O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >真冬は広く手早く探れるオーバーライドで決まり!!

真冬は広く手早く探れるオーバーライドで決まり!!

2019.02.15
皆さんこんにちは。
P回釣こと高知の植田です。

今回は冬のリアクションの釣りオーバーライドを紹介させて頂きます。

一年の中で最も水温、活性の下がる時期がやってきました。
そんな中ボートでの釣行。バックシートで女性に釣ってもらうことに!!

ダウンショットなどのワームを使った釣り方も良いのですが、オーバーライドの方が広く手早く探れるメリットがあるのでオーバーライド3/16oz(シルバーミラーシャッド)を使ったスピニングタックルをチョイス。

水深3メートルから8メートル位までをリフト&フォールでサーチしてもらいました。(リフトの幅は約30センチ位)
すると私より先にバイト!!

水深3メートル位の岩盤でキャッチ!!


次はワンドの中の水深6メートル位でキャッチ!!


私も水深3メートル位のガレ場でキャッチ!!(私はオーバーライド1/4ozメタルハス)


暖かい高知県でもこの時期になると水温も朝一は6℃台迄下がります。そんな中、女性も2匹キャッチ!オーバーライド3/16ozオススメですよ!!
もちろんオカッパリでのテトラの穴打ちなどもオススメです。

全国のアングラーの皆さんも釣りデートでオーバーライドチャレンジしてみて下さい!!

profile

植田誠寛
四国
(旧吉野川水系)

四国内のフィールドで開催されるJBNBCトーナメントに参戦。2011年JBII四国で年間1位を獲得し、JB戦・チャプター戦では優勝2回、入賞多数。常に上位につける安定したゲーム展開でありながら、近年では得意のカバーとサイトフィッシングを磨き上げ、勝てる魅力を備えた期待のアングラー。