが本当にはまっています。

今回は、その亀山湖でのベントミノーの使い方を詳しく説明したいと思います。

それと、これからの時期あつい高滝湖でのブリッツMAX-DRを用いたディープクランキングもあわせまして・・・。

亀山湖のベントミノー

狙っているバスは水深2m前後でワカサギを捕食しているバスです。

水中でフィーディングしているバスもいると思うのですが、まだ湖がターンオーバーする前と言うこともあり透明度が高く、バスの目線までルアーのレンジを下げて誘うと見切られるので、水面までバスを浮かせてバイトさせる方法を選んでいます。

実はこの釣りにベントミノーがうってつけなんです!

これまでは、2mラインをガンガン泳ぎ回っているワカサギとバスに対して、どこでバイトさせるかがとても大変でしたが、ベントミノーを使うことで簡単にバイトさせれることに気づきました。

なぜベントミノーかと言いますと、水面でステイさせてるときにバスから見上げた際に横向きで浮くベントミノーはバスからしっかりと『目』が見えるからです。

この『目』が見えるということは本当に大事で、バスが見に来たときにアクションさせなくても簡単にバイトしてくれました。

今の湖の状況だとアクションをさせてしまうと逆に逃げていってしまうバスが多いので、あとはいかにルアーが疑われないかの勝負。

そんな中でベントミノーの『目』の効果は絶大です。

皆さんも是非、ベントミノーをトゥイッチさせるだけではなくロングステイも試してみてください。

(写真:9月下旬亀山湖で開催されたSINZANKAI第8戦で3位入賞)
366_1
ブリッツマックスDRのシーズンイン

そ・し・て、ついにディープクランクシーズンがやってきました。

高滝湖ではボチボチ釣れ始め、最近は僕もよく通っています。

その高滝湖のディープクランクで絶対に外せないのがブリッツMAX-DRです。

まずは深度が高滝湖で使うのにぴったり!

(写真:ブリッツMAX-DRでキャッチしたナイスサイズです。)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
飛距離を出してより潜らせ、有効レンジをより長く引くこともこの手のルアーで重要です。

高滝ではこれくらいのボリューム感のディープクランクであっても4m以上潜らせたいな、というのがあります。

これまではより潜らせるためにディープクランクを引けるスピニングロッドを自作しそれにPEラインを組んだりもしていましたが、ブリッツMAX-DRでは、他の同クラスのクランクベイトよりも飛距離が出ることから7フィートのグラスロッドにフロロカーボンの8ポンドという通常のディープクランクタックルで全然OK。

狙いたい4m以上の水深を普通に叩けます。

また、ブリッツMAX-DRはただ巻くだけでもバンバン釣れてしまうのですが、さらに早巻きをしたり止めたりとこちらから操作して使う際にも固定重心でウエイトが暴れないため、操作ごとの動き出しのレスポンスが格段に良く、「自分がしっかり操っている」という感覚のもとより多くのバイトを引き出せます。

そして引き感が軽いことで感度にも優れ、今自分のルアーがハードボトムを叩いてるのか砂地を叩いているのかがビンビンに分かるため、どこでアクションさせたらいいのかも非常に分かりやすいのも気に入っている点です。

ブリッツMAX-DRは使えば使うほどに、いろいろと見えてくるものがありますので皆さんも沢山キャストしてみてください。

自分もまだまだ発見途中なので何か見つかりましたらまた報告したいと思います。

(写真:これからの時期のディープクランキングがホント楽しみですね。)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近は亀山から高滝、霞から利根川とあちこちで遊んでます。

2009.07.31
みなさんいかがお過ごしですか?最近は、本当にいろいろな釣り場に遊びに行っているのですが、その中から特に印象に残った釣りを紹介します。

まずは亀山湖!!

