O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >春に近づいていく日々ですが・・・

春に近づいていく日々ですが・・・

2014.02.03
こんにちは、川村です。大寒を超え、日も長くなってきました。これからは春に近づいていく日々です。とはいっても、今の釣りはまさに真冬で、甘くないどころか激しくキビシイ!それでもフィールドに通っていると、見えてくるものがあるんです。先日の釣行では、ちょっとした発見がありました。

サスペンドではなく、浮かす
毎年真冬の釣りでは、サスペンドシャッドのストップ&ゴーでバスを手にしていたのは、このコーナーでも度々紹介しています。

この冬もその釣り方で釣ってはいたのですが・・・「さすがにスレてきた気がする!」。

僕が冬に通うフィールドは冬でも人気で、今やシャッド激戦区。そうなると、同じ釣り方で一人勝ちするのは難しい。

冬シャッドの使い方は大別して「ただ巻き派」と「ストップ&ゴー派」に分かれます。

昨年まではサスペンドシャッドのポーズで食わせる方法に、明らかなアドバンテージがあることを実感していたのですが、同じ釣りをやる人が増えたことで、止めたときに見切るバスが増えたのか?ただ巻き派との差が微妙な感じに・・・。

そこでふと思いついたのが、かつて真冬に多用していたフローティングダンクのストップ&ゴー、通称「浮かせ釣り」です。

止めたときに浮上することで、常に動き続けるため見切られにくくなるのでは?それでいて、ただ巻きよりは移動距離が抑えられるので、動きの鈍い冬バスでも追いやすいハズ・・・と。

先日、ノーバイトのまま夕暮れを迎え、ラストスポットでフローティングダンクにチェンジして浮かせ釣りを試すと、これがなんとすぐにヒット!浮上中に食ってきました。

翌日、浮かせ釣りオンリーで1日通してみると4本キャッチ。真冬の霞水系では上等な釣果です。

しかも、この日の周りの釣果は0~1本だったので、この日だけで見れば一人勝ちだったことと、すべてのバイトが浮上中だったことがひとつの正解であったことを感じさせました。

(写真上:ダンクの浮かせ釣りでキャッチ!)
(写真下:同じくダンクの浮かせ釣りでキャッチしたバス。その有効性を感じた釣果でした。)

浮かせ釣りのやり方をご紹介!
フローティングシャッドを使ってのストップ&ゴーですが、急潜行とクイックな浮かせを繰り返せる「ダンクF」がベストです。

急潜行であることは引いた時に下方向へ向かうことで手前への移動距離を抑え、クイックな浮かせはリアクション効果が期待できます。

ストップ&ゴーの刻み方は状況にもよりますが、50~70cmくらい泳がせたら2秒くらい止めて浮かせることが多いです。

浮上中に食っていれば、次の引き始めに「グッ・グッ・グッ」と生命感を感じたり、真冬らしく、枝でも引っ掛けたかのように動かないバスもいたり。

サスペンドシャッドだけが低水温期のシャッドではない。

シャッドフィッシングのひとつのコマとして、試していただければと思います。


さて、話は変わって・・・
地球丸さんより昨年の秋、密かに?収録していたDVDがリリースとなりました。

ロッド&リール誌で熱戦を繰り広げたライバル、金森隆志との対戦企画「岸釣りタイマンバトル」の映像版です。

お互いイコールコンディションとなるアウェイなフィールド、徳島県の桑野川を舞台に、前日プラクティスから本戦までをカメラが密着!

自分で見て、唸りました。金森隆志のビッグバスを捉える嗅覚、考え方、洞察力、釣り方すべてに・・・自分が同じ場にいたからこそ、正直ショックを受けましたね。

ビッグバスフィールドである桑野川の「MAX級を超える超MAX」にたどり着いてしまうあたり、常人離れしているとしか言いようがありません!

もちろん自分も「いつもの釣りでは勝てないフィールドであり相手」と、自分超えを目指したスタイルにトライしました。

そして、これまでの自分のスタイルでは釣れなかったであろうバスを捉えることに成功しています。

勝つのはどちらか?そして結果だけでは計れない、お互いの展開のすべてがこの1本のDVDに詰まっています。是非見て欲しいですね!

(写真:タイマンバトルを終えてのヒトコマ。勝負中はピリピリですが、終わってしまえば和やかムード(笑))
(写真:2/8(土)の大阪フィッシングショーでは9:00よりダイワブースにてサイン入りBOXをプレゼント!2/9(日)に来る方は並木さんのサイン入りBOXです!早いもの勝ちですよ~!)

profile

川村光大郎
関東
(各フィールド)

何にも縛られることなく純粋にバスフィッシングを楽しむ行動派アングラー。持ち前の探究心と向上心であらゆるルアーを使いこなし、フィールドで培った鋭い感性を武器に様々なフィールドに挑み続けている。初代陸王、オカッパリオールスター優勝2回、10年WBSスーパー3DAYS優勝。雑誌、DVD「陸魂」「ホリデイアングル」、携帯サイト「ルアマガモバイル」など幅広いメディアで活躍中。