O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

チャプター東京第3戦レポート

2017.07.26
_1040635

みなさんこんにちは、O.S.Pプロスタッフの金井です。

7月16日(日)に行われました「NBCチャプター東京第3戦」にて2位入賞することができました。そのときの釣り方をレポートさせていただきます。

今回のNBCチャプター戦は「津久井湖」での開催となりましたが、今年は6月以降、雨が少なく、例年通り水位に悩まされ、その影響でバスのスポーニングも大幅に遅れました。アフターのGOODサイズを獲るのが難しい状況で、ナイスキーパーを3匹揃える作戦で大会に挑みました。

直前のプラクティスでなんとなく、HPミノー3.1インチに興味を示すところまではわかっていたのですが、バイト後、フッキングに持ち込むことが難しい状況。プラクティス最後の日にノーシンカーのフックをオフセット→マスバリに変更し、さらにネイルシンカー(1/96oz)をスイムバランスを取るべくボディにさし込みました。

今まではオフセットフックの方がスイム姿勢の安定がよく多用していましたが、いかんせんその後の「フッキング」に持ち込めず悩んでいました。もともとあまりネイルシンカーなどは打ちたくないタイプの人間なので(笑)避けてはいましたが、いたしかたなくセッティングを見直し投げたところあっさりフックキングに成功! 当日はHPミノー3.1インチのノーシンカーをI字でデットスローに引く作戦に出ました。

そして迎えた当日。スタート順もよく、狙っていたポイントに入りキッカーフィッシュを筆頭にバイトが連発(5フィッシュの1バラシ)。その後もポイントを変えては終始、HPミノー3.1インチをメインに投げ続けたものの入れ替えできずにウエイイン。3,030gで「優勝」の二文字もちらつきましたが、120g届かず準優勝でした。

今回、ロッドはバイトが浅いこともあり、かなりティップの柔らかい6フィートのウルトラライトをチョイスしました。投げやすくフッキングもいいので、このリグであればやはりウルトラライトクラスが一番相性がよさそうです。

ラインはPEを使わずフロロカーボンの3lbを使いました。場合によって少しレンジを下げたいときは浮きやすいPEよりも使い勝手がいいからです。表層と水面直下のみであればPEもアリですね。

アクションは一切させていません。なるべく同じリズムでゆ~っくりと巻くだけ! ただし、その日の状況で巻くスピードは調整することが重要です。これを参考に、みなさんもぜひチャレンジしてみてください。

【タックルデータ】
ルアー:ECO HPミノー3.1インチ(ネオンワカサギ)
ロッド:フェンウィック GW S GW60SULJ
ライン:シーガーR18フロロリミテッド 3lb
フック:マスバリ#8
シンカー:1/96oz
_1040674 8096 8098 8099

津久井湖におけるHPミノー3.1″とオーバーリアル63ウェイクの効果を検証!!

2017.06.23
6664

皆さんこんにちはO.S.Pプロスタッフの金井です。

今回は今年の注目アイテム、オーバーリアル63ウェイクとHPミノー3.1インチ。

この2アイテムのみで今の津久井湖でどのくらいの釣果が出るか試してきました!

当日の天候は曇りのち雨で、今年はスポーニングの進行状況に遅れが生じ、さまざまな状態のバスがまだまだ混在している状況。そこでボクは回復系のバスに狙いを定めました。

曇りの天候を考慮しHPミノー3.1インチはマスバリを用いたダウンショットでのミドストと、浅いレンジをボトムのシェイキング→ステイの繰り返しで使用。

7002

オーバーリアル63ウェイクに、曇りや雨はもってこいの展開! 使い方は、ただ巻き、トゥイッチ、ジャーク、ロングステイなどを組み合わせました。

7001

HPミノー3.1インチはできるだけ細かくシェイクしてあげるとテールが細かく動き「ビビッビッ!」と小刻みに揺れて動きバスに猛烈アピール!

泥バンクや比較的緩い傾斜のバンクで根掛かりが少なそうなシャロー側では、一度ボトムにリグを置きシェイキング→ステイの繰り返し。

逆に急深な岩盤やレイダウンやブッシュまわりではマスバリのダウンショットで、物に絡ませるのは難しかったので中層ミドストで使用しました。

するとシャローフラットのストラクチャーの絡む水深2~3mのミドストで、アフターの41cmを狙い通りキャッチできました!

今度は岩盤に移り、ここでもHPミノー3.1インチでバスを追加したあと、オーバーリアル63ウェイクをついに投入!

岩盤にタイトにキャストし「ちょこん、ちょこん」とステイを長めにとると… バスが下から急浮上! そのまま違和感なくバイト!!

あの小さいボディからは想像もつかない集魚力に圧倒され、しばらくの間は自分がアドレナリン全開に(笑)

急深な岩盤で使用するときに気をつけていただきたいのはバイトゾーンが「狭い」ことです。できるだけ岸ギリギリにキャストするとバイトシーンは必ず増えますので、覚えておいてください。

ただ巻きはサーチ、食わせはトゥイッチ、ジャーク、ロングステイなどを組み合わせて使用していただければOK、ですよね? 折金さん?^^?

今回は2アイテム縛りの強気な釣行を津久井湖で敢行し、15cm~41cmを10匹という釣果に恵まれました。

今回の新発売でこれらルアーを入手できた方は少ないと思いますが、どちらのルアーもこの梅雨大活躍間違いなしですので、ぜひいい釣りをしてください!

【タックルデータ】
ルアー:オーバーリアル63ウェイク(T.Nシークレットスモーク)
ロッド:フェンウィック エイシス ACES62SULP+J
ライン:サンラインキャストアウェイPE 0.8号+サンラインシューター 4lb

【タックルデータ】
ルアー:HPミノー3.1(クリアワカサギ)
ロッド:フェンウィック GW S GW60SULJ
ライン:サンラインシューター 3lb
フック:マス針#6
シンカー:1/16ozダウンショット

6659 6661 6671 6669 6666 6665 6663 6662

5月の津久井湖レポート

2017.05.30
6127

今回は5月の津久井湖の釣り方についてご紹介致します。津久井湖の5月はまだまだスポーニング真っ盛りで

・プリ
・ミッド
・アフター

のバスが混在しエリアと釣り方を間違うと余裕で「ゼロ」もあり得る状況です。狙いめはアフター~プリになるまでのバスが食性で動くので釣りやすくオススメです。

主に下流、中流、上流でどれかに当てはまるので釣れたバスの状況をよく観察するのと、目でスポーニングの進行状況を見るのもひつの手です。

最近はスポーニング期間中は皆、ベットを叩かない(釣らない)ため5月は釣りにも行かない、な~んてアングラーも増えてもいますが、リザーバーは各週毎にエリアで産卵の進行状況が異なる傾向にあると思うので、私はひと休みしてエサを追っているバスをこの時期は狙うように心がけています。

そんなバスを狙うルアーですが、特に今年多用したのが

・ドライブクローラー4.5(モーニングドーン)の1/32oz~1/20ozネコリグ
・マイラーミノー3.5のノーシンカー
・HPシャッドテール2.5(グリーンサンダー/グリーンフレーク)の1/16ozダウンショット
・HPシャッドテール3.1(グリーンサンダー/グリーンフレーク)の2.7gライトキャロ

の4点でした。

ドライブクローラーは主にブッシュ、レイダウンを産卵後のドアフターバスをスローに釣る方法で、主にフォール主体で釣っていきました。モーニングドーンは5月GW明けに気温30℃近い日が続き、水質がプランクトン系の「赤・茶」の濁りが出た時に非常に有効でした。5中旬の曇りや雨が続いたローライトな日にも特に良く効いた気がします。

マイラーミノー3.5のノーシンカーは昨年のレポートや、O.S.PのFACEBOOKページに上がった動画の釣り方です。シャローでボイルしている時やオーバーハングにスクールで浮いているバスに今年も有効でした。

HPシャッドテールのダウンショットとライトキャロは、縦ストや岩盤についているバスを狙うのですが、今年もかなりの量の「アユ」が岸に接岸し群れてきているのでカラーは今年の新色「グリーンサンダー/グリーンフレーク」をチョイス!