「今週のグッジョブ」でも紹介されましたが、SINZANKAIの大会で準優勝しました。

そのときの亀山湖攻略には、自分の中でひとつのキモがありました。

それは最近のアオコの発生する亀山湖において「アオコの層が何メートルのところにあるか」をいかに早く見つけるかということです。

大会本番中に周った医院下では、今回3m前後にアオコの層ときれいな水の層の境目があることに気付きました。

なぜわかったかと言うと、カバーフィッシングでのパイロットルアー的な存在として使っているゼロワンジグ9g&ドライブクロー4インチのトレーラーでシャローの薄ゴミやシャローブッシュ、竹のレイダウン木のレイダウンなどを撃っていたところ、バンクの角度が急なところという立地条件にあるもので、さらに岸から5m前後離れた水中に続く竹のレイダウンの中層3m前後にバスがサスペンドし、その層までゼロワンジグをフォールさせるとかなりの確立でバイトが出ることが分かったからです。

後は、自分がプレッシャーを欠けすぎないようにいいタイミングでその条件の整った竹のレイダウンに入ることでビックバスを取ることができると信じ、同じスポットにも何回か入り直しました。

そんなヘビーカバー撃ちを続けるうえで根掛かりづらいゼロワンジグはテンポ良くカバーを撃つことが出来、集中して釣り続ける原動力となりました。

さて、そんなパターンには気付いたものの、その医院下にはその条件に見合った竹のレイダウンが少なかったのでほかのエリアにも行ったのですが、なかなかいいレイダウンがなく、天候的にもピーカン無風という厳しいコンディション。

そこで最近自信を持ってキャストしている「ダイビングフロッグ」をキャストしに猪の川に向かいました。

今回の亀山湖のように水面から3mくらいまでアオコがある場合だと、フロッグのような水面系は本来かなりきつくなってきますが、そんな場合は水深が1m前後までのドシャローを狙うことで水質の悪い場所でもバスがルアーに気付けるため水面系にも反応してきます。

しかもダイビングフロッグはポッパーのようにポップ音とスプラッシュでアピールしてくれるのは大きなメリット。その結果1415gのビッグバスを引き出すことができました。

(写真:トーナメント以外の釣行でも投げてます。とにかくダイビングフロッグにバイトしてくるバスはでかいです。)
346_1
そして最後にまた医院下に戻ったのですがバスのいる層が3mと、ちょっと深かったのでゼロワンジグのウエイトを14gにチェンジして最後の入れ替えを行いました。

ゼロワンジグでの中層攻略とダイビングフロッグでの表層攻略の二本立てでカバーフィッシングに死角なしですね!

そして自分が本当に欲しかったディープクランク。「ブリッツMAXーDR」、ひと足お先にプロトモデルを高滝湖で使い、皆さんすみませんと言うくらいの爆釣を味わっています。

今の高滝湖は4m前後で釣れていると情報が入ったので、これは行くしかないと思いブリッツMAXーDRを持って遊びに行ったところ、もうバクバクでした。

このプラグは高滝ディープ用??と思うくらい深度が高滝にはちょうど良く、使用感も快適!気持ちよく使え気持ちよく釣れました。

大体フロロカーボンライン10lbで3.8m、8lbで4.2mくらい自分では潜ります。勘が鋭い方はもう解ったかな??今年の秋には・・・・。

346_2
それとベントミノーは相変わらず釣れちゃいますね。写真のバスは細身ながらも1800gもありました。

このバスは7月18日(土)に釣っちゃったのです、次の日が南千葉チャプターだったのに・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この時期定番と言えば表層系ルアー

2009.05.26
皆さんいかがお過ごしですか?

自分はいろいろな湖に出掛けています。いろいろと面白いことがあったので紹介します。

まずは亀山湖でのことです。

雨が降った次の日の晴天。まぁ晴天といっても、前日に雨が降ったため、フロックゲームをやりに、いくつものインレットを回ったのですが全然バイトがありせん。

ちょっと悲しくなっていた時に、「インレット周りにはカエルだけではなくベイトフィッシュも集まる」と閃き、アシュラのフローティングにチェンジ。

フローティングをチョイスしたのは水面付近で誘いたかったからです。そして、1投目ワンアクション目でバイト!!

