O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ルドラ130SPEC2で3kgと2kgを捕獲!JB山中湖第1戦のレポート掲載!!

ルドラ130SPEC2で3kgと2kgを捕獲!JB山中湖第1戦のレポート掲載!!

2019.05.28
こんにちは山中湖の川上です。

今回は5/12(日)山梨県山中湖で開催されたJB山中湖第1戦に参加しましたのでその様子をレポートします。

結果から申しますと、ルドラ130SPEC2SF(ゴーストライムチャート)の活躍で5,790g(3本)と言う自己最高のウエイトで優勝する事が出来ました。



JB山中湖第2戦大会結果

□プラクティスの状況
試合を前にした本格的なプラクティスは前週と前日に行いました。

前週の感じは、GW前に放流したバスが巻物やソフトルアーでポロポロとは釣れますが、そう簡単ではない感じ、3本でMAX2kgと言ったところでした。

しかし前日のプラクティスでは水温が2℃~3℃上昇し15℃代でシャローレンジには、シーズナルで動く大型のネイティブを目視で確認する事ができ、季節が一気に進んだ感じ。ルアーへの反応も悪くはありません。

周りの選手は放流バスを意識したエリアに集中しており、大型のネイティブが確認出来るエリアは、ほぼノーマークでしたので、試合当日にエリアを温存し勝負をかける事にしました。

□試合の様子
試合当日はまさかの最終フライトで、先行者を予測しながら前日に目を付けておいたエリアに向かいました。

しかしエリアにつくと先行者はおらずノーマークで一安心。
早速、サイトで確認すると前日同様に大型の個体が確認出来るだけで3本クルーズしています。

ルアーはルドラSPEC2SF(ゴーストライムチャート)をスローシンキングにチューンした物を使用。


前日のチェックでは大型のルアーへの反応が良好でした。
しかし派手な動きは警戒する様でしたので、スローシンキングのノーアクションで誘います。

まずはバスから少し離れたところにアプローチし、静かに潜航させます。するとバスが気付き、ルドラに近づき直視しています。
タイミングを見計らいロッドによるジャークを入れるとバイト!
フッキングと共にとてつもないパワーでロッドがしぼりこまれます。
慎重にやり取りし上がって来た個体をあらためて見るとビックリなデカさです。
ネットインすると60cmにも迫りそうな3kgフィッシュでした。

1投目から狙い通りのビッグフィッシュがキャッチでき幸先良いスタートです。

まだバスは居ましたので、再びサイトで確認すると岩陰にもう1本大型の個体が見えます。

先程と同じ様に岩の反対側に静かにアプローチしラインテンションでルアーをコントロールしながら岩陰に潜航させると今度はルアーに気付いたバスが一気にバイト!

今度のバスもすさまじいトルクで走り、水中で暴れる姿は50cmオーバー確定です。
バラシに注意しながら無事にネットイン。

まさかの試合開始30分の2投で2本のビックフィッシュをキャッチする事に成功。
この2本で3kgと2.2kgで5kgオーバーまでウエイトを作る事ができました。

再びサイトにてエリアを確認するも他のバスの姿はありません。
その為、全域をサイトで回る事にし確認して行くと、キーパーサイズがチラホラと確認出来ます。

このバスに対し、ドライブシュリンプ3″(ダークシナモン・ブルー&ペッパー)1/8ozダウンショットを投入し瞬殺でキャッチしリミットメイク達成!

その後もドライブシュリンプ3″(ダークシナモン・ブルー&ペッパー)1/8ozダウンショットとHPシャッドテール3.1″(ブラック)1/16ozジグヘッドをローテーションし8本程キャッチし入替を行い、優勝ウエイトの5,790gを作る事ができました。




今回はあらためてビックミノーのルドラの破壊力を思い知りました。
私自身、ルドラのお蔭でJB/NBCで優勝したのは2度目です。
使いどころがハマった時の破壊力はハンパないです。


今後もお世話になる事でしょう!
次戦も頑張ります。

profile

川上記由
関東
(山中湖)

山中湖をホームレイクとし圧倒的な強さを誇る。2006年よりNBCチャプターに参戦しJB戦も含め優勝回数17回、入賞多数。07年、08年、09年、10年、12年と年間1位を獲得。09年、10年には山中湖第2チャプターでも年間1位を獲得しW制覇を達成。2014年も6戦中5戦入賞と無類の強さを発揮。2016年も年間総合優勝を勝ち取った。シャローのサイトフィッシングから魚探のシューティングとそのスキルはトップレベル。山中湖のクセを知り尽くしたまさに山中湖マイスター。