実はこのカラーはどうしてもO.S.Pのラインナップに欲しくて懇願していたいわば「津久井湖」カラーなのです^^

今年使った感想は、濁っていなくある程度の透明度があり、アユ、ワカサギなどといったベイトをバスが追いかけまわしている時はよく釣れます!もう既にガイド中もゲストさんに体感して頂いたり、私も45cmのバスをライトキャロで仕留めました!

といった感じで今後、さらに時期が進みアフターバスが増えて来たら表層系や横の動きで釣れてくると思います。また、そのタイミングでレポート出来ればと思っております!^^/

【タックルデータ】
6113
ルアー:マイラーミノー3.5(ピンクレディー、バックビジブル)
ロッド:フェンウィック エイシス ACES62SULP+J
ライン:サンラインシューター3lb
フック:マス針#6

【タックルデータ】
6102
ルアー:ドライブクローラー4.5(モーニングドーン)
ロッド:フェンウィックスーパーテクナS-TAV610CLP+J”Power Plus”
ライン:サンラインシューター7lb
シンカー:1/32~1/20oz

【タックルデータ】
6156
ルアー:HPシャッドテール2.5(グリーンサンダー/グリーンフレーク)
ロッド:フェンウィック GW S GW60SULJ
ライン:サンラインシューター3lb
フック:オフセットフック#4
シンカー:1/16oz

【タックルデータ】
ルアー:HPシャッドテール3.1(グリーンサンダー/グリーンフレーク)
ロッド:フェンウィック エイシス ACES70SLP+J
ライン:サンラインシューター3lb
フック:オフセットフック#2
シンカー:2.7g
S__10215431 6129 6125 6123 6121 6120 6118 6117 6112 6111 6109 6107 6106 6101 6077

マイラーミノー「水面ピクピクアクション」テクニックをご紹介します!

2017.04.26
5320

皆さんこんにちはO.S.Pプロスタッフの金井です。

今回は前回レポートの中でも少し触れた「マイラーミノーの水面ピクピク」の動かし方をご紹介します。

5327

狙い方と狙う場所はベイトフィッシュの多い

・ワンド奥
・シャローフラットの岸際
・岬周り

などに浮いているもしくは回遊コースに狙いを定めます。浮いているバスに対してはバスの視界の延長上2~3m先にキャストし興味を示すまでやさしくシェイク!

サイトフィッシングの基本でもある”だるまさんが転んだ”で近寄ったら止める離れそうになったらシェイク!の繰り返し!

回遊コース上の見えてないバスをブラインドで狙う場合はシェイク7割、ステイ3割と動かす時間が長いですがバスが気になって浮いてきたら”だるまさんが転んだ”に移行してください^^/

今回は見えている状態での釣りで、キャスト後にゆっくりシェイク。その後一度ステイしているときに浮いてきてバイトしましたが甘噛み!

で一度Uターンしそうになった際にもう一度3~5回シェイクすると再度振り返り、その後ステイしていると水面を割る強烈なバイトに発展しました!

津久井湖、相模湖などでは水温13~15℃くらいですとなかなか表層引きのような早い動きに対応するバスが少なく、比較的体力のある大型の個体の方が圧倒的に興味をしめしてくれるはずです!

水温が17℃近くまで上昇し大型のバスがスポーニングに入る頃には20~30cmのバスも元気に動き出すのでそうしたらマイラーミノーの表層早引きか連続トゥイッチの季節です!

【タックルデータ】
ルアー:マイラーミノー3.5(ピンクレディー)
ロッド:フェンウィック エイシス ACES70SLP+J
ライン:サンラインキャストアウェイPE 0.8号+サンラインシューター・FC スナイパー インビジブル 4lb
フック:マス針#6
5321 5324

2017年春の津久井湖釣果状況と釣り方をご紹介!

2017.04.17
皆さんこんにちはO.S.Pプロスタッフの金井です。

今年の津久井湖は例年に比べ

・降雨不足による減水
・気温低下による水温低下
・ベイトフィッシュ(ワカサギ)の増加

に大きく悩まされ、2017年においては2016年に比べると1~2月の方が暖冬で暖かく水温も高めで、日によっては好釣果も出ていました。

3月に入りこれまでに10回以上出船してきましたが日に日に状況は下降気味。3月下旬に至っては昨年より水温が2~3℃低く4月に入っても同じ状況が続く中、ようやく暖かい日が続くにつれ水温も上昇!

一気にヘラがハタキを行うほど水温が上がってきたタイミングでようやく春らしいパターンで釣る事が出来ました。

ワカサギの産卵も終盤に近づき各ワンドでは大型の個体が一等地に陣取るも、増減水する日が多く水位によって着き場やルートが変わり難しい状況。

それに加え降雨による濁りと水温低下が続き朝より断然昼~夕方にバイトチャンスが集中していました。

その点を踏まえて9時過ぎに出船し有望な大沢ワンドから入るも水温12℃代でバスの姿も見えない事から湖が大きく湾曲し水の動きが少なく風の影響も少ない上流寄りの名手ワンドに移動。

名手ワンドに近づくにつれ水温が13℃を超え14℃近くまで上昇!名手ワンドに着き釣りを始めようとするとそこには「ヘラ」さんがハタキ中!

ゴミの寄っていないストレッチに移動し魚探でベイトフィッシュを確認したところから”マイラーミノー3.5”のピンクレディーの1/32ozジグヘッドでミドストを開始

5273

ここでも同じくバスの姿は確認できないもののベイトフィッシュと高い水温、この好条件を信じ尚且つ少し下のレンジ1.5m~2m位までカーブフォールさせてはミドストを繰り返しインレットの絡む岬状の岩盤に差し掛かったところで下から黒い影が!次の瞬間ラインが横走りしたのを確認しフッキング!

上がってきたのは45cm 2400gのGOODコンディション!

5266

そのすぐ後同様に岩盤に倒木が絡むエリアを同リグで35cmを追加!

5268

2点とも

・ベイト回遊の岬周り
・シャローの縦ストラクチャー

をミドストで釣り、いかにも春らしい釣り方で攻略できました!

なぜにマイラーを選択しかは、強烈なフラッシングによるアピールとリアクションバイトを誘発でき、尚且つミドストで移動距離を抑えわりとスローに誘えるからです!

確信の少ないエリアや強風時でサーチするなら、阿修羅やヴァルナやルドラを水深やベイトフィッシュのサイズに合わせてサーチした方が効率が上がります!

またヘラのハタキが終われば浮ゴミやカバーにバスは戻るのでドライブクローやドライブクローラーの直リグやネコリグも有効です!