やはり食べているエサとルアーが合えば簡単にバイトするんですね。

アシュラはインレットのような流れのある場所でもしっかりとアクションしてバスにアピールしてくれるのもいいところ。

今回もビックバスを引き出してくれました。

フロッグゲームのほうも、例えその日が晴天無風だったとしても、朝一と夕方下船時間ギリギリには必ずバイトがあるので信じて皆さんもやってみてください。

(写真:デップリとしたグッドコンディション。フロッグからのローテーションで1発でした!)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
次は霞ヶ浦・・・。

最近の霞本湖は水位が低く、水も悪いせいか自分には全然釣れません・・・・・・・・。

が!!やってくれました、プロトの03JIGハンツ5g+ドライブクロー4インチ。

今回の釣行ではバスの居場所が全然掴めていなかったので、居場所を探すつもりでやるときは4インチを使います。

4インチの方がアピール力があるのでこんな状況のときはベストです。

(写真:全くと言っていい程、釣れていませんでしたが・・・03ハンツ+ドラクロ4”のコンビできました。)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
最後に高滝ダム。

ついにトップでバクバクの季節がきましたよ。まずは02ビート!!アフタースポーンのバスには金属音がよく効く(?)斉藤理論的な感じなのですが本当によく釣れますよ。

そしていち早く回復しているバスはバンバンフィーディングしているので、その場合はベントミノー、ヤマト、そして今度新発売のヤマトJr.。

このヤマトJr.はヤマトの持つスプラッシュとポップ音を継承しつつも、釣れ頃のサイズ、飛距離、バスを寄せるアピール力、どれをとっても満点です。

これからのシーズンには相当活躍してくれると期待しています。

(写真:高滝湖は条件さえ揃ってしまえば、トップでバクバクです。)
324_3

最近は高滝&亀山に通いヅメ

2009.04.09
皆さんいかがお過ごしですか?段々と暖かくなってきていい釣りができる季節なってきましたね。

自分は高滝ダムと亀山ダムにこれでもかと言うくらい通っちゃいました。

シーズナルフィッシング

最近のお題目は、季節に合っている釣り方をしたいので新発売のベントミノー、プロトのミノー系ワームを使ったワカサギ溯上の釣りと、特にはまっているダイビングフロックを使ったカエルパターンです。

まずはベントミノー。いよいよ発売になりましたね。発売しなくていいのに。と思うくらいやばいミノーです。

特に今時期の高滝ダムや亀山ダムのように、ワカサギ溯上パターンや、水温が上昇しオイカワなどが表層付近まで上がってきてる場所などで使うと、アングラーの方からバスにフィーディングさせることができ、かなり面白いです。

1度使っていただければ、すぐにわかると思います。簡単にアクションさせられるのもかなりいい感じです。

(写真:ベントミノーでの釣果もさることながら、ハイカットもドはまり。高滝で釣りました。)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そしてプロトのミノー系ワーム。まずは見た目からして本当にやばいです。

最初にサンプルを貰った時にこのワームは絶対に釣れると思いました。そして使ったらいきなりやってくれました。

写真のバスはノーシンカーで釣ったのですが、ただ見た目だけで食ってきた感じでした。

そしてこのミノー系ワームでこだわって作り上げているのは、ジグヘッドで使った時のロールアクションとテール部分のアクションとの兼ね合いです。

いろいろと試行錯誤していき、かなりいい感じになってきてはいると思いますが、誰が使っても使いやすくガンガン釣れるアクションが出るよう、まだまだ詰めていくので発売をお楽しみに!!!

