O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

真夏の8月

2011.09.07
みなさんこんにちは。

マッディーフィールドではアオコ発生や30度を超える水温と、厳しい条件が重なる季節ですが・・・。

先日、東北のマッディーフィールド八郎潟に行ってきました!

8月の八郎潟

思った通り気温・水温共に上昇して8月ならではの厳しい状況でした。

そして、お約束の水面には抹茶のようなアオコがびっしりと浮いており、さすがに釣る自信を無くしてしまいそうでしたが。

そして今回の釣行では2種類のルアーだけに絞って釣るというお題を自分に課せたのでした!

そのルアーとは、八郎潟で最強に釣れるオススメルアーでもある「ドライブスティック6”」と「トップウォーター系のルアーだけ」にこだわってみました。

もちろんクランクベイトやスピナーベイトを使った釣りも十分に展開できるのですが、今回はインパクトがあるルアーを使ってみたかったんですね~(笑)

と言う訳で、潜る巻物系のルアーは一切使わずの釣行です!

しかしながら当日は風が強く、水面はザブザブ状態。。。

多少の波ならトップウォータープラグでも問題ありませんでしたが、多少の波どころではありません・・・。

白波が立ってしまったら残念ながらトップウォーター系の釣りは弱くなってしまいます。

それでも諦めきれずに大好きなダイバジン・ヘビーヒッターを投げまくりましたが、さすがに今回の状況では1発も出る事は無かったです。。。

では、残るルアーはドライブスティック6”です!

このルアーは色々なリグ・シチュエーションで使用できるワームですが、メインに考えていたリップラップでの使用は風が強くエレキで流すのも辛い状況・・・。

これにはお手上げ。。。 こんな日に来てしまった自分を恨むしかありません(笑) 仕方なく風裏となる流入河川に直行。。。
川の両岸には僕の大好きなアシが生い茂っています!

622_1
もちろん狙いはアシ際に付いているバスを直撃です! リグは軽めのテキサスリグ5gをセット。

かなり丁寧に細かくチェックしていったのですが・・・何故か?? 1バイトも無く時間は無情にも過ぎていくばかり・・・。

水深が1m前後と比較的浅い為、もっとバスにじっくりとワームを見せてバイトに持ち込む作戦に。 そこで今度はノーシンカーリグにセット。

ドライブスティックの最大の特徴でもあり、他のワームでは真似の出来ない”あの動き”を最大限に引き出すリグですね。。。

テールをフリフリしながらフォールしていく動きには、アオコや高水温でやる気が無いバスにも強制的にスイッチを入れる事が果たして可能か?? 答えはすぐに出ましたね~。

622_2
やはりバスは居るけど口を使わなかっただけのようです。

それもバイトしてくるサイズはどれもグッドサイズばかり! 今までの沈黙が嘘のような、ロッドを持つ手首が変に曲がる?? ほどの強烈なバイトに襲われます(笑)

一般的なアシ撃ちではテキサスリグやラバージグで釣る訳ですが、ドライブスティックのノーシンカーは知る人ぞ知るアシ撃ち裏メソッドです。。。

其の壱、比重が重いのでピッチング&フリッピングが簡単に出来る事
其の弐、フォールのアピール力が高い
其の参、スティック形状ボディーなのでアシのポケット・隙間にねじ込みやすい

こんな理由がありますが、まずは是非ともお試し頂きたいですね!

特にタフッた時には絶大な威力を発揮してくれる事間違い無しですからね~。

622_3

profile

鈴木隆之
東北 中部
(桧原湖、野尻湖)

09年チャプター福島第2戦優勝、11年チャプター山形第2戦優勝、13年JB桧原湖第1戦優勝と勝てる強さを持ち、12年には抜群の安定感で念願のJB桧原湖年間1位も獲得した桧原湖マイスター。携帯サイト「ルアマガモバイル」にて、裏磐梯情報を発信中。