Hottopics最新情報

【サイコロラバー】厳寒期の貴重な一本を獲るためのダウンショット・スラックシェイク・テクニック解説!【ルアテク道場その二十五】

2024.02.13


浦川師範代ルアテク道場その二十五は、厳寒期の貴重な一本を手にするためのテクニック「ダウンショット・スラックシェイク」をご紹介。サイコロラバーのダウンショットで消波ブロックなどのストラクチャーに着くバスを狙うテクニックを詳しく解説しています。またドライブスティックによるミドストでもグッドサイズをキャッチ。ぜひ本編をご覧ください!

■サイコロラバーNONSALT
https://www.o-s-p.net/products/dice_nonsalt/

【林晃大】琵琶湖 MUTAクラシック2023参戦ドキュメンタリー

2024.02.09


この動画では、2023年11月11-12日の2dayで開催された「2023 Muta CLASSIC」に参戦した林晃大のドキュメンタリームービーです。Mutaバスフィッシングトーナメント2023で見事総合優勝を獲得した林晃大が、クラシックでどのような釣りを展開したのか?をぜひご覧ください!

2024年3月上旬発売予定の新製品・新色をご紹介します。

2024.02.04


■ブリッツ20周年アニバーサリー
https://www.o-s-p.net/products/blitz/

■ルドラ130F(新色3カラー)
https://www.o-s-p.net/products/asura-o-s-p-rudra-130-f/

■ルドラ130SP(新色2カラー)
https://www.o-s-p.net/products/asura-o-s-p-rudra-130-sp/

■HPFクランクSPEC2(新色4カラー)
https://www.o-s-p.net/products/hpf-crank-spec2/



■ベントミノー76(新色2カラー)
https://www.o-s-p.net/products/bent-minnow-76-f/

■ベントミノー86(新色2カラー)
https://www.o-s-p.net/products/bent-minnow-86-f/

■ベントミノー106(新色3カラー)
https://www.o-s-p.net/products/bent-minnow-106-f/

■ドゥルガ F(新色3カラー)
https://www.o-s-p.net/products/durga73f/

■タイニーブリッツDR(新色3カラー)
https://www.o-s-p.net/products/tiny_blitz_dr/



■O.S.Pシステムツールバック40(新製品)
https://www.o-s-p.net/products/systemtoolbag40/



■O.S.Pツールケース3010NDM(新製品)
https://www.o-s-p.net/products/toolcase3010/

■O.S.Pロゴメッシュキャップ(新色3カラー)
https://www.o-s-p.net/products/logomeshcap/

【2月上旬出荷情報】2024年1発目!新作コラボアパレル&サイコロラバーの再入荷等々ございます!!

2024.02.03
ユーザー様及び販売店様各位

2024年の1発目の出荷になります。
まずはBassmaniaとの新作コラボアイテムがズラッと登場!!
さらにサイコロラバーが再入荷となっております!
新色・新製品・再入荷アイテムをお一つずつご紹介いたします。

新製品:O.S.P×bassmaniaリミテッドフーディ(2色4サイズ)
ドライブマニアロゴとO.S.Pロゴを各所にあしらった、ドライ素材のフーディが登場。
吸汗速乾性が高く、早く乾く優れもの。太陽からの紫外線防止にもバッチリです。
本気モードでの実釣シーンや全国各所で開催されているトーナメントに参加する時など、目立つこと間違いなし。
限定アイテムですのでお早めに!





新製品:O.S.P×bassmaniaロッドカバー(1色)
複数のロッドをまとめることができるO.S.Pロッドカバーにbassmaniaコラボカラーが登場。
幅広サイズで6〜7フィートクラスのロッドが4~6本程度収納可能。
中央部と入口部の2箇所にボディ一体型ベルトが付属。
ベルトで締めることでロッドがカバー中で遊ばない仕様になっています。
ボディーには、衝撃吸収性のある目の細かいメッシュ素材を採用。小さなガイドが飛び出してしまうストレスも軽減します。



O.S.Pロッドカバー単体使用でもOKですが、さらに安定して束ねたい場合は別売りの「O.S.P ロッドベルトL」を使用するのもオススメです。


新製品:O.S.P×bassmaniaエレキワイヤージャケット(1色)
エレキのワイヤーを保護するジャケットのbassmaniaコラボカラーが登場。
全長160cmありますので、長い場合はカットして調整可能。多くのエレキサイズに対応します。
付属の滑り止めゴムとベルト、マジックテープバンドで絞って固定して使用してください。