(写真:バスの食性に訴えたのは、とにかく「見た目」。)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
最後に最近マイブームになってきているダイビングフロッグですが、なぜこの季節にフロッグ?と思う方が多いと思いますが、前回レポートさせてもらいましたアカガエルパターンのこともあるのですが、ここ何日かの釣行でカバーにテキサスやラバージグをキャストするよりも、フロッグをキャストしているときのほうがバイト数が多く、きっとカバーの周りにいるバスは意外と表層を意識しているんじゃないかと思いキャストしています。

カバー周りと書いたのですが、薄ゴミがたまっている場所やカバー周りではもちろんなのですが、奥深いオーバーハングやインレット周りなど、ここはフロッグじゃなくてもいいんじゃない???みたいなところでもガンガンフロッグにバイトしてくるので、皆さんも是非キャストしてみてください。

チューニング方法は自分は絶対にブレードをつけます。

カバー周りではアピール力を上げるという効果もあるのですがフックへのバイトマーカー(?)にもなっている気がするので自分は必ずつけています。

さてはともあれ、暖かくなってきまた。いよいよですね!

(写真:カバーでフロッグ、かなり面白いです。)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

真冬のアカガエルパターン

2009.03.11
3月4日に亀山湖に行ってきました。

今回のお題目はアカガエルパターン???と言う温かい雨の日に起こるとんでもないパターンを試しに行ってきました。

真冬のアカガエルパターン

3月4日当日は、前日の夜から明け方までみぞれ混じりの雨が降っており、とてもカエルパターンが成り立つ1日ではなかったのですが、とりあえず湖に行かないことには始まらないのでとりあえず行って来ました。

亀山湖についてまず感じたことは寒い。朝の気温2度、カエルパターンは無いかもな、と思いながらもボートをセッティング。

そしてスタートフィッシング。今回は西のエリアへ向かいました。

まずは笹川と言うバックウォーターへ向かいカエルパターン用のダイビングフロッグやワカサギパターン用に新製品のベントミノー(プロト)をキャストしたのですが何も反応がなく笹川の上流エリアへ到着。

今回のメインエリアは最上流エリアだったので、ここまでくる間はその日の亀山湖を感じるための準備運動だと思いキャストを繰り返しました。

が、反応が全く何も無いのでちょっと悲しかったのですが、最上流エリアにはワカサギを食いに来てるバスがちらほら確認でき、やる気満々でベントミノーをキャストするとまずは1匹目をキャッチ。

その後最上流エリアの中でも良さそうな場所でベントミノーをキャストし続けると強烈なバイト!!

バラすまいと慎重にファイトし無事にランディング46cm1300gのナイスバスをキャッチできました。

ベントミノーを本物のベイトだと思いバックリ食ってきました。

(写真:ベントミノー・・・。喰いつき方が違いますよ。)
299_1
今回新発売のベントミノーですが、本当にやばいです。

バスにこちらからフィーディングのスイッチを簡単に入れられるのが本当に素晴らしいです。

ルアーに追っかけてきたバスは、ほとんどと言っていいほどバイトに持ち込むことができ、今回のようなワカサギパターンでは死にそうな小魚も演出でき、逆にバスに追われて逃げ惑う小魚のアクションもできる最高なベントミノーを是非皆さんも使ってみでください。

・・・・。

忘れていましたが今回のお題目は、『カエルパターン』。

2・3年前に亀山湖で本当によく釣れたパターンが今年もパターンとして成り立っているみたいなので1日やりきってみようとダイビングフロッグをキャストし続けたら3時頃に水面が割れバイト!

渾身の力をこめフッキング、やったぁ~~キャッチ。カエルパターンにはまったかどうかは分かりませんが今年2匹目のフロッグフィッシュ!!