午後になり夕方近くバスが浮き始めたらマイラーのピクピクやオフセットフックを使ったドライブスティックSPEC2のスローフォールドライブシャッドのフォールも効くので状況に合わせ気難しい春バスを攻略しましょう!

【タックルデータ】
ルアー:マイラーミノー3.5(ピンクレディー)
ロッド:フェンウィック エイシス ACES64SULJ “Mid Strolling Special”
ライン:サンラインシューターAZAYAKA 3lb

5267 1 2

TKW(津久井観光平日大会)第5戦レポート!

2016.11.07
a1

皆さんこんにちはO.S.Pプロスタッフの金井です。

10/6に開催されましたTKW第5戦(津久井観光平日大会)で準優勝した釣り方をレポート致します。

10/2(日)に行われた「NBCチャプター東京第6戦」で4位入賞出来た時の基本パターンは変えず今回もシャローをドライブシャッド3.5の「フォール」で釣っていきました。

見た目にも水質、水温、水位とも変化していなかったのでドライブシャッド3.5の「フォール」パターンを3時間~4時間押し切りましたが、返ってきた答えは700gが1匹。

完全にパターンが変わってしまった事にようやく気が付きました。

水質、水温、水位

唯一変化がありそうだったのが「水質」で前回の大会よりも濁りが取れているようであればミドル~ディープに落ちたかも(ベイト・バス共に)

この時点ではシャローにもベイトは残っていましたが、肝心なバスがリンクしていなかったので狙っているレンジをを変更すべくポイントも変更!

すると1箇所ディープ10~15mのポイントにベイトが時折回ってくる場所を見つけ、始めはHPシャッド3.1(ネオンワカサギ)のライトキャロ2.7gを3mのスタンプにキャストしそこから一気に7mに落ちるブレイクを狙うと1キャスト目でHIT!

しかしフロロ3lbではあっさりとラインブレイクしてしまい、ふとボートデッキ上にあったドライブシャッド3.5(ソフトシェルスモーク)の1/2ozヘビキャロをすぐさまキャスト。

ブレイク下7~15mまでを通してくるとベイトフィッシュと遭遇しふとロッドを見ると何かに根掛かりしたかのようにロッドティップが曲がっており「?」とちょっとそのままラインテンションを緩めると「グンッ!グンッ!!」と生命感が

そのままフルフッキングし上がってきたバスは何と1㎏弱のナイスキーパー!まだまだベイトが回ってきていたので同様のパターンを繰り返すとそこから3連続HIT!

その後は時間終了までやり通しましたが推定「1900g」のウエイトで帰着。

最終的に1910g 3本で2位入賞出来ました

a2

残り2戦、「年間王者」目指し頑張ります!

【タックルデータ】
ルアー:ドライブシャッドの3.5(ソフトシェルスモーク)ネイルシンカー(1/32oz)
ロッド:フェンウィックスーパーテクナS-TAV610CLP+J”Power Plus”
ライン:サンラインシューター7lb

【タックルデータ】
ルアー:ドライブシャッドの3.5(ソフトシェルスモーク)1/2ozヘビキャロ
ロッド:NEW フェンウィック GW C GW610CMHP+J
ライン:サンラインシューターFCスナイパー12lb

a3

チャプター東京第6戦4位入賞の原動力。

2016.10.14
みなさんこんにちは、O.S.Pプロスタッフの金井です。

今回は10月2日(日)に行われた「NBCチャプター東京第6戦」にて4位入賞した際の釣り方をご紹介させていただきます。



度重なる台風からの濁りと水質回復によるレンジの変化がカギとなった今大会ですが、週変わりでディープがよかったり、シャローがよかったり、ミドルレンジがよかったりと、表層の水が澄んでいても、深いところは濁っていたりで見た目では判断をつけにくく、大会1週間前からシャローがよくミドル~ディープの水が濁っていることに気が付きました。



ただ他の選手と同じリグでは反応が悪く… ・よりスローに

・かつアピールできる

この相反するようなルアーが「ドライブシャッド」のフォールでの釣りでした。

762

この時期のグッドサイズのバスは「ハス」を追いかけているため、サイズは3.インチ5か4.5インチ。

カラーは「ソフトシェルスモーク」を選択(ハスは10cm~20cmぐらいのサイズが特に1㎏超えのバスが付いていることが多いため)。

764

プラクティスの段階で、ディープが生きていてもなかなか1㎏オーバーのグッドフィッシュに巡り合うことができずにいて、過去に何度もいい釣りができた「ドライブシャッド」のフォールを試すとあっさりバイト!(この時は4.5インチ)

翌日のガイドでは他の場所でドライブシャッドの3.5インチにネイルシンカー(1/64oz)を入れてフォールさせると、推定1㎏超えのキッカーフィッシュともいえるサイズをキャッチ!

それ以降は同リグを封印し、大会本番に挑みました。

ネイルシンカーはこの位置に入れて使っています
ネイルシンカーはこの位置に入れて使っています


大会当日、スタートフライトはビリから4番目。空いている場所から入っていく戦略にしました。

するとドライブシャッドの3.5インチ+ネイルシンカー(1/64oz)に反応がない。

「水がプラクティスよりも回復してレンジが下がったかもしれない…」とドライブシャッドの3.5インチ+ネイルシンカー(1/32oz)に替えて2~3秒ほどレイダウンにフォールさせると、ラインが手前に走る!

「読みが当たった!」

その後は同リグで250g、600g、700gと3匹をキャッチ。

どうしても250gを入れ替えたかったので、大会会場の津久井観光周辺のフィーディングスポットにHPシャッドテール2.5の1/16ozダウンショットを投入するとさっそく答えが!

350gをキャッチし、この時点で終了5分前。

急いで帰着を済ませると1755g!

5位との差はわずか「55g」。最後の入れ替えが功を奏し4位入賞することができました!

449

今回はHPシャッド2.5は最後の最後までほぼ投げずにドライブシャッドの3.5インチで獲れる確率が高い、いい魚のみを拾っていく作戦でした。

恐らく最初からHPシャッド2.5で釣っていたらこのウエイトには届きませんでしたが、最後の入れ替えの勝負所でいい活躍をしてくれたように「出しどころ」に注意してみなさんもいい釣りをしてみてください!

しかし今大会の私の目標ウエイトだった2~2.5kgには届かなったので、私自身もこれからもっと精進していきたいです^^/

46

【タックルデータ】

763

ルアー:ドライブシャッド3.5インチ(ソフトシェルスモーク)+ネイルシンカー(1/32oz)/ロッド:フェンウィックスーパーテクナS-TAV610CLP+J”Power Plus”/ライン:サンラインシューター7lb

ルアー:HPシャッドテール2.5インチ(ネオンワカサギ)/ロッド:NEW フェンウィック GW S GW60SUL J/ライン:サンラインシューター 3lb/フック:オフセット#4/シンカー:1/16oz

台風後の激濁りでハマるラトリンブリッツMAX!!

2016.10.13
534

皆さんこんにちはO.S.Pプロスタッフの金井です。

台風+激濁り=ラトリンブリッツMAXが今年もはまりました!

毎年少なくとも関東周辺を一度は台風が通り、フィールドは敢無く増水+激濁りに

そんなタイミングはやはり「ラトリンブリッツMAX」「ラトリンブリッツ」が効きました!

今年はタイミングよく相模湖でも激濁りの中試すチャンスがありました

結果は・・・

やはりラトリンシリーズは場所を選びませんでした^^

岩盤+物が絡むとこやシャローフラットのストラクチャーや水深のある立木。使いどころは昨年ご紹介した「津久井湖」での実釣レポートと一緒でした

もちろん更に回復の遅い津久井湖で、ガイド中に沢山の方にその威力を体感して頂きました!