新製品:O.S.P×bassmaniaエレキプロップジャケット(1色)
エレキプロップジャケットのbassnamiaコラボカラー。
エレキモーターの重要な動力源がプロップを柔らかなクロロプレンゴムですっぽりカバーします。
持ち運び中や保管時に車や、車のシートを傷つけたり、周りに置いてある荷物を傷つけたりするリスクも軽減してくれる優れもので持っていて損はないアテイムです。




再入荷:O.S.Pレインカフス
表面・裏面ともにリバーシブル仕様で、スタンダードな装着も可能ですが、レインウェアのベルクロも活用する装着方法も可能。この方法で装着することでレインウェアをつたって入ってくる上部からの水を軽減。さらに袖口もレインウェアのベルクロで絞るため防水性を高めました。
雨の日もより快適な釣りをサポートするアイテムです。



再入荷:サイコロラバーNONSALT/MAXSALT
ノーシンカーでのサイトフィッシングから流行りのRDS(リアクションダウンショット)、吊るしの釣りまで幅広いリグで圧倒的な釣果を誇るサイコロラバーが再入荷。
サイコロラバーは、その見た目から虫やエビを捕食しているバスに威力を発揮するのは想像に難くないがベイトフィッシュをセレクティブに追うバスも射程圏内。
小さなシルエットながら大きな水押しを発生させ瞬間的に移動する唯一無二のテクニック「逃がし」がバスを狂わせ、多くの釣果をもたらします。



再入荷:i-Waver74SSS/F
春先にも非常に有効となるI字系の釣り。i-Waverは見切られやすいI字系の釣りを誰でも容易にできるギミックが搭載されています。
ボディ形状はバスからも釣り人からも見やすい横向きボディを採用。見やすいことで狙いたいスポットに送り込みやすくバイト率を向上。
さらにボディ中央部のジョイントが、ロッドティップのブレやリトリーブのブレ、波などによるルアー全体の上下動を極力吸収。動かすためではなく不用意な動きをさせないためのジョイントにより、自然なI字アクションを可能にしました。
また、ヘアーは特殊な化学繊維で水につけるとまるで小魚のヒレのごとく揺らめき、テールにフックのない構造とあいまってバスを強烈に反応させます。



再入荷:i-Waver60SSS/F
ダウンサイジングモデルの60mm。
ベイトフィッシュのサイズ感に合わせた使用が可能で、I字・水面放置の釣りに非常にオススメです。



※販売店様へ並ぶタイミングにつきましては各販売店様へお問い合わせください。

【林晃大】琵琶湖 MUTA BASS FISHING TOURNAMENT 2023 第4戦ドキュメンタリー

2024.01.29
この動画は、琵琶湖で開催されているトーナメント「MUTA BASS FISHING TOURNAMENT 2023」の10月に開催された第4戦のドキュメンタリームービーです。O.S.Pプロスタッフ林晃大は2日間で合計19,360gをキャッチ。1位と僅か20g差の2位となり、年間優勝を勝ち取りました。林が展開した釣りの一部始終を余すところなくお伝えしています。ぜひご覧ください。

O.S.Pプロスタッフの露出メディアをご紹介します。

2024.01.26


≪山岡計文≫

■メディア名/つり人社「バサー3月号」
特集「教えて、山岡先生!ミドスト・ホバストのフックQ&A」に登場。ミドスト・ホバストの第一人者でスペシャリストである山岡計文が、ミドスト・ホバストについて詳しく紹介しています。ぜひ本誌をご覧ください。

特集「トーナメントで暗躍したフック集」に登場。JBTOP50トーナメンターである山岡計文が、ハイプレッシャーレイクの七色ダムで圧勝した際のメインルアーMMZで使用したフックについて詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

≪折金一樹≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「つきぬけろ!オリキン もばいる」・・・2016年のH-1グランプリA.O.Yを獲得し、いまや名実ともに関東屈指のロコトーナメンターとなったオリキン。「つきぬけろ!もばいる」ではそんな彼が十代のころより出場し続けている“トーナメント”をメインテーマに、試合のメインパターン、各地のフィールド解説、お得意のルアー改造ネタなどを紹介中!毎週金曜日更新!

≪峯村祐貴≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
サイトフィッシングを武器とし、NBCチャプターや日相カップなどツワモノロコ揃いのトーナメントで圧倒的な強さを誇る相模湖マイスター。シーズナルなバスの動きを捉えたうえでのエリア展開にも定評アリ。シーズナルな情報をルアマガモバイルでお届けしております。

≪遠藤正明≫

■メディア名/コスミック出版「アングリングソルト3月号」
特集「遠藤正明流簡単ジギング」に登場。アイランドクルーズ船長でもあるO.S.Pプロスタッフ遠藤正明が、O.S.Pから新たに発売されたメタルジグ「フェイキー」と「アリーチ」について紹介しています。また誌面にはO.S.P開発スタッフ鹿目大樹も登場。ぜひ本誌をご覧ください!