サイズは大きくはなかったですが自分で釣りたい釣りで釣れたので大満足です。

ちなみに今年1匹目のフロッグフィッシュは高滝ダムでカエルパターンを試したところ1950gのブリブリなバスが釣れちゃいました。

このアカガエルパターンと言うのがあまりメジャーなパターンじゃない(?)せいかこの時期にフロッグをキャストしている人がいないのでナイスなビックバスに出会えるかもしれないですよ。。。

あまりにも面白いフロッグパターンだったのでレポートさせていただきました。ではでは。。

(写真:この冬にかえる?????ですが、ダイビングフロッグでブリブリなバスGETです。。)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初バスを求めて、今週もまた・・・・。

2009.01.30
皆さんいかがお過ごしですか?自分は2009年初バスを求めて毎週のように釣り場に通っています。

真冬の釣行でも、勉強になりますよ

結果は・・・・・・・・・。でも、釣れなくても毎週釣り場に行くのは意味があります。

水温が下がると水の透明度が上がるので、ルアーのスイムテストにはもってこいだからです。

まず自分が使っているルアーがどのように動いているかをちゃんと知ることが大切になります。

どのルアーをどのくらいキャストしたらどのくらい潜るかしっかり自分の中で調べておけば、ルアーの出しどころがちゃんとわかってくると思います。

それと、このルアーはこんなアクションなんだなどをしっかりこの冬の間に調べておけばハイシーズンになったときに迷うことなくそのときに1番あっているプラグがキャストできると思うのでいろいろと調べてみてください。

そしてこれからの季節はサスペンドプラグです。ダンク、パワーダンク、ハイカットです。

自分の中でまだ発売して間もないハイカットの動きがよくわからないので最近よく調べているのですが、はっきり言ってやばいです。

これからのワカサギ溯上シーズンでは抜群の威力を発揮しそうです。深度とアクションがたまらなくいい感じなので今からワクワクしています。

あとフックなどのチューニングもいろいろ試しています。特にサスペンドプラグはフックを変えただけでアクションがガラッと変わったりするのでいろんなバージョンのハイカットを作っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
写真のバスは高滝湖でパワーダンクがばっちりはまりキャッチできました。ダンクシリーズはリップが大きいため根掛かりが本当に少ないのでどんなポイントにもGoodです。

あと小型のボディーに大き目のリップがついているので本当によく潜ってくれるのでミドルレンジを釣るのにとても便利です。是非皆さんも試してみてください。

290_2
自分も早く初バスが釣れるようにO.S.Pプラグをもってガンガン釣り場に足を運びたいと思います。釣れなくても釣り場には本当にいろいろと勉強させてもらえるので。

これからの季節がハードプラグ!

2008.11.14
どうもこんにちは!だいぶ冷え込んできましたが、これからがハードプラグの本領発揮ですよ!

やってきました自分の中でのハードプラグシーズン!!

まずはタイフーン。小貝川に行った時ですが3日前に降った大雨のせいでかなり流れが早かったのですが、1年に1度くらいしか行かないので絶対に1匹は釣りたいと思い、タイフーンをセレクトしました。

そうしたらタイフーンのビックブレードがナイスなバスを誘い出してくれました。

自分の中では流れの強い場所やマッディーレイクでは欠かせないスピナーベイトです。

ちょっと大きいなぁと感じると思いますが1バイトを得たときからがガラッとイメージが変わると思うので是非使ってみでください。

(写真:Typhoonでキャッチした小貝川のバス。とにかく1本釣ることで、釣れるイメージを作ってみて下さい。)
272_1
そして秋の荒食いにはハイピッチャー。霞ヶ浦に行ったときのことですがまたしても釣ってしまいました、46cm1900g。

自分はハイピッチャー3/8ozを基準にバスのポジションや活性で判断しいろいろなウエイトを試します。

ちょっと変わった使い方ですと、ディープレンジを攻める5/8ozと感じますが1mくらいのシャローレンジをファーストリトリーブしリアクションで口を使わせたりといろいろな使い方ができるのがサイズ豊富なハイピッチャーだと思います。

いろいろなウエイトを使い自分なりの「何か?」を探してみてください。まだまだいけるカバーフィッシング、やはりドライブクローは外せないですね。

亀山湖で45cm1400gをキャッチ。バスがだいぶディープに落ちてきたのですが、ドライブクロー&ゼロワンジグでカバーを狙えばまだ全然釣れるので今年ラストのカバーフィッシングでビッグバスをキャッチしてください。

今年は本当にゼロワンジグにお世話になりました。困ったときはゼロワンジグですよねぇ~!!!