投げて巻くだけ!

出来れば障害物にコンタクトさせるとアツさ倍増の「ラトリン」シリーズのクランキンゲーム

台風は職業柄、被害が出ないかヒヤヒヤしていますが反面濁らないかドキドキしています!

クリア=激濁りのマッディレイクに変貌した皆さんのフィールドでもきっと面白い釣りが出来ると思いますので、是非試してみてください!

【タックルデータ】
ルアー:・ラトリンBLITZ MAX、ラトリンBLITZ
・インパクトライムチャート
・コスモブラック
ロッド:フェンウィック IHHS-CS68CMLJ
ライン:サンラインシューターFCスナイパー10lb

【タックルデータ】
ルアー:・ラトリンBLITZ
・インパクトライムチャート
・コスモブラック
ロッド:フェンウィック ELT-CS66CJ
ライン:サンラインシューターFCスナイパー10lb

528 529 530 531 533 536 538 539 609

ディープに落ちたバスを直撃するオーバーライドのテクニック!!

2016.09.21
10908

皆さんこんにちはO.S.Pプロスタッフの金井です。

夏、ディープに落ちたベイトに着くバスを狙うのに有効なメタルバイブレーション「オーバーライド」の使い方をお教えします!

先ずはベイトフィッシュを探してください。ブレイク上や、フラット、立木の周りなど魚探にベイトフィッシュが確認出来ればそこでオーバーライドをチョイ投げや立木などではバーチカルに落とし真下にフォールさせましょう。

着底時やリフト&フォールのフォール時が最大のチャンスなのでリフト時に違和感を感じたら、躊躇なくフッキングしましょう。

10909 10924

ここで躊躇してしまうとフッキングが決まらない事が多いので気を抜かず落ち着いて・・・!

オーバーライドは何と言ってもリフト時の立ち上がりの良さとフォール時のイレギュラーにスライドフォールするこの2点が他のメタルバイブレーションとの違いであり最大の武器です。

ですので私はラインスラッグをやや多めにだしてあげます。そうすると時々通常のフォール時間やりも1秒や2秒フォールが長い時がります。その時スライドフォール出来る様ギリギリのラインスラッグよりも少し長さに余裕がある方が対応できます。

kimg0103 kimg0108

リフトの長さは極端に短いリフトから大きなリフトまで使いますが立木やレイダウンなどでは短いリフトを多用し根掛かりをしなように対応します。

10m前後まででしたら、ラインは7~8lbロッドはL~Mまでの物でしたら釣りになります。(10m越えの水深は3/8ozがフォールが早くオススメ!)

kimg0112

ライトリグなどに一切反応しない状況での出番が多いオーバーライドを使ったベイトフィッシュ撃ちを是非ためしてみてください!

私はこの釣りで自己記録の54.5cmを津久井湖で釣りあげました!^^/

【タックルデータ】
ルアー:オーバーライド1/4oz
ロッド:フェンウィックスーパーテクナS-TAV610CLP+J”Power Plus”
ライン:サンラインシューター7lb

「食わせ」のミドストを実現するマイラーミノー!

2016.08.29
11

皆さんこんにちはO.S.Pプロスタッフの金井です。

昨年の秋から個人的にはまっている(笑)

「マイラーミノー」の今回はミドストの有効性について書かせて頂きます。

FACEBOOKの動画でもお伝えしているかもしれませんがマイラーミノーにはマイラーチューブが挿入されています。

このマイラーチューブが集魚力またバスにスイッチを入れられる素晴らしいチューブなのです。

普通のシャッド型ワームにはマイラーは挿入されておらずその手のワームでミドストしてしまうのとマイラーミノーでミドストするのでは個人的な見解ですが、他の人が獲りにくい良いバスが釣れやすい!と思っております。

10270-1

それだけマイラーチューブには秘めた可能性があるのです。

ミドストで細かくキラキラロールする事によって、バスは興味を抱いたり、イライラしたり、小魚に見えたりと釣れるであろう要素が多いのも事実です。

普通のワームでのミドストはどちらかというと「食わせ」に特化していて(ドライブスティック3などは食わせたい時に使うミドストで使用します)マイラーのミドストはどちらかというとこちらからドンドン仕掛けて行く攻撃的なミドスト!という気持ちで使っています。

それだけ集魚力が高いので同じスポットでの多投はポイントを潰してしまう可能性もありますが、反面スレ切った大型バスも思わずバイトしていまう可能性も持ち合わせていますので、有名ポイントや実績の高い場所などで思い出した時に使ってみてください!

今回は津久井湖でも屈指のおかっぱりでも人気でハイプレッシャーポイントの「串川放水路」が空いたタイミングで49.5cmの2㎏オーバーが釣れましたので皆さんが良く行く「ここは、いつもデカバスがいるよなー」的なポイントで試してみてください!^^

【タックルデータ】
ルアー:マイラーミノー3.5(ワカサギフラッシュ)
ロッド:フェンウィック IHHS-64SULJ
ライン:シューター 3lb
ジグヘッド:1/32oz

12

夏の津久井湖で確実に獲るためのHPシャッドテール&マイラーミノー!

2016.08.17
10828

皆さんこんにちはO.S.Pプロスタッフの金井です。

今回は7/28のTKW第3戦(津久井観光平日大会)に開催された大会で優勝を果たしましたのでその内容と、O.S.Pルアーの使い方をレポートいたします。

梅雨あけして本格的な夏に突入する季節の変わり目。

水温の上昇と共に良い水を求めて移動するベイトに合わせてバスの徐々にレンジが下がっていきました。

しかし、各所の地形変化があるディープのポイントが良いかと言うとそうではなく、一部のポイントでベイトとバスがリンクしている状況と判断た数少ない桟橋や係留船のシェードも念頭に置き、大会当日はそういった場所を攻めました。

使用したルアーは

・HPシャッドテール2.5の1/16ozダウンショット

ネオンワカサギ
ウォーターメロンペッパー

・HPシャッドテール3.1の1/16ozダウンショット

ネオンワカサギ
ウォーターメロン

・マイラーミノー3.5の1/32ozジグヘッドのミドスト

ワカサギフラッシュ

10829

ディープの釣りはブレイクの絡む3~5mの浅いレンジと6~8mにある水中のハンプをダウンショットを縦にリフト&フォール(この日は横よりも縦に動かす釣り方がはまりました)いずれも魚探に細かいベイトの群れが写っていることが条件。

リフトで誘い、フォールで食わすのでリフト時に少しでも違和感を感じたら即アワセです!

自発的に動くHPシャッドテールはフォール時に勝手に誘って食わせてくれるので簡単ですよ^^/

桟橋や係留船のシェードではマイラーミノー3.5のジグヘッドを精度重視のショートキャストでミドスト!

マイラープレートがキラキラとアピールしスレ切った桟橋や係留船下のバスたちも引っ手繰るかの強烈なバイト!を得られます!

今後、夏の間は暫くこのパターンが活きると思いますので是非お試しください!

【タックルデータ:ダウンショット】

ルアー:HPシャッドテール2.5

・ネオンワカサギ
・ウォーターメロンペッパー

ロッド:NEW フェンウィック GW S GW60SULJ

ライン:シューター 3lb

フック:オフセット#4

シンカー:1/16oz

【タックルデータ:ミドスト】

ルアー:マイラーミノー3.5

・ワカサギフラッシュ

ロッド:フェンウィック IHHS-64SULJ

ライン:シューター 3lb

ジグヘッド:1/32oz

10827

NBCチャプター東京第2戦、TKW第2戦レポート!

2016.07.07
52

皆さんこんにちはO.S.Pプロスタッフの金井です。

今回は6/26のNBCチャプター東京第2戦と6/30のTKW第2戦(津久井観光平日大会)と続けざまに開催された大会で共に2位入賞を果たしましたのでその内容と、O.S.Pルアーの使い方をレポートいたします。

先ずは先に行われた6/26のNBCチャプター東京第2戦の模様から

【プラクティスでの感触】

大型の個体は大会に近づくにつれ「ネスト」を強く意識した魚が多かったが、レンジが深く狙いづらいのとキャッチする確率が低いと感じ、30~40cmの600g~1000gのナイスキーパーを狙うことに(今年の産卵期の中盤で渇水になり産卵が遅れたのが原因。例年ならすでにアフター(回復)傾向に)。

付け加えると渇水による減水で例年のアフター場所(ワンド奥やフラットに絡むブレイクなど)が無くなってより釣りづらくなったのも一番痛かった。

とは言え良く釣れる25~30cmの200g~350gではいくらローウエイト戦といえど勝負にならないのでナイスキーパーが溜まっている水通しのいい水深のある岩盤でベイトフィッシュが豊富な場所を粘るか、ランガンする作戦を選びました。

【大会当日】

運よくスタート抽選で7番を引くことができ、狙っていたエリアに一番乗り開始数投で幸先よくHIT!リグはHPシャッドテールのウォーターメロンペッパーの2.7gこれを岩盤ギリギリにキャストしフォール→ズル引き→フォールとタイトに落とす釣り方。

が、最初にキャッチしたバスが弱り30分以上回復に時間を費やすも残念ながら「デットフィッシュ」バスには本当にごめんなさい!と言いたい。

気を取り直してキャストを続けるとそこから~1時間以内に3本釣りリミットメイク達成! ※全て垂直岩盤&岩盤張り出しをフォール→ステイ→ズル引きです! そのまま入れ替えを狙うもサイズUP出来ず場所を変える事に。場所を変えて入りたかった場所にも入る事が出来たが、バイトが無くふと岸辺を観察するとその周辺のみバスのレンジが上がっていた事に目視で気が付き、尚且つ岩盤エリアに数少ないレイダウンが絡む場所のレイダウンに目をむけるとたま~にバスが下から浮いてくる、しかもサイズもまあまあで(30cm~40cm)数でいうと10~20匹!

リグをあれこれ変え、ベイトフィッシュを強く意識していることからレイダウン際をHPシャッドテール2.5のダウンショットでのミドストでキーパーサイズを2本釣るも入れ替えならず。

マイラーミノーの変わりにリグったドライブスティック3インチの高速ジャークとジャーク・トゥイッチ&ストップでも2本キャッチ!

が入れ替えには至らず、今度はレイダウンの中を攻める事に。先ずはリグってあったドライブクローラー5.5のネコリグ0.9g!

こちらはノーバイト。ボイルしているからベイト系のワーム・・・ドライブスティック3.5(スモークペッパー・コパー&フレーク)のバックスライドを試そう!とリグをチェンジし数投目・・・

600gのナイスキーパーをキャッチ! その後は後が続かず10本近く釣り推定で3本、1.5kgはあったので大会運営業務もある事から早めのウエイン(1時間前でした^^)

結果、読み通りローウエイト戦になり100g差で優勝は逃しましたが「第2位」に入賞できました。

【TKW第2戦(津久井観光平日大会)】

その4日後に再び津久井湖で開催されたTKW第2戦(津久井観光平日大会)に出場しました!

もうこの日もNBCチャプターの大会同様、ローウエイトに賭け、同じパターンがどこまで通用するか検証を兼ねて出場。

しかしこの日は最近のガイド釣行や大会中にも無かった位の「ローライト」コンディション。もしかしたら・・・の予感が的中しました。そうですバスのレンジに変化がありました。

それまでの晴天の岩盤は大抵3~7mの間でバイトが集中。しかし当日はとりあえずいつものHPシャッドテール2.5の2.7gダウンショットから始めるも、1時間やり通して700gが1mレンジで獲れただけ。

すかさず中層をブリッツやブリッツMR、マイラーミノーのミドストで攻めるとマイラーミノーのミドストにチェイスが数回、がバイトには至らず、周辺のインレットの絡む岩盤でドライブスティック3のネオンワカサギのノーシンカーで400gを1本追加し、ポイントを三井大橋の橋脚に変え、表層から中層まで攻め最終的にはドライブクローラー3.5(スモークペッパー・コパー&フレーク)で400gをキャッチ

やはり浮いていてスローフォールもしくは中層攻略が鍵!残りの時間を、水通しのいい岩盤エリアでマイラーミノーのミドストを敢行!

しかし無数のチェイス(約5投で3チェイスの割合)も時間帯が悪くキスバイトで終わり。

そのまま帰着。結果は1500gでまたもや2位

天候の変化によるレンジや誘いの違いに悩まさせられた選手が多い中、何とかアジャストしました。

今年は特にHPシャッドテール2.5への反応が良いので津久井湖・相模湖釣行の際は是非お試しください!

また今回のようなタフコンディションの状況こそO.S.Pルアーの主戦場なので、皆様諦めずに集中して釣りましょう!

それではまた^^/

9304 9497 9499 13507033_874053806055582_7080851300663100686_n

【タックルデータ:ダウンショット】
ルアー:HPシャッドテール2.5(ウォーターメロンペッパー)
ロッド:NEW フェンウィック GW S GW60SULJ
ライン:シューター 3lb
フック:マス針#6
シンカー:2.5g
9495

【タックルデータ:バックスライド】
ルアー:ドライブスティック3.5(スモークペッパー・コパー&フレーク)
ロッド:フェンウィック S-TAV610CL+P
ライン:シューターAZAYAKA 7lb
フック:オフセット#1
9493

【タックルデータ:ノーシンカー】
ルアー:ドライブスティック3(ネオンワカサギ、ウォーターメロンペッパー)
ロッド:フェンウィック GWT61SUL J
ライン:シューターインビジブル 3lb
フック:マス針#6
9491

津久井湖のアーリーサマーを攻略する有効なルアーをご紹介!

2016.06.27
s_8727 皆さんこんにちはO.S.Pプロスタッフの金井です。

スポーニング(産卵期)もだいぶ終盤に差し掛かってきた津久井湖でこの時期有効なルアーをご紹介致します。

個体差もありますが産卵が終わるとバスはそれまで産卵に費やした体力を回復するため貪欲にベイト(エサ)を捕食します。

この時期は昨年の同時期に良かった

・ドライブクローラー5.5の0.9gネコリグ
・HPシャッドテール2.5の2.7gダウンショット
・HPシャッドテール3.1の2.7gライトキャロ

が凄く効きます!

カラーは

・ウォーターメロンペッパー
・ネオンワカサギ

が今年のオススメです!特にウォーターメロンペッパーはアユが水中にいるときに若干ですが「緑色」に見えることと、今年の津久井湖は特にアユが多いのでHPシャッドテールに限らずドライブクローラーでもウォーターメロンペッパーを使用しています!

