O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >梅雨時期の利根川トップウォーターゲームをレポートします。カバーのフロッグゲームでナイスサイズが釣れていますよ!!

梅雨時期の利根川トップウォーターゲームをレポートします。カバーのフロッグゲームでナイスサイズが釣れていますよ!!

2015.07.06
OSPウェブサイトをご覧の皆様こんにちは。釣果の方はいかがでしょうか?先日はトップウォーターでの釣りを楽しんできましたのでレポートさせていただきます。

現在の利根川はスポーニングも一段落して回復の為にエサを捕食している状況です。水温は22℃程度で平年よりやや低い位。梅雨時期に入った為、雨の日も多くなり、日によっては水位の増減幅も大きく、流れも早くなっています。

先日も2日前に降った雨の影響が残り、濁りこそ程ほどだったものの、30センチ増から平水と比較的高めの水位で、カレントも通常の倍程度の強さでした。

当日のコンディションは曇りのち雨のローライトで、朝から高水位でカバーも多めという事も有り、スピンテールフロッグ(新色リアルアマガエル)でスタート。

カバーに撃ち込んでドッグウォークを繰り返す訳ですが、スピンテールフロッグはブレードタイプでシルエットが小さく、無駄な接触を抑えられ、失速する事無くスポットまで到達してくれます。後は私のキャスト次第です(汗)

早々に1200gをキャッチし、雷魚を挟んで(汗)800gと釣れました!!

OK1

・・・が、ドッグウォークばかりだと手首が悲鳴を上げそうなので、薄めのカバーはオートマチックでも良く釣れるバジンクランク(K.Oダズラーシャッド)を投入。

暫くすると1200gが釣れました。アクションをつける必要が無いバジンクランクは竿を立ててラインを水に浸けないで使える為、無駄なプレッシャーを掛けずに済むのもメリットですね。季節的にフェザーフックタイプもオススメです。

OK2

その後はスピンテールフロッグで1300~800gを3本追加。午後になり、風が強くなったからか『出るけど乗らない』が続いたので02ビート(ヴィヴィットパールホワイト)でアピール力をアップしてみると800gが釣れ、最後に600gを追加してタイムアップ。

OK3

途中、ドライブスティック等のワーム系も使いましたがミスってしまい、結果的にこの日はトップウォーター系のみで8本、5本で5400gを釣る事が出来ました。

バイトの見える水面系の釣りはバスフィッシングの魅力の1つだと思います。

これから水面系の釣りが熱い季節になりますが、OSPではオリカネムシダディ、02ビートストロングと更にラインナップが強化されます。皆さんも是非お試し下さい。

2 ok
1 / 11

profile

竹内一浩
関東
(利根川)

利根川全域をトーナメントエリアとするTBCに参戦し初年度でRegular部門A.O.Yを獲得。11&12年にはClass-1部門年間5位でフィニッシュ&オープン戦も優勝。2016年TBCクラシック優勝と、数々の実績を誇る利根川ジャンキー。特筆すべきは「シャローオンリー」という単純でありながら奥深いそのフィッシングスタイル。自他ともに認める生粋のシャローマン!