(写真上:2kgにはいかなかったですけど、この長さでこのウェイトは凄いですねぇこのバス。)
272_2
そしてこれからの狙いたいバスはダム湖などでは段段とバスとベイトが深いところに沈むのでそれにあわせ狙っていくのですが、秋は特にハードベイトが利きます。

特にシャッド類が非常に利きます。2mまでではハイカット!とにかく釣れます。

ただ巻きよし、ジャーク良しと何でもこなしてくれます。3m前後では、ダンク!このプラグはボディーは小型ですがリップが大きく根掛かりしらず。

3m以降ではパワーダンク、このプラグは特に自分の中でも自信がありフロロの3lbを使いキャストした後にドラッキングをすれば、5mまで潜ります。

この5mまで潜るということが実にすごいということを体験してもらいたいです。

5m前後ですとアイチューンをしっかりしてやらないと潜らないので注意してください。

これからがディープシャッドが利く季節なのでO.S.Pシャッドシリーズをもって湖にGO!!ではでは、いい釣りを。

(写真上:良く通っている亀山ダムなんですが、カバーが沢山あってガンガンいけます。)
(写真下:高滝ダムでも03ジグのプロトと組み合わせて、ナイスサイズが出ましたよ!)
272_3

夏から秋への季節の変わり目

2008.09.12
皆さんいかがお過ごしですか?段々と水温も低くなり面白い季節になってきましたね。

そんな季節をいろいろと感じたので皆さんにご報告いたします。

好釣果のドライブクロー

まずはいよいよ発売になりましたドライブクロー!皆さんどのように使っていますか?

自分は、やはり5gのテキサスです。それ以外では、自分の大好きなラバージグのトレーラーで使っています。

霞ヶ浦でホイホイと使ってみたら、さくっと釣れてしまいました。今までにはない釣れ方でびっくりしてます。

皆さんもぜひ使ってみて下さい。自分が考えているより簡単にバスが釣れちゃいますよ。ドライブクローのことはこれくらいにしまして・・・。

(写真:プロトのO.S.PJIG03とトレーラーはドライブクロー。これでキャッチした霞ヶ浦水系のグッドバス。この組み合わせは絶妙!)
258_1
感じた季節のこと

最近の亀山湖、高滝湖のことなのですが、1ヶ月前まで水温が30度以上あった時はライトリグやラバージグやテキサスなどのゆっくり誘えるものがよかったのですが、30度を切ったとたん横への反応が良くなり最近では巻物での釣果が良くなっています。

そこで最近よく使っているのが自分の中で待ちに待っていたミノー系シャッド「ハイカット」。いきなりやってくれました。

先日届いた最終サンプルをすぐに試したくなり、高滝ダムで使ってきました。

ただ巻きでのスイミングアクションも極めてナチュラルで良し。ジャークしたときのボディーをヒネリながらの鋭いダートアクションも良しとすべてを高次元でこなしてくれるのがこのハイカットだと思います。

(写真:秋を感じ始めた高滝湖。プロトの「ハイカット」でグッドサイズのバスをキャッチ!)
258_2
そしてこれからどんどんと水温が下がってくるとベイトフィッシュのレンジも下がってきますが、そうなってくるとダンクシリーズの出番です。

