O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ニュートラルなバスにスイッチを入れる!カバー回避性能最強のスイムジグ!「JIG 06 SLIPPER」!!

ニュートラルなバスにスイッチを入れる!カバー回避性能最強のスイムジグ!「JIG 06 SLIPPER」!!

2019.10.31
皆さんこんにちは。利根川担当の齋藤寛之です。

2019年10月の台風、豪雨により被災した地域の方にお見舞い申し上げます。

10月に発売されたスイムジグ「JIG 06 SLIPPER」ですが、数年のテスト期間を経て満を持してリリースされました。

同社スイムジグの「Weed Rider」は、その名の通り柔らかい水草類に優しくコンタクトさせて巻くスイムジグですが、 「JIG 06 SLIPPER」は、硬いブッシュやレイダウンに臆すること無く投げ込んで巻くことを想定しています。

そのためガードはクラス最強、ヘッドは比重の低いビスマス合金でボリュームアップされ、硬い枝を躱しながら巻くジグとして特化しています。

またスキッピングキャストなどの激しい使用を想定しているので、トレーラーワームのズレは付き物ですが、爪楊枝のペギングシステムで一発解決しています。

トレーラーワームは、私的にはドライブシャッドを使います。
広範囲に誘いたいケースが多いので、テールのキックが強い4.5″の頭を1cmほどカットして使っています。



このフェイバリットセットを積んで挑んだ秋の利根川で開催されたTBC第3戦、水温20℃、曇天でした。

狙い通り1,500gオーバーのクオリティフィッシュ2本を仕留めてシングル入賞することができました。



2本とも流れの当たる濃いカバーの先端にいるニュートラルの魚です。
この魚はなかなか頭が良く、捕食スイッチを入れさせる方法を長年考えていましたが、 「早い横の動きでカバーからすり抜け出る瞬間」が最も効果がありますね。

この状況での最適解は、クランクベイトでもなくスピナーベイトでもなく、回避能力の高いスイムジグ「JIG 06 SLIPPER」ではないでしょうか。

水温15℃を切るまで、まだまだスイムジグゲームは続きます。

皆さんも越冬前に荒食いするビックバスを求めて、カバーを攻めきりましょう!

profile

齋藤寛之
関東
(利根川)

利根川の魅力にとりつかれ、TBCトーナメントに参戦。フロッグやバズベイトといったサーフェスゲームを主体に、シャローのストロングゲームで確実にバスをキャッチしていくスタイルは、利根川を主戦場にする多くの猛者が一目置くところ。これまで、レギュラー戦での優勝のみならず、TBCクラシック制覇、O.S.P T.Namiki Cup優勝など、数々の輝かしい成績を残している。