ちょっと水質が悪い時なんかはネオンワカサギなどの実績の高いカラーも同様に有効です。

狙う場所ですが水通しがいいところ、プラスベイトが集まるところ、更に水質が良いところは尚更良いです!(例:岩盤やワンド奥など)

使い方は共にフォールが主体でボトムに着いたらズル引き→ステイ、岩盤は更にフォールさせ再び着底したらズル引き→ステイの繰り返しでOKです!^^

数狙いなら=HPシャッドテール2.5、サイズ狙いなら=ドライブクローラー5.5 HPシャッドテール3.1といった感じに使い分けると面白いですよ!

【タックルデータ:ネコリグ】
ルアー:ドライブクローラー5.5
・ウォーターメロンペッパー
・ネオンワカサギ
ロッド:フェンウィック S-TAV610CL+P
ライン:シューターAZAYAKA 7lb
フック:オフセットネコ#1
シンカー:1/16oz
s_9047 s_9045
【タックルデータ:ダウンショット】
ルアー:HPシャッドテール2.5
・ウォーターメロンペッパー
・ネオンワカサギ
ロッド:フェンウィック GWT60SUL J
ライン:シューター 3lb
フック:マス針#6
シンカー:2.5~3.5g
s_9044
【タックルデータ:ライトキャロ】
ルアー:HPシャッドテール3.1
・ウォーターメロンペッパー
・ネオンワカサギ
ロッド:フェンウィック S-TAV63SUL J
ライン:シューターAZAYAKA 3lb
フック:オフセット#4
シンカー:2.5~3.5g
s_9046
s_8530 s_8718 s_8722 s_8730 s_8732 s_8788 s_8989 s_9029

スレ切った天才バスも降参したマイラーミノー3.5のノーシンカー!

2016.05.16
s_DSC_0475

皆さんこんにちはO.S.Pプロスタッフの金井です。

バスもスポーニング(産卵期)真っ最中の津久井湖です。最近はアングラーのレベルが向上し、スポーニングベットは極力狙わずに釣れたとしても即リリースして頂け、産卵自体も上手く行っているフィールドが増えてきているように感じます。

今回はそんな時期の中、たまたまガイド中に津久井湖の大場所「大沢ワンド」に無数(20~30匹)に浮く天才バスのスクールに出くわしました。

そこでは

・ドライブクローラー3.5のノーシンカーワッキー
・ドライブシュリンプ3のノーシンカー
・HPシャッドテール2.5のノーシンカー
・マイラーミノー3.5のジグヘッドでのミドスト

唯一惜しかったのが、ドライブクローラー3.5のノーシンカーワッキーとマイラーミノー3.5のジグヘッドでのミドストでした。

そこで昔からよくやっていたシャッド系ワームのノーシンカーの表層~水面直下を高速トゥイッチ&トゥイッチングからのリアクション。これを「マイラーミノー3.5」でやってみると答えがすぐでました!

アクションは渓流のミノーイングに近いやり方で、素早くピュッ ピュッ ピュッ っと誘い、チェイスがあった個体のみ狙います。そこまででバイトに至るバスもいるので注意!

バイトに至らなければ、再びマイラーミノーのすぐ後方にバスが近づくまで我慢して待ち、近寄った所で再びピュッ っと1回トゥイッチ。

また後方にバスが近づくまで我慢して待ち、近寄った所で再びピュッ っと1回トゥイッチ。

これを3~4回繰り返すと、大抵のバスはスイッチが入り加速しますので、そうしたらトゥイッチ後にポーズを取り、食わせの間与えてあげればOK。

「バイト」を物に出来ます!^^

2匹や複数匹でチェイスがあった方がスイッチが入りやすく、バイトに至りやすく見ていても面白いですよ!

くれぐれも早わせには気を付けてください。

また今回は1スポットに1~1時間30分掛けて7~10バイトで5フィッシュ。

s_DSC_0469 s_DSC_0470 s_DSC_0471 s_DSC_0472

反応が悪くなったと思ったらすぐさまカラーチェンジしてあげてください。

それだけで再びチェイスしてくれます(笑)

当日は
・バックビジブル
・ウォ-タ-メロンアユ

を2~3回ローテーションして使用しました。

近隣の相模湖の秋山川や吉野ワンド、揚げ沢ワンド、津久井湖では名手ワンドや沼本ワンドなども無数のスクールを目撃しますので有効かと思います。

時には連続して高速でトゥイッチグするだけで、思わぬ所からバスが突進してきますので、後はご自身で最強のトゥイッチグパターンを見出してください!

s_DSC_0476 s_DSC_0477

タックルはスピニングのULクラスに、ラインは3~4lb、フックはマス針の#6で使いました!

キラキラ光るマイラーの集魚力を活かしたマイラーミノー3.5のノーシンカー。

使い方が分からなければいつでも質問してください。

もっとも詳しく知りたい方は「当ガイド」でお教えできますよ☆!

それではまた!

【タックルデータ】
ルアー:マイラーミノー3.5
・バックビジブル
・ウォ-タ-メロンアユ

ロッド:フェンウィック GWT61SUL J

ライン:シューターインビジブル 3lb

フック:マス針#6

s_DSC_0480 s_DSC_0482

早春の津久井湖に効く、オススメルアーをご紹介!!

2016.03.15
001

皆さんこんにちはO.S.Pプロスタッフの金井です。

今回は早春の津久井湖攻略についてお話させて頂きます。

今年は全国的にみても暖かい日が多く、例年に比べ春を早く感じているフィールドが多いと思います。

津久井湖も例外ではなく大型のバスは次々とシャローを目指し上がってきています。

主にこの早春の時期に使うルアーは

・阿修羅925SP(アイスシャッド、テーブルロックレッド)
・ヴァルナ110SP(アイスシャッド、GFスポーンレッド)
・ルドラ130MSF(アイスシャッド、ゴーストナチュラルシャッド)
・ハイカットSP(ピンクレディー、GFスポーンレッド)
・ゼロワンジグ(7g)+ドライブクロー3インチ(ゴーストシュリンプ、ダークシナモン・ブルー&ペッパー)
・ドライブクロー3インチの直リグ5g(ダークシナモン・ブルー&ペッパー)

ハードルアーはただ巻きやジャーク、ストップ&GOで岩盤やカバー周り、シャローのフラットで使用します。

下の2点は上記ハードルアーで攻略が難しいカバーやレイダウンで使用します。

釣行当日3/9(水)当日の気温は5~9℃、水温は10~11℃、水質はうす濁り。

先ずは最近魚が目視出来るほど浮いていたのでルドラ130MSFから始め、阿修羅925SPにチェンジ、時折カバーやレイダウンへゼロワンジグ(7g)+ドライブクロー3インチを投入し攻めるも簡単に釣れるほど甘くなく、次にフォール主体で誘うラバージグから、点で誘いやすい直リグにチェンジしサイド有力なレイダウンを撃ちなおす事数投目。

51cm 2,200gのGOODサイズのバスに会う事が出来ました!

002

003

明確なバイトは無く、リグがフワフワして違和感を感じ。その直後ラインが走り、即フッキング!三寒四温の寒の初日に当たった実釣日、やはりそこまで活性は高くは無かったように思います。

状況次第では巻きものの方が有利な日も当然ありますので、目線を常に変えBIGバスを是非ともキャッチしてください。

【タックルデータ】
ルアー:ドライブクロー3インチの直リグ5g(ダークシナモン・ブルー&ペッパー)
ロッド:フェンウィックスーパーテクナS-TAV610CLP+J”Power Plus”
ライン:サンラインシューターFCスナイパー10lb

004

10/15のTKWトーナメント2015第2戦(津久井観光平日大会)で2戦連続優勝しました!