ディープクランクだとちょっと動きが強すぎるという場合が高滝ダムや亀山湖だとよくあるのですが、そういった状況ではクランク系シャッドが威力を発揮します。

最終的には5m前後まで自分は使うのですが、キャスティングではちょっと難しいのでドラッキングしてその層まで送り込みます。

ルアーをより潜らせるためにラインも3~4lbとちょっと細いかもしれませんがハードプラグでないと釣れない魚が多いのが秋の特徴ですね。

皆さんもこれからの秋の魚をO.S.Pプラグでガンガン釣りに行ってください。

先日、9月7日に亀山湖や高滝湖を中心としたトーナメント組織SHINZANKAI第6戦(高滝湖)に参加してきました。

仕事の都合で朝10時までの参加だったのですが、ハイピッチャー3/8ozのスローロールで1300gキャッチ、同ルアーの早引きリアクションを効かせ1000gキャッチ、困ったときのドライブクロー5gの落ちパクで700gキャッチし5位入賞することができました。

興味がある方はホームページもあるのでご覧下さい。

(写真:SINZANKAIの大会後の集合写真。皆んな楽しくでも真剣にやって、スキルアップしています。)
258_3

今年も、トーナメント漬けな日々です。

2008.07.09
7月6日に亀山湖にて行われたSINZANKAI第5回O.S.Pカップのレポートをします。

初夏の亀山湖は・・・?

今回はO.S.Pが冠ということでかなり気合が入っていたのですが、結果からいうと3本で2180gで10位という結果に終わりました。

めったに1日の釣りをレポートできることがないので、今回は詳しくレポートしたいと思います。

朝イチはトップウォーターだと思い、立ち木エリアをバジンクランクのアユカラーで流したところ2回ほどチェイスがあったのですが、バイトにはいたらずUターン。

何か違う、と思いサイレントバジンクランクの公魚Ver.IIというフェザーフックのついたモデルにしたところ1本キャッチしたのですが、キーパーギリギリだったので気合のリリース。

最近よくバジンクランクをキャストするのですが、普通のバジンクランクで出きらないときなどはフェザーフックのついたモデルに変えるとバイトすることがよくあるので是非試してみて下さい。

(写真:O.S.Pカップと言うことで俄然やる気でしたが・・・、精一杯やりきり、3本2180gでした~。)
237_1
その後、日が出きってしまったこともあり、最近結果を出してくれているゼロワンジグシリコンスカート(アイスシャッド)でのカバー撃ちに変えてすぐに1本目をキャッチ!

今日もカバーを打ちまくろうと作戦を変更し、撃ち抜いた結果2本キャッチ。しかしその後は入れ替えができず終了でした。日曜日の亀山湖は手ごわかったです・・・。

(写真:入賞できなかったので旗持ちしてみました。因に、右は・・・O.S.Pプロスタッフ折金さん)
237_2
最近結果を出してくれていると書きましたが、6月15日に行われた亀山湖ノムラボートの大会に参加したときもゼロワンジグシリコンスカート(アイスシャッド)で4本、ゼロワンジグファインラバー14g(シナモン/ブラウン)で3本キャッチし、3本3040gで優勝!!

6月25日に行われた大会ではゼロツービートで4本、ゼロワンジグシリコンスカート(アイスシャッド)で2本(キラーゴールド)で2本キャッチし、3本2060gで2位。

ラバージグというとブラックやブラウンなどの濃いカラーがよく使われますが、自分はマッチ・ザ・ベイトを意識したカラーチョイスをしています。

最近の亀山湖では表層付近に小さなベイトが多く、そのような状況ではアイスシャッドやキラーゴールドが威力を発揮します。

アイスシャッドのような薄いカラーは最初は抵抗があるかもしれませんが試してみて下さい。自分は最近アイスシャッドばっかりのような・・・。でも釣れます。

ウエイト選びも重要で、カバーに入るギリギリのウエイトじゃないとバイトがないときや、逆に14gでリアクションねらいの方がいいときなどがあるので、皆さんいろいろ試してみて下さい。

ちなみに自分はリアクション狙いの時はファインラバーモデルを使います。

自分はラバージグが大好きなのでラバージグのレポートが多くなってしまいますが、ゼロワンジグは完成されたカバージグだと思います。

それから次(?)に発売予定のゼロスリージグ(?)もかなり自分的にはいい感じに仕上がっているので期待していて下さい!

