O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >急激な冷え込みのタイミングで炸裂!?ハイピッチャーMAX&ジグ06スリッパーで野池を攻略!!

急激な冷え込みのタイミングで炸裂!?ハイピッチャーMAX&ジグ06スリッパーで野池を攻略!!

2019.12.12
今年の岡山は比較的暖かい気候が続いてる中で、朝の気温4℃、放射冷却も伴いようやくグンと冷え込んだタイミングで野池に行ってきました。

経験上「安定からの寒波」は釣れる、この時を待ってましたって感じで、朝からハイピッチャーMAXで連発の連発!





今回の肝は、フラットエリアのストラクチャー周りをハイピッチャーMAX1/2ozTWの「寄せのアピール力、喰わせのアクション」で、なるべく岸よりの水面から水深1mまでの層を、丁寧に巻いてアプローチする事。

また日中、風が強く吹き始めた時には少し深いレンジのウィンディーサイドにテンポ良くハイピッチャーMAX3/4ozDWを投入するのも好反応でした!



トレーラーにドライブスティック3.5″を組み合わせることで、スピナーベイトのスピード感を損なわずにベイトチックに演出できるのでオススメです。

ここから更なるBIGバスを狙い、投げづらいような複雑なレイダウンや、カバー、ブッシュを攻める為にルアーローテーションしたのは、ジグ06スリッパー!

ジグ06スリッパーの3/8oz(テイスティシャッド)+ドライブシャッド4.5″(ネオンワカサギ)をchoice!
ハイピッチャーMAXでバイトが多発していたので、ボリューム感を上げるイメージでドライブシャッド4.5″を組み合わせてみました。

そしてフィールドの一番ゴージャスなレイダウンをスキッピングで奥まで狙うと、一番奥でバイト炸裂!!!
巻き始めからすぐに、ナチュラルオートフッキングでビッグバスが応えてくれました。





ジグ06スリッパー3/8oz+ドライブシャッドの組み合わせは、言うこと無しで完璧ですね!!
スキッピングもしやすく、根掛かりしないのでより攻めれる、釣れるスパイラルなスイムジグです。

この後も同じような地形&ブッシュを狙い、連発ヒットでサイズアップ!

魚が本気でフィーディングする時って、めちゃめちゃ浅いところ喰いにくるんだなと!!
改めて、秋のバスfishingを感じさせて貰えました!!!

今回の2つのルアーをメインにローテーションしましたが、COLORは、チョッパーが絶大な信頼を抱いている「テイスティシャッド」です。

今年は例年に比べて暖かい気温が続いて水温が下がらず、釣りづらい状況でしたが「バチっと冷えこんできたタイミング」を巻物gameで瞬間瞬間を捕らえると! 爆発的釣果をもたらせてくれますね♪

これからが更に巻いて楽しくなるとフィールドに出て感じました!
もう12月ですが、バスが冬モードなるにはまだまだ早いので、皆様もフィールドに出てバスfishing楽しんで下さいね。
スピナーベイトやスイムジグなどの巻物は信じて投げ続ける事が、釣果を伸ばす秘訣ですよ♪

【使用ルアー】 ・ハイピッチャーMAX1/2ozTW(テイスティシャッド・ゴーストチャートブルーバック)+ドライブスティック3.5″(スモークペッパー&コパーフレーク)
・ハイピッチャーMAX3/4ozDW(テイスティシャッド)+ドライブスティック3.5″(スモークペッパー&コパーフレーク)
・ジグ06スリッパー3/8oz(ティスティシャッド)+ドライブシャッド4.5″(ネオンワカサギ)

☆また前回、るいくんと一緒に秋の高梁川にチャレンジした模様が、アップされました。
秋の巻物をとにかく投げ込んだ結果は、どうなるのか・・・!?
るいくんのYouTubeチャンネル「るいの「爆釣」釣行記」是非チェックしてみて下さいね。

profile

杉元雄一
岡山
(高梁川)

岡山の河川や高梁川をメインフィールドとし、オカッパリとボートでバスを狙い続けるデカバスハンター!通称『チョッパー』。2016年チャプター高梁川第4戦優勝。Fishingスタイルは得意なファーストムービングルアーを使ってのラン&ガンスタイル!広大なエリアからデカバスを探し当てるバーサタイルアングラー。