• トップ  ページ
  • STAFF
  • 今年の琵琶湖南湖はミノージャークの当たり年と言っても過言ではないと思います。それは・・・

今年の琵琶湖南湖はミノージャークの当たり年と言っても過言ではないと思います。それは・・・

こんにちは、琵琶湖のおくむらさとしです。

今年の琵琶湖南湖は、ミノージャークの当たり年と言っても過言ではないと思います。

(琵琶湖ガイド中でのゲスト様)
5

というのも、まずはベイトフィッシュの存在です。まずはコアユ。

琵琶湖を代表する魚ですが、この量が半端なく、そして、そのコアユを追うハスもまた多くいます。

さらにはここ数年、「アレ?いなくなったの?」なんて思うくらいアタリの少なかったブルーギルが、それこそ沸いているんじゃないの?と錯覚するくらい大量にいます。

そんなベイトフィッシュが沢山いることによって、バスの目線が上に向きやすくなり、ミノージャークへの反応が良くなっているのです。

1
2

さらに付け加えるなら、例年以上に大繁殖したウィードの存在も大きいです。

というのも、ウィードの大繁殖でスポットとしての狙いどころがボヤけてしまうために、広いエリアをカバーできるミノージャークは強い味方になってくれます。

(ゲスト様もこの釣りで良い思いされております)4

使用するミノーは「ルドラSP」と「ヴァルナSP」です。

どちらもウィードからバスを浮かせて喰わせる能力はピカイチです。

誘い方は、強く鋭いジャークをするのではなく、「トントン」と叩くようなクイックなジャークをおススメします。

トゥィッチって言ってもいいくらいのアクションですね。

「ルドラ」と「ヴァルナ」との使い分けですが、コアユを追うハスがたくさん見れるときは「ヴァルナ」が、ギルが水面近くを泳いでいるようなら「ルドラ」ですね。

またウィードと水面との距離で使い分けるのもアリですね。

「ヴァルナ」のほうが浅く、「ルドラ」のほうが深いです。

最後に、よりミノージャークが効果的な条件として、「放水量UP」ってのがあります。

琵琶湖は水位を調整している湖なのですが、その調整で、放水量が増えたときには流れが発生し、その流れによって、ベイトフィッシュ達がウィードから出てくるので、そのタイミングを逃さず「ヴァルナ」や「ルドラ」をジャークしてくださいね。
おくむらさとし琵琶湖ガイド3

関連商品