(写真:上段/ゼロワンジグシリコンスカートのアイスシャッドが効果バッチリで3本3040g!!)
(写真:下段/ゼロツービートと、ゼロワンジグを使い分け3本2060g!!)
237_3

5月の亀山湖をカバージグで攻める!

2008.05.13
今回新発売となったゼロワンジグシリコンスカートを片手に朝3時間だけ亀山ダムに行ってきました。

若干、斉藤ワールド的なこともあるのでご勘弁を。

立ち木にサスペンドしたバスにはゼロワンジグシリコンスカートがマッチ!

5月上旬の亀山ダムは、ようやく水温も15度前後となりかなりスポーニング状態になってきました。

今回狙ったバスはスポーニング真っ只中のバスではなく、プリスポーンやアフタースポーンのバスをメインにしました。

プリスポーンやアフタースポーンのバスは、ワンドのマウス付近にあるブッシュや立ち木によくサスペンドしているのでそのバスをゼロワンジグシリコンスカートで狙いました。

なぜテキサスではなくゼロワンジグを使ったかというと、テキサスだと中層で止めたときにワームがダラーンと下に垂れ下がってしまうので、ゼロワンジグの水平姿勢に近い中層での姿勢がプリスポーンやアフタースポーンのなかなか口を使わないバスに口を使わせるので、今回はゼロワンジグを使いました。

(写真:丁寧にアプローチすると、でました!ルアーはゼロワンジグのアイスシャッドです。)
218_1
自分は元々ファインラバーモデルをシリコンラバーに巻き直していました。

シリコンラバーのいいところは、ファインラバーモデルよりも強い波動が出るのと、ファインラバーにない鮮やかなカラーがあるということです。

なので自分は市販の状態よりも少しラバーをカットし、より強い波動が出るようにして使用しています。

またファインラバーモデルの方がバイトが出るときもあるので、両方のモデルを持って皆さんも試してみでください。

(写真:こんな感じに少し短くカットして使ってみました。)
218_2
今回の釣行ですごく勉強になったことは、1度テナガと言うカラーで流したあとに、あまりにもいいストレッチだったので2度目はアイスシャッドで流したところ2匹釣る事ができました。

しかもいいサイズが・・・。自分は特にラン&ガンが好きなので1度流したストレッチはよほどのことがない限り2回は流さないのですが、朝しか出来ないという事もありカラーを変えてトライしたら、1日釣りをやるときにはできない体験ができたので皆さんも少しでも時間があったらいろいろなルアーいろいろなカラーを持って釣り場に足を運んでください。

朝3時間の釣果ですが4本キャッチしそのうち3本がキロフィッシュでした!

またこれからもっともっとハイシーズンになるのですが、亀山ダムなどダム湖にみられる岩盤エリアでのカバー&ブッシュ打ちにはスナックレス&フッキング性能の優れたゼロワンジグの出番なので皆さんのガンガンカバーフィッシングでビックなバスを釣り上げてください。

(写真:一度流し終えた後のストレッチをアイスシャッドカラーで流すとバイトしてきました!)
218_3

1 / 212

profile

斉藤真也
関東
(高滝湖、亀山湖、霞ヶ浦水系)

亀山湖、高滝湖、霞ヶ浦がホームフィールド。04年NBC房総チャプター年間1位、チャプター優勝6回。ハイレベルローカル「SINZANKAI」でも年間1位獲得。10年初参戦となったJB霞ヶ浦ではいきなり年間1位獲得、16年NBCチャプター霞ヶ浦第5戦優勝と数々のタイトルを獲得。また1日フロッグを投げ倒すほどのフロッグ好きとしても有名。