2024年2月上旬発売予定の新製品・新色をご紹介します。

2024.01.04


■O.S.Pxbassmania リミテッドフーディ(新製品2カラー)
https://www.o-s-p.net/products/ltdhoodie/

■O.S.Pxbassmania ロッドカバー(新色1カラー)
https://www.o-s-p.net/products/rodcover/

■O.S.Pxbassmania エレキワイヤージャケット(新色1カラー)
https://www.o-s-p.net/products/wirejacket/

■O.S.Pxbassmania エレキプロップジャケット(新色1カラー)
https://www.o-s-p.net/products/propjacket/

【オーバーライド】メタルバイブ・オーバーライドで冬の霞ヶ浦攻略!【北田朋也】

2023.12.30


冬の貴重な一本を手にするためにキーとなるルアーのひとつ「メタルバイブ」。O.S.Pのオーバーライドは年々タフ化する霞ヶ浦水系でも威力を発揮するメタルバイブです。この動画では霞ヶ浦のおかっぱりで活躍するO.S.Pプロスタッフ北田朋也が、オーバーライドの使い方をご紹介しています。適したウェイトや攻め方などすぐに役立つ情報満載のムービーです。ぜひご参考ください!

■オーバーライド
https://www.o-s-p.net/products/over-ride/

【12月下旬出荷情報】今年最後!冬に使いたい新色プラグ多数登場いたします!

2023.12.28
ユーザー様及び販売店様各位

あっという間に年末。
2023年ラストの出荷となります。
皆さん今年の釣り納めは済みましたでしょうか?
O.S.Pは、今年も皆さんに支えられ無事1年を乗り切ることができました。
本当にありがとうございました!
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

それでは皆さん、2024年も楽しく健康な釣りLIFEを!
そして記憶に残る素晴らしい魚と出会えますように!
よいお年をお過ごしください!!

新色:VARUNA SP(3色)
冬の釣りの定番「サスペンドミノー」。110mmという喰わせと寄せを両立したベストなサイズ感で使用頻度の高いVARUNA SPに新色が登場。
「リアルオイカワVer.3」リアルプリントにシルバーのホロでアピール力もプラスしたカラー。
「旨ワカサギ」HFワカサギとクリア公魚の中間的なカラー。アピールと喰わせを両立した欲張りカラーです。
「マットHF寒ワカサギ」冬の透き通った水色に馴染むカラーとして登場。冬のサスペンドミノーにはピッタリの1色です。


新色:ASURA SP(3色)
9cmサイズでいつでもどこでも使い易いサイズ。大きすぎないシルエットながら3フック搭載でフッキング率も抜群。
ジャークやトゥイッチはもちろん、ただ巻きでもナチュラルな泳ぎを見せてくれます。
新色はVARUNA SPと同じ3色になります。


新色:I-WAVER 74 SSS(1色)
冬~春のワカサギパターンにも欠かせないI字系プラグ。
I-WAVERのジョイントは動かすためでなく、不自然な動きを吸収し、誰でも簡単にI字引きをできるようにするための機構。
難しいイメージのあるI字の釣りですがI-WAVERなら誰でも簡単に使いこなすことが可能です。
加わる新色は「旨ワカサギ」。
クリアレイク等でも使い易く、寄せと喰わせを両立したI-WAVERにもうってつけの一色です。


新色:VARUNA SW SP(2色)
サワラやシーバス、その他青物にも対応したミノープラグ。
RUDRAよりも1回り小さいサイズで、ベイトサイズが小さい時に有効。また、レンジが入りやすいのでベイト等が一段深い時にも有効になります。
加わる新色は、「アイクルGLOWダブルチャート」「アイクルクリアレッドコノシロ」の2色。アイランドクルーズ遠藤正明船長監修の2色。
腹と背中にGLOWを吹いたアピール力抜群の1色と、弱ったベイトを模したデイゲームで高い効果を発揮する1色になります。



※店頭に並びますタイミングにおきましては各販売店様へお問い合わせください。

【林晃大】琵琶湖 MUTA BASS FISHING TOURNAMENT 2023 第3戦ドキュメンタリー

2023.12.21


この動画は、琵琶湖で開催されているトーナメント「MUTA BASS FISHING TOURNAMENT 2023」の9月に開催された第2戦のドキュメンタリームービーです。O.S.Pプロスタッフ林晃大は2日間で合計18,470gをキャッチし、3位に入賞しました。林が展開した釣りの一部始終を余すところなくお伝えしています。ぜひご覧ください。