O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ドライブシャッドを駆使したサマーパターンをご紹介!!

ドライブシャッドを駆使したサマーパターンをご紹介!!

2020.09.14
皆さんこんにちは、山添です。

9月に突入し、8月の酷暑から解放されるのかと思いきや、まだまだ残暑が続いてしまいそうですね。
釣りの方もこの先暫くの間は、サマーパターンが中心になりそうです。

夏に効果的なