O.S.P,Inc.

Hottopics最新情報

トップページ最新情報 > メディア情報

並木流 リザーバー必釣パターン大公開!! Osprey’sEYE#45ダイジェスト

2020.08.31


並木敏成が関東のメジャーレイク、神奈川県津久井湖に挑む!並木と津久井湖を知り尽くしたプロガイド、金井俊介が様々なルアーで釣果をあげていきます!ぜひご覧ください!

この動画は、釣りビジョンOsprey’s EYE#45「BUDDYと快釣!?梅雨の神奈川県津久井湖」のダイジェストムービーです。

https://www.fishing-v.jp/program/program_data.php?pcd=0214010

O.S.Pプロスタッフの登場メディアをご紹介します

2020.08.28
≪並木敏成≫

■メディア名/内外出版「ルアーマガジン10月号」
特集「達人の時短ローテ」に登場。ルアーをはじめ様々なローテーションを素早くこなすことが釣果への近道!この特集では並木がどのような考えをもとに行動し、ローテーションを組み立てているのかが詳しく紹介されています。ぜひ本誌をご覧ください!

■メディア名/釣りビジョン「オスプレイズアイ#46」
「ビッグバスレイクをBUDDYと攻略!真夏の奈良県津風呂湖」
T.NAMIKIこと並木敏成が貪欲なプレイスタイルで各地のバスフィールドを徹底解析する『オスプレイズアイ』。今回の舞台は奈良県のレンタルボートレイク、津風呂湖。DAY1はトーナメント界の新星、阿部貴樹との共同作業、DAY2は並木単独での全力釣行。あらゆるパターンを試し、真夏のリザーバーを攻略していく。

≪折金一樹≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「つきぬけろ!オリキン もばいる」・・・2016年のH-1グランプリA.O.Yを獲得し、いまや名実ともに関東屈指のロコトーナメンターとなったオリキン。「つきぬけろ!もばいる」ではそんな彼が十代のころより出場し続けている“トーナメント”をメインテーマに、試合のメインパターン、各地のフィールド解説、お得意のルアー改造ネタなどを紹介中!毎週金曜日更新!

≪今井新≫

■メディア名/つり人社「バサー10月号」
8月に開催された2020年W.B.S.プロトーナメントシリーズ第1戦の紹介記事に登場。今井は5匹4,785gで見事優勝を勝ち取った。大会の状況やウイニングルアーを解説しています。是非ご覧ください!

≪阿部貴樹≫

■メディア名/内外出版「ルアーマガジン10月号」
「プロフェッショナルTHE魚探師の水中哲学」に登場。新時代のコールアップと呼ばれるメソッドを詳しく解説。魚探をいかに使いこなし釣果を得るかを紹介しています。ぜひ本誌をご覧ください。

■メディア名/釣りビジョン「オスプレイズアイ#46」
「ビッグバスレイクをBUDDYと攻略!真夏の奈良県津風呂湖」
T.NAMIKIこと並木敏成が貪欲なプレイスタイルで各地のバスフィールドを徹底解析する『オスプレイズアイ』。今回の舞台は奈良県のレンタルボートレイク、津風呂湖。DAY1はトーナメント界の新星、阿部貴樹との共同作業、DAY2は並木単独での全力釣行。あらゆるパターンを試し、真夏のリザーバーを攻略していく。

≪浦川正則≫

■メディア名/内外出版「ルアーマガジン10月号」
特集「おかっぱりでも最高に使える3mダイブクランキング」と題してO.S.Pのニューアイテム・ブリッツDRによる実釣の様子が紹介されています。ルアーの使い方をはじめ、ねらいどころなど詳しく解説!ぜひ本誌をご覧ください。

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス10月号」
連載「諸国漫遊 釣り行脚」にゲストとして登場。「クランクベイトのだしどころ」と題して、秋に向けたクランクベイトの使い方をくわしく解説。ぜひご覧ください!

≪本田賢一郎≫

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス10月号」
連載「諸国漫遊 釣り行脚」にナビゲーターとして登場。今回のゲストは旧吉野川水系をホームに活躍するO.S.Pプロスタッフ浦川正則。「クランクベイトのだしどころ」と題して、秋に向けたクランクベイトの使い方をくわしく解説。ぜひご覧ください!

≪見上祥太≫

■メディア名/マガジン大地「キャンプカーマガジンVol.81」
南九州で活躍しつつキャンピングカーのカスタムを手掛けるプロスタッフ見上祥太が、キャンプと釣りを融合した楽しみ方を誌面でご紹介しています。ぜひご覧ください!

≪寺沢庸二≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
今月から相模湖の情報発信を担当することとなった寺沢庸二が登場。NBCチャプター東京相模湖・津久井湖戦で通算7回優勝、2016年の年間総合優勝を含め計4度ものAOYを獲得している寺沢が、シーズナルな情報をルアマガモバイルでお届けしております。

≪鈴木隆之≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「T’s 裏磐梯ノート。」・・・2012、2014年とJB桧原湖年間チャンピオンを獲得! 現在はJBトップ50、JBマスターズシリーズで活躍中。無類の勝負好きで、豊富なトーナメント参戦経験を持つ鈴木プロが、毎週桧原湖スモールの攻略法を紹介!毎週火曜日更新!

≪山添大介≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「沼人生活のススメ」…印旛沼に誰よりも多く船を出し、その努力の甲斐あってNAB21やNBCなどの印旛沼トーナメントで数多くの優勝や年間タイトルを獲得してきた真の沼人。低水温期でも足繁くフィールドに通い、多数のビッグバスをキャッチするなどシーズンを問わない実力派ロコアングラーだ。そんな沼人、山添大介さんによる最新の印旛沼攻略情報を毎週金曜日にお届けしております!!

O.S.Pソルト素人社員がバスタックルで最近話題の「東京湾チニング」に迫る!!今回は超ベテランな特別ゲストも参戦!?

2020.08.27


普段はバスばかりで海はさっぱりなO.S.P従業員が挑む、素人ソルトシリーズも今回で第三弾!! 今回は今話題沸騰中の東京湾チニングをO.S.Pプロスタッフ遠藤正明プロが営む「アイランドクルーズ」から出船しチャレンジしてきました!!更に今回は超ベテランの特別ゲストも緊急参戦!? 果たして今回はどんな結末が・・・・・・??? つづきは本編をご覧ください!

ピクロ68F使い方解説ムービー

2020.08.26


ピクピクローリングアクションの小型ミノー「ピクロ68F」の使い方や出しどころを開発担当のO.S.P麻生雅之が実釣を交えて解説しています。基本的なアクションからタックルなど、この動画を見ればピクロのすべてがわかる!ぜひご覧ください!

■ピクロ68F
https://www.o-s-p.net/products/picro68f/

【西湖ラブリー#3】夏の増水西湖を釣りまくる!トップウォーター&スモラバ使い分け術 by 林晃大

2020.08.26


西湖のボートフィッシングをより楽しんでもらうために、O.S.Pプロスタッフ林晃大がお届けする西湖の実釣動画「西湖ラブリー」第3回は増水した西湖!岸際が水没し日頃お目にかかれないブッシュやカバーが点在するなか、トップウォーターやスモラバでグッドサイズをキャッチしていきます。いまの西湖だからこそ楽しめる釣り方をご紹介しています。ぜひ西湖での釣りの参考にしてください。

■ヤマトJr.SPEC2
https://www.o-s-p.net/products/yamato-jr-spec2/

■JIG05タッガー
https://www.o-s-p.net/products/tugger/

おかっぱりで炸裂!ドライブビーバー・フリーリグ【チョッパー in 高山ダム】

2020.08.25


ギュンギュンバサロアクションで、いまやフリーリグには欠かせない存在となったドライブビーバー。O.S.Pプロスタッフのチョッパーが、奈良県高山ダムのおかっぱりでドライブビーバーのフリーリグにてグッドサイズをキャッチ!チョッパーおすすめのシンカーウエイトや狙うポイントなどを解説しています。ぜひご覧ください。

■ドライブビーバー
https://www.o-s-p.net/products/dolivebeaver/

【O.S.P動画】琵琶湖シークレットパターン公開!モンスター炸裂/攻めの喰わせ法 TUGGER+SSギル2″【三宅貴浩】

2020.08.23


琵琶湖で活躍するO.S.Pプロスタッフ三宅貴浩がシークレットパターンを大公開!カバースモラバ・JIG05タッガーにドライブSSギル2インチをセットしたリグでビッグフィッシュをキャッチ!動画ではリグの使い方をくわしく解説しています。ぜひご覧ください!

■JIG05タッガー
https://www.o-s-p.net/products/tugger/

■ドライブSSギル
https://www.o-s-p.net/products/dolivessgill/

【釣りビジョン】Osprey’s EYE 46 ビッグバスレイクをBUDDYと攻略!真夏の奈良県津風呂湖

2020.08.21
T.NAMIKIこと並木敏成が貪欲なプレイスタイルで各地のバスフィールドを徹底解析する『オスプレイズアイ』。今回の舞台は奈良県のレンタルボートレイク、津風呂湖。DAY1はトーナメント界の新星、阿部貴樹との共同作業、DAY2は並木単独での全力釣行。あらゆるパターンを試し、真夏のリザーバーを攻略していく。



初回放送:2020年8月30日(日)
出演者:並木敏成・阿部貴樹
ロケ地:奈良県 津風呂湖(津風呂ダム)

放映スケジュールはこちら

https://www.fishing-v.jp/program/program_data.php?pcd=0214320

ドリッピーだから獲れるクオリティーフィッシュ連発劇場【北田朋也×霞ヶ浦水系】

2020.08.20


霞水系おかっぱりで活躍するO.S.Pプロスタッフ北田朋也が、新作ルアー「ドリッピー」の実釣解説しています。霞水系ならではのドリッピーの使い方をくわしくご紹介!ぜひご覧ください!

■ドリッピー
https://www.o-s-p.net/products/drippy/

バスタックルで手軽に楽しめる!ドライブクロー3″で東京湾ボトムチニング!!

2020.08.20
皆さんこんにちは、O.S.P営業部の城島です。
前回のサバ・タチウオ釣行に引き続き、普段はバス釣りばっかりでソルトはほとんどやらないO.S.P社員が、バスタックルを持って、東京湾へ行って参りました!

今回狙う魚種は、チヌ(クロダイ)とキビレです!最近、東京湾で密かに盛り上がりを見せている、ボトムチニングなるものを体験してきました!!
今回もお世話になる船宿は、O.S.Pプロスタッフ遠藤正明プロが営む「アイランドクルーズ」さんです。

そもそも、ボトムチニングとはどういった釣り方なのか?
基本的に使うルアーとしては、2″~4″程度のホッグ系・クロー系ワームを使用します。
リグは、リーダーレスダウンショット・フリーリグ・テキサスリグ等で、シンカーは潮の流れがあるので7g~28gを使用します。
水深は、1m~6m程の浅場。一度ルアーをボトムに着底させた後、ボトムバンピングやズル引きでアクションを加えていきます。
使うタックルは、スピニングロッドでもベイトロッドでも、どちらでもOK!レングスは6ft後半から7ftくらいのMH~Hアクション。リールはスピニングなら2500番。ラインは、メインラインがPE1号~1.5号、リーダーがフロロカーボンライン14lb~16lb。PEラインを使わず、フロロカーボンラインのみでもOK!太さは同じく14lb~16lb。今回の釣行でもオールフロロカーボンラインのタックルでしっかり釣果が出ています。

ボトムチニングは、バスタックルで十分楽しむことができます。
スピニングであれば、普段使用しているパワーフィネスタックル。ベイトであれば、普段カバー撃ちやフットボールの釣りに使用しているタックルをそのまま持っていけばOK!
リグも、普段バス釣りで使用するシンカーよりも少し重いウエイトのシンカーさえあれば、釣り方としてはバス釣りにとても似ているので、誰でも簡単に入っていくことができると思います。



この日の釣行は、午後便の13時出船。遠藤船長いわく、潮回りとしてはいい日とのこと。
社員一同期待を膨らませ、いざ出船。

30分ほど船を走らせ、着いたポイントは多摩川の河口付近。
この日狙うレンジは浅くて1.8m、深くて3.6m。
風が強く、潮もまぁまぁ速く釣り難い状況でした。



この日メインで使用するルアーはドライブクロー3″のソルトカラー!ドライブクローは、現在7色のソルトカラーがラインアップされています。2″・3″・4″にソルトカラーがあり、どのインチもボトムチニングで使用可能なサイズになっていますが、今回は3″を使用していきます。

ポイントに到着。風があり潮が速い為、シーアンカーを下ろし船を流しながら釣りをしていきます。
この日は、リーダーレスダウンショット・フリーリグ・テキサスリグを使用し、シンカーは21g~27gで攻めていきます。
まず初めに釣り上げたのは、船長の遠藤プロ!


ナイスサイズのキビレ!!ドライブクロー3″(カモ)

その後も、キビレを中心にドライブクロー3″で釣果があがります!






サイズは小さいですが、チヌ(クロダイ)も一枚あがりました。


マゴチも釣れました。

アタリは、「ゴンッ!」や「ゴゴゴンッ!」といった明確な強いアタリ。
クロダイの硬い口に確実にかける為、強めにあわせます。
この日は、アタリがあってもワームのボディまでくわえてなく、フッキングしないことも多かったです。
遠藤船長いわく、誘い方が速かったりするとしっかりバイトしてこない為、少しアクションをゆっくりにすると良いとのことでした。
この日だけでも、誘い方や通すコースの違いによって明らかに釣果に差が出ました。

また、カラーもこの日は、カモと根魚レッドがダントツに反応が良く、オレンジなどの派手系や、少し透けるような色は反応が悪かったです。
日によって、良いアクション・カラー・リグがあり手軽にできるものの、とても奥が深い釣りだと実感できました!





この日は、ドライブホッグで一枚キビレが釣れ、それ以外は全てドライブクロー3″のみで楽しむことができました。
約5時間程の釣行で、キビレが約15枚、チヌが1枚、マゴチが2匹といった満足の釣果があげられました。 クロダイは引きも非常に強く、大きくなると40cmを超える為とてもエキサイティングです。
釣り方も、非常にバス釣りに近い感覚で手軽にできる為、皆さんも是非一度、ドライブクローのソルトカラーを持って、ボトムチニングゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか?

この釣行の模様は、YOUTUBEのO.S.Pチャンネルにて近日公開される予定です!
実はこの日竿頭だった、スペシャルゲストがいます!!一体誰なのか…
動画をお楽しみに!!

撮影協力
船宿:アイランドクルーズ
〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下3丁目6-19
お問い合わせ・ご予約:090-1120-1100