2015.10.26
10/15のTKWトーナメント2015第2戦(津久井観光平日大会)で2戦連続優勝しました!

win

時期も10月、湖のコンディションは秋!水質も回復し所々ターンオーバーするエリアも出てきました。

バスも盛んにベイトフィッシュを追い出している時期での大会でした。

2日前のプラクティスの感触からは・・・

・レンジは1〜5m位を探る
・甲殻類よりも小魚(ベイトフィッシュ)につくバスの方がウエイトがイイ!
・なるべく横方向に動かし、出来ればバスの目線よりも上を通す
・水通しの良いエリア

この4つキーにして目標ウエイトを1,500gに設定し当日に挑みました。(※目標ウエイトはここ最近BIGフィッシュの釣果も無く、プラクティスでも確信が無かった為)

今回の戦略は
・ブリッツEX-DRのレイダウンやブッシュをクランキング
・HPシャッドテール3.1インチの2.7gライトキャロをカーブフォール、ズル引き、中層スイミング
・マイラーミノーの1.3gジグヘッドを用いたミドスト

朝一はプラクティスでベイトフィッシュを沢山目視できたエリアに入りマイラーミノーの1.3gジグヘッドを用いたミドストを投入するも不発

1時間が経過しHPシャッドテール3.1インチの2.7gライトキャロにチェンジし様々なレンジを探っていると、たまたま目の前の水中でボイルが発生!

すかさずHPシャッドテール3.1インチの2.7gライトキャロをキャストし、スピニングリールのベールを返しカーブフォールさせるとテッィプが入る!!

すかさずスイープにフッキングするとなんと目標の1,500gフィッシュ^^

カーブフォールさせる事で水中で斜めにフォールし、さらには自発的に動くHPシャッド!この時、縦にフォールさせていたらバイトは無かったかもしれません。

少しでも違和感なく出来るだけ横にも動かしたかったのでとっさにカーブフォールを選択したのがいい結果に繋がったとおもいます。

開始1時間でスーパーキッカーフィッシュを獲ったことで500g〜以上のナイスサイズを2本追加の目標に変更!

ミドスト・ライトキャロで暫く探るも300gが1本とウエイトが伸びなかったので目先を変え、ブリッツEX-DRのレイダウンやブッシュをクランキングに変えて攻めると名手エリアの水中1〜3mにあるレイダウンにて700gをキャッチ!

crankbass

透明度も高くなってきた今のコンディションでは、前回のレポートのラトリンブリッツマックスではハイアピール過ぎると感じ、更には11月に向け増水傾向にあったので少しでも深くもぐり、アピール度を下げるためにもブリッツマックスDRでなくEX-DRをチョイス!

その結果、トレースラインを変えレイダウンにルアーをコンタクトさせること3投目!なんとかキャッチ出来ました!!

この時点で、リミットとなる3本目をキャッチし300gを入れ替えるべく朝一のポイントに入り直しました。

すると、プラクスティスで見た通り水中に目視出来るほどのベイトフィッシュが!すかさずその周辺をマイラーミノーの1.3gジグヘッドのミドストで狙い30分程粘ると見事に600gをキャッチ!

maira-bass

なぜにマイラーミノーを選択したか・・・

プラクティスの段階からドライブスティック3インチ、HPシャッド3.1インチを試すもののマイラーミノーにだけバイトが集中!恐らく溜まっているベイトが時折ヒラを打つ仕草がありマイラーミノーをミドストさせる事で左右に不規則にロールその際にボディ内部にあるマイラープレートがキラッ、キラッと水中で反射!

更にミドストさせる事で細かくキラキラと明滅。他のワームには無いこのアクションがバスのバイトを呼んだのだと思いました。その結果3本で2,865g!

素晴らしいOSPルアーの活躍により優勝をもたらしてくれました!残り1戦、年間優勝を目指して最終戦もOSPルアーにはまだまだ頑張ってもらいますよ!^^

それぞれのオススメカラー・タックルは

【ブリッツEX-DR】
・ゴーストライムチャート
・セクシーシャッド
・マットシャッド

ロッド:フェンウィック FVRELT-CS66CLJ
リール:スコーピオンMg
ライン:シューター10lb

crank

【マイラーミノー】ジグヘッド1/16oz
・バックビジブル
・ウォ−タ−メロンアユ
・黒金オレンジベリー
・ワカサギフラッシュゴースト公魚

ロッド:フェンウィック GWT61SUL J
リール:ルビアス
ライン:シューター・FC スナイパー BMS AZAYAKA 3lb

maira-

【HPシャッドテール3.1】ライトキャロ3/32oz
・ネオンワカサギ
・ゴールデンシャイナー
・ライトスモークペッパー&レインボーフレーク

ロッド:フェンウィック スーパーテクナ S-TAV63SULJ
リール:ルビアス
ライン:シューター・FC スナイパー BMS AZAYAKA 3lb
kyaro

津久井湖にてHPシャッドテール3.1でキャッチした49.5cm、2,250gをキャッチしました!

2015.08.31
ライトキャロにベストマッチ!それはHPシャッドテール3.1です!!

こちらが津久井湖の49.5cm、2,250gです。

lure 今年の6月のアフター回復時にも威力を発揮したHPシャッドテール3.1。それを使用したライトキャロライナリグですが、津久井湖では毎年夏のお盆前後がミドル~ディープレンジにバスが落ちるタイミングで、その時期になるとベイトを追いGOODサイズのバスがそのレンジに集まりだします。

この時期使用するルアーは、冒頭にお話ししたHPシャッドテール3.1のライトキャロはもちろん

・ダウンショットリグ
ドライブスティック3インチ
ドライブシュリンプ3インチ
ドライブクロー3インチ
HPシャッドテール2.5インチ
・03ハンツ
・ドライブシャッド4.5のヘビキャロ
・ブリッツMAXDR
・オーバーライド

などがミドル~ディープレンジ攻略には欠かせません。

DSC_0361

今回はHPシャッドテール3.1のライトキャロに軍配が上がりました。

なぜ2.5ではなく3.1なのかと言うと(個人の見解になります)視界の悪いミドル~ディープレンジではシルエットが大きく またボディーから発する動きも大きい3.1インチの方がバスに見つかりやすい。またそこまで大きすぎない(5インチ以上)為25~35㎝クラスのバスも釣れるので数釣りも出来る。

DSC_0368

ここぞという所で反応しない場合は2.5インチで良い反応が得られるでしょう!

それまでは広く深くさぐるので3.1インチに絶大な信頼を置いています。

表記こそ「3.1」インチと記載されておりますが私の中では「4」インチクラスの物と同等の扱いです。

アクションについては、自発的アクションを最大限生かすためシェイクは不要!

ズルズル引いては→止めるの繰り返しでOKです!

その「止めた」時にフラフラ、ユラユラとテールが動き水中で弱った魚を演出してくれます!

大抵のバイトはこの「止めた」後に引っ手繰っていきます!

