O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >6/17 NBC山中湖第2チャプター第2戦にて、HPミノー3.1″とHPシャッドテール3.1″で計3,595gをキャッチし優勝!

6/17 NBC山中湖第2チャプター第2戦にて、HPミノー3.1″とHPシャッドテール3.1″で計3,595gをキャッチし優勝!

2018.08.27


こんにちは山中湖の川上です。

今回は6/17(日)山梨県 山中湖で開催されたNBC山中湖第2チャプター第2戦 O.S.Pカップに参加しましたのでその様子をレポートします。

まず試合の結果としては、
・HPミノ-3.1″(ライトスモーク/レインボーフレーク)
・HPシャッドテール3.1″(ブラック&ブルーフレーク)



の活躍で、3本 3,595gで優勝する事が出来ました。

プラクティスから得た今回の試合の組立ては比較的に口を使わせやすい放流バスを出来るだけ早い時間でリミット(3本)を揃え、その後、大型のネイティブバスに勝負しウエイトUPするプランを立てました。

まずはスタートしウエイトのベースとなる放流バスを狙います。2週間前に入れられた放流バスは最大で約1㎏あり試合では無視する事が出来ません。

そのため、前日のプラでは反応の良いルアーやカラーの見極めに時間をかけ、出来るだけ効率よくバスをキャッチ出来る様に確認しました。

その中で一番反応の良かったのが、HPシャッドテール3.1″(ブラック&ブルーフレーク)の1/16ショートリーダーのダウンショットでした。

使い方は、バスが身を寄せる1m以浅のウィードエリアをスイミングさせウィードにスタックしたらそこで誘いを入れるアクションが有効でした。

試合当日は狙いをつけておいたポイントに朝一に入りましたが、試合開始早々に船団になりました。

しかし前日にルアーやカラー、アクションを合わせておきましたので 他選手が沈黙する中、瞬殺でリミットメイクし試合開始早々に3㎏弱までウエイトを作る事が出来ました。

ここまでは狙い通りの試合展開。早々にファーストポイントを後にし、メインのネイティブバスに勝負をかけます。

狙うバスはアフターでシャローエリアで群れをなすオイカワを捕食している個体です。

これも前日のプラで大型のネイティブバスが回遊するエリアを見極めておき、当日に勝負をかけました。

使うルアーは、HPミノー3.1″(ライトスモーク/レインボーフレーク)のロングリーダーの1/16ozダウンショットです。

今回はあえてロングリーダーでセットしウエイトが着底後、水中でHPミノーをノーシンカーの様に漂わせる様に使います。

神経質なネイティブバスを狙うのでダウンショットにし、遠投してバスに対し距離を取りアプローチするのが目的です。

ポイントに到着後、早速バスを発見。慎重にアプローチを開始し、1投目でキャストもバッチリ決まりキッカーとなる1,600gのネイティブバスをキャッチする事に成功しました。これで入れ替えを行い、優勝ウエイトとなった約3,600gまでウエイトUPする事が出来ました。



今回の試合は思う通りの試合展開が出来 まさにナイスゲームでした。また次回も良い報告が出来る様に頑張ります。

1 / 11

profile

川上記由
関東
(山中湖)

山中湖をホームレイクとし圧倒的な強さを誇る。2006年よりNBCチャプターに参戦しJB戦も含め優勝回数17回、入賞多数。07年、08年、09年、10年、12年と年間1位を獲得。09年、10年には山中湖第2チャプターでも年間1位を獲得しW制覇を達成。2014年も6戦中5戦入賞と無類の強さを発揮。2016年も年間総合優勝を勝ち取った。シャローのサイトフィッシングから魚探のシューティングとそのスキルはトップレベル。山中湖のクセを知り尽くしたまさに山中湖マイスター。