• トップ  ページ
  • STAFF
  • 今年の11月ですがここ数年で1、2を争うくらいにルドラSPが効果的なシーズンとなっています。

今年の11月ですがここ数年で1、2を争うくらいにルドラSPが効果的なシーズンとなっています。

こんにちは、琵琶湖のおくむらさとしです。

1年を通じて琵琶湖南湖で安定した釣果を得ることができる「ルドラSP」ですが、私的には早春と肩を並べるくらいに11月から12月の晩秋で必要不可欠になります。

2

使い方としては、勝手に「ゆるゆるジャーク」なんて呼び方をしていますが、早い話がトゥィッチを行い、ルドラがその場で「ヒラッヒラッ」とヒラを打つように動かします。

すると、ルドラよりも下層にいるバスが浮いてきて喰う!そんなイメージです。

ですので、とにもかくにも大きなロッドワークは必要なく、ゆるゆるとジャークすることが大事となります。

で、今年の11月ですがここ数年で1、2を争うくらいにルドラSPが効果的なシーズンとなっています。

というのも、今秋はヒウオ(鮎の幼魚)の量が多く、すでに11月上旬には南湖中にヒウオの姿を見ることができ、そのヒウオを追う小型のバスやブルーギル、そして、ハスの姿をたくさん見ることができます。

実は、大きなバス達はそのヒウオを追う小型のバスやブルーギルやハスを捕食していて、そんな魚達と同じくらいの大きさのルアーに良く反応してくれるのです。

さらに言うと11月は水温低下で水がクリアアップしやすいシーズンなので、ミノープラグが効果的になるのです。

というワケで、ボディサイズとミノープラグの有効性から、現在私のガイドではメインパターンの1つになっているルドラSPです。

1

放射冷却で冷え込んだ無風の朝イチや、吹いていた風がピタッと止んだ夕方には、浮いてきたヒウオを追うバスを狙って、必ずと言っていいほどキャストしています。

今秋は水温が例年よりも3度ほど高いので、上手くいくと12月中頃までルドラSPで釣れる可能性がありますよ。

3

関連商品