O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >BIGバスを引き寄せる!夏のBLITZ MAGNUM SRでのクランキングゲーム!

BIGバスを引き寄せる!夏のBLITZ MAGNUM SRでのクランキングゲーム!

2021.08.27
岡山の杉元です。おはようございます!

春に引き続き、この夏!今回のレポートもクランクベイトについて書かせて頂きます。

春のタイミングには『ボトムノック』の釣り方を推させて頂きましたが、夏のタイミングでは、魚を「バイト」させるレンジを探しながらアプローチするクランキングが好調です。

夏のリザーバーやため池で効果的だったのは、クランクベイトでも最もコンパクトなサイズになるTINY BLITZシリーズ。


朝イチでもトップに出きらないフィールドコンディションでは、「コンパクト」で、「キレ」のあるTINY BLITZとTINY BLITZ MRが反応良好で、アベレージサイズから良型までの数釣りが楽しめました。
朝夕は「チャート系COLOR」がお薦めです!
日中になると朝のレンジでは反応が薄くなります。そんな時は風の当たるタイミングに、一段下のレンジをTINY BLITZ DRの「ナチュラルCOLOR」にローテーションすると再びバイトが得られる、そんな経験もありました。


バスを「バイト」させる為のレンジ探しも大切ですね。

また濁りが強いコンディションや、強い水押しやアピールが必要な時、朝夕マズメの最初の選択にBIGバスを狙いたい!
そんな時には新商品のBLITZ MAGNUM SRがパンチ力抜群。


マグナムクランクって言うだけで、ちょっと気の引ける方もいらっしゃるかもしれませんが、小技が効いて多彩なアクションが出来、ビッグベイトみたいにも使えて根掛かりも少ないって聞くと、ちょっと使ってみたくなりませんか!?
中でも”MAGST”=マグスト、と呼ばれている使い方が、今、一番面白いと感じています。

リザーバー、河川、ため池と色々なフィールドでチャレンジしてますが、雨後の溜池で、水質がマッディのタイミングでは、BLITZ MAGNUM SRのルアーpowerをとことん感じる事が出来ました。
この日は、後輩の椿君「椿貴翔」と一緒に釣りをしていたのですが、インレット周りでまさかのBIGバスのWヒット。。。


椿君が「MAGST」で先にバスをかけたあと、間髪入れず「MAGST」している僕の竿まで絞りこまれると言う、とんでもない事が現実に起こってしまいました。




その後は風の当たる岬の先端で、椿君がBIGfish捕獲♪


ちなみにこの日、この池で他の巻物や撃ち物は完全に沈黙。
BLITZ MAGNUM SRしかバイトを得ることが出来ず、昔から濁った時の定番で大好きなRATTLIN’BLITZ MAXの「コスモブラックCOLOR」ですらバイトを得られない状況。
濁りが強いフィールドコンディションに、バスfishingの極端にハマる瞬間。
エリア、タイミング、アプローチも含めてバチっとルアーpowerもハマった釣行でした。

BLITZ MAGNUM SRを使い込んで感じてることは、夏場は特にごりごり巻くのでは無く、バスの目線より上を意識して潜らせすぎないように使う「MAGST」が今は効果的ですね。

出し所としては、朝マズメや夕マズメはもちろんですが、雨後に濁りの入ったフィールドコンディションの時や、日中でも風の当たるタイミングがbest。

クランキングgame、とにかく奥が深いので、現在進行形でやり続けてますが、これから秋に向けてもガンガン使い込んで、更に煮詰めて行きたいと思っていますので、皆さんも是非チャレンジしてみて下さいね!!!

profile

杉元雄一
岡山
(高梁川)

岡山の河川や高梁川をメインフィールドとし、オカッパリとボートでバスを狙い続けるデカバスハンター!通称『チョッパー』。2016年チャプター高梁川第4戦優勝。Fishingスタイルは得意なファーストムービングルアーを使ってのラン&ガンスタイル!広大なエリアからデカバスを探し当てるバーサタイルアングラー。