O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >印旛沼カバー攻略の切り札!!ドライブショット4.5″のバックスライド攻略をご紹介!

印旛沼カバー攻略の切り札!!ドライブショット4.5″のバックスライド攻略をご紹介!

2020.07.30
皆さんこんにちは、山添です。

今回はニューアイテムのドライブショット4.5″を紹介させて頂きたいと思います。



ホームレイクの印旛沼ですが、例年だと7月にもなれば水温上昇により水質が悪化してくる季節ですが、今年は梅雨の大雨の影響で水の入れ替わりが激しく、水質はクリアアップ気味となってます。

同時に例年と比べ水温も低く、魚の活性もローライト続きとはいえイマイチ。まるでアフターの状態をずっと引きずっているかのような状況…。

しかし、梅雨といえば、手長エビが産卵の為シャローに接岸してくるタイミング。
実際、この時期はシャローで釣ったバスの口から、手長エビの手や髭が出ている状態を目にすることが多いかと思います。

魚のコンディションと捕食しているベイトの関係上、1年の中でもノーシンカーリグが特に有効になってくるのがこの時期ではないでしょうか。
なかでも、よりカバーの中へルアーを送り込めるバックスライド系がとても有効となる為、使用頻度も必然的に高くなります。

もちろん、ウエイトの付いたルアーでも、決して釣れないことはありませんが、バスの活性が悪いと、バイトする際の吸い込む力も弱い為、ショートバイトで終わってしまったり、すっぽ抜けてしまうといったミスが増えることもあります。

結果的にスローにフォールし、弱いバイトに対しても、吸い込みの良いノーシンカーリグに軍配が上がってしまうことが多いと感じることもしばしば。

そこで、ニューアイテムのドライブショット4.5″をフロロ16lbといった太いラインを使用して、アシやガマの際だけでなく、矢板の中やガマの奥といった入り組んだ濃いカバーの中に打ち込んでいきます。
縦扁平ボディになっている為、ロッドからルアーの間のラインにガマ等が触れてしまっても、失速して垂直フォールになってしまうことが少なく、バックスライドしながら、より奥の隙間に入り込んでいきます。





また、自重が10g程あるので、ノーシンカーでもキャストが非常にしやすく、ゆらゆらとロールしながらスライドフォールする為、着底までの間もノー感じになりにくいのもメリット。
険しいスポットからのピックアップも、スムーズに行えることで、結果的に手数も増えて効率アップにも繋がります。

基本的に自分からまっすぐ遠ざかるような形で、バックスライドしていくことが理想で、ロングキャストでのアプローチであったり、余程の土茶濁りでもない限りは、着水から数秒間はルアーを目で追うことが可能かと思いますので、ルアーが水に溶け込んでいくまでの軌道を目で確認しながら、狙うスポットに送り込んでいくと良いと思います。

仮に軌道が少しズレてしまい、狙うスポットに入らない場合には、ピックアップしてしまう前に、ロッドティップをチョンと軽く煽って再度ラインテンションを抜いて送り込んであげることで軌道修正も可能です。

バンクにあるカバーを狙うだけでなく、杭等の縦ストを狙うのも効果的で、スライド幅と角度を考慮しながら、着水点を変えてレンジを刻んで探るのも効果的ですので、試してみて下さい。

タックルについては、現在7ftクラスのMH〜Hのロッドに、フロロ16lb、オフセットフック4/0を使用してます。



もうすぐ梅雨明けとなりますが、まだまだ長く楽しめる釣りですので、皆さんも是非ドライブショット4.5″を使ってみて下さい!





profile

山添大介
関東
(印旛沼)

11年にNAB21で年間優勝&NBC北千葉チャプター年間3位。12年NAB21で年間2位&NBC北千葉チャプター年間優勝、16年NAB21最終戦優勝と印旛沼水系で開催されるトーナメントにて圧倒的強さを誇る。強さのヒミツはバス釣りに対し真面目一直線でほぼ毎週といっていい程フィールドに通うこと。天性のセンスとひたむきな姿勢で培われた「対シャロー攻略の引き出し」に要注目!!