その後はスイープに合わせるだけ。後はバスとのファイトを楽しんでください^^(笑)

【オススメタックル】
ロッド:スピニングのULかL
ライン:3~4lb.
シンカー:2.7gもしくは3.5g

オススメカラーは、ネオンワカサギ、ゴールデンシャイナー、ライトスモークペッパー&レインボーフレークが好みです。

濁りまじりの夏の津久井湖で、ドライブクローラー5.5″で48cmをキャッチ!!さらにトップの釣りも堪能出来てますよ。

2015.08.19
今年は早い時期から、台風に伴う大雨が各地で降りましたね。

リザーバーでは水色がクリア→濁りへと影響を大きく受けやすく、皆さん「濁りが取れるまでは・・・」や「水質が回復してから・・・」な〜んて思っていませんか??

そんなリザーバーでの濁り攻略に必要不可欠なOSPルアーのお話です。

【どちゃ濁り】
見るからに「カフェオレ」色をした濁りを差します。バスは比較的、流れがあるインレットに絡んだゴミやカバーに着く事が多いです。そのためポイントが絞れやすいのでポイント選択が楽なので後はそこを・・・

・ゼロワンジグ+ドライブクロー
・ドライブクローのテキサスリグ
・ドライブシュリンプのテキサスリグ
(テキサスリグの重さはゴミを突き破るくらいを目安に5g〜10g前後まで)

カラーはブラック系を始め、レッドなど。中でも好きなのは「グリパンチャート」!!

DSC_0288

他にはブラック・ブルーフレーク、ジュンバグ、アメザリなどシルエットがはっきり出るカラー、これにつきます!

DSC_0280

【うす濁り】
濁りはあるものの透明度が20~50cm。この時インレット付近の水質はかなり回復しバスの行動範囲もだいぶ広くなります。しっかり波動の出るルアーセレクトが肝心です。

・ドライブクローラー5.5インチ
・ハイピッチャーMAX
・ブリッツMAXシリーズ(レンジ合わせて・・・)

この時はドライブクローラー5.5インチの1/16ozネコリグで48cmのナイスサイズが獲れました!

1

カラーは「ゴーストシュリンプ」で、シルエットは透明ですが濁りに効くと言われるブルーラメがいいのかもしれません。

DSC_0299

アクションは私お決まりの「ズル引き→ステイ」(笑)

濁りも回復し水面が騒がしくなると巻物の出番です!

特に今年はTOPウォータープラグが熱かったです・・・

・バズ02ビート(ディファインブラック)
・ヤマトJr.(ダークギル)
・ベントミノー76F(シャンパンハーフミラー)
・ベントミノー86F(潤るワカサギ、ゴーストライムチャート)
DSC_0318

25~35㎝までのサイズが夕方1時間で6本!津久井湖でこれだけ楽しめれば言う事なしでしょう!相模湖の夕マズメのハイプレッシャーワンドの吉野ワンドでもベントミノー76F(シャンパンハーフミラー)でキャスト後3ジャーク→ポーズでひったくってくれました!

濁りが入ると敬遠がちなそんな方もリザーバーで是非お試しください!

6

梅雨時期のバス攻略に欠かせないハイピッチャーMAXとHPシャッドテール3.1インチと2.5インチ!

2015.07.27
各地のフィールドも梅雨を迎え比較的サスペンドするバスを攻略されているかと思います。

そんな時期に津久井湖で活躍したおすすめルアーはハイピッチャーMAX1/2ozとHPシャッドテール3.1インチ、HPシャッドテール2.5インチが津久井湖のガイドで好調でした!

新製品のハイピッチャーMAXはゆっくりとリトリーブさせるスローロールで使いやすく、ゆっくりリトリーブしても適度なバイブレショーンを得られ巻きやすい!

急深の岩盤が多いここ津久井湖では3~4m前後のレンジを比較的スローにバスを誘う事が出来ます!

スピーディーにサーチするならハイッピッチャーシリーズ。さらに一段下のレンジ、ここぞという場所を攻略したい場合はハイピッチャーMAX!

2

1

っといった使い分けが可能だと思います!

良く使うカラーは
・ブラックシャイナー
・テイスティシャッド
濁りがある時は
・C.B.ブラッディシャッド
・C.B.ブラック
・C.B.チャートブルーバック

などがオススメ! つぎは「お助けワーム!」と最近呼ばせて頂いているほどの信頼をおいているHPシャッドテールの2.5インチと3.1インチ!

オススメリグはダウンショットリグとスプリットリグやライトキャロシンカーは1.8g~2.7g。

共に基本的にはボトムを感じながらのズル引きステイの繰り返し。

ステイは3秒ほどしっかりと止めてあげること!

3

5

4

ボトムの釣りでバイトが来なければ、中層をただ巻きできるスプリットリグやライトキャロでゆっくり巻いてあげれば中層攻略!

大きさに関しては取り敢えず1匹ほしい!って時は2.5インチ。

サイズUPしたい!ギルバイトが凄い・・・って時は3.1インチ!

カラーは
・ネオンワカサギ
・ゴールデンシャイナー
・ダークシナモン
・ブルー&ペッパー
・ライトスモークペッパー&レインボーフレークで決まりですね!

6

今時期に津久井湖で試して頂きたいドライブシャッドとドライブスティックのノーシンカーリグ!

2015.06.10
皆さんこんにちは!

新しくO.S.Pフィールドスタッフに加わりました金井俊介です。

初レポートになりますが、お付き合い頂ければと思います。

最近の津久井湖
巷では釣れない!?なんて言われている津久井湖ですが、スポーニングも中盤を迎えこれから回復系のバスが増えてきます。

ご存知かと思いますが、バスは回復するためにベイト(エサ)を捕食します。

そこで有効になるのがドライブシャッド4.5インチとドライブスティック3.5インチのノーシンカーリグです!

使い方としては共にノーシンカーで、ドライブシャッドは岩盤沿いやワンドの奥を岸と平行に巻く、もしくはフォールさせてから巻きます。また、見えバスをサイトで狙う時はフォールを多用します。

DSC_0480 DSC_0483
ドライブスティックに関しては、桟橋や係留船やブイなどのフローティングストラクチャーをバックスライドリグでフォールさせて使用しています。

カラーに関しては
・ワカサギ
・ネオンワカサギ
・ゴールデンシャイナー
・スモーク・ペッパー&コパーフレーク
・ソフトシェルスモーク

などが共通して実績が高いカラーで愛用しています。

(写真上段:ドライブシャッド、カラーは「ネオンワカサギ」)
(写真下段:ドライブスティック、カラーは「ワカサギ」)
DSC_0475 DSC_0473

(写真:ゴールデンシャイナーでもナイスバスをゲット!!) DSC_0494 DSC_0495
タックルはドライブシャッドならMH~Hでラインは12lb前後、ドライブスティックならL~MLでPE16lb+フロロ7lbもしくはフロロ4lbがオススメです!

津久井湖だけでなく相模湖でも同様のポイントが多いので是非試してみてください!

DSC_0487
DSC_0471

1 / 212

profile

金井俊介
関東
(神奈川県津久井湖・相模湖)

神奈川県津久井湖のレンタルボート「津久井観光」に勤務しながら、ガイド業も営む。また、関東を代表するリザーバー津久井湖&相模湖がホームフィールドでNBCチャプターや津久井湖オープンに参戦。2014年チャプター東京第3戦では準優勝しトーナメンターとしての一面も併せ持っている。職業柄、常に津久井湖にふれあうがゆえ、刻々と変化する状況をどのアングラーよりも敏感に感じとる。津久井湖&相模湖のリアルタイムな情報は必見!