O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >五三川にて活動中のフィールドスタッフ青山右京が毎年爆発的釣果をたたき出すドライブスティックのライトテキサスリグをレポートにてご紹介しております。

五三川にて活動中のフィールドスタッフ青山右京が毎年爆発的釣果をたたき出すドライブスティックのライトテキサスリグをレポートにてご紹介しております。

2019.10.18
こんにちは!フィールドスタッフの青山右京です。

最近の五三川でハマりにハマっている釣り方がドライブスティック3.5インチのライトテキサスです。水温も下がりバス達が活発に動くようになりました。 そこで効果的なのでドライブスティック3.5インチ。
ドライブスティックは3インチ.3.5インチ.4.5インチ.6インチと4サイズあるのですがこの3.5インチが一番サイズ感がベストです。
五三川のメインベイトは甲殻類はもちろん、イナッコを捕食しています。
特にこの時期の秋はベイトを追い回しボイルなど起きやすくなりますし水温が下がると魚達は沖に散る傾向になります。このドライブスティック3.5インチの使い方ですが2.7g〜3.5gの軽めのシンカーを使用します。

この使い方の一番のキーがペグなしにする事です。(シンカーストッパー無し)
シンカーをフリーにする事がキモになってきます。こうする事でリアクションの釣りと喰わせの釣りが出来るんです。アクションの仕方はロッドをパッパンっとシャクってあげるとベイトが逃げ惑うように素早いルアーの動きになります。そしてシンカーがボトムに着底してからはルアーがノーシンカー状態になります。

フォール中はノーシンカー状態の為、フワフワと落ちていき、喰わせの間を作ることができます。

なぜドライブスティックを使用するかと言うとドライブスティックはノーシンカー状態になるとボディをロールさせながらテールが水を噛み、まさにベイトフィッシュが泳いでいる姿かのように自発的アクションを起こしてくれるからです。

この釣りで狙うエリアは基本沖のブレイクです。
広範囲に散ったバス達にものすごく反応があります。

タックルですがMLクラスのロッドにラインがフロロ 12lbで使っています。ドライブスティック3.5インチに合わせているフックがインフィニ1/0。


是非、このリグを試して秋の五三川バスを捕獲してみてください!!!

profile

青山右京

(五三川)

岐阜県の五三川をメインに地元野池や河川をおかっぱりで釣り歩く。ストロングスタイルのカバーゲームが信条で、01ジグやドライブシャッドがフェイバリット。日々、時間があればフィールドに行きバスフィッシングを追求する、将来有望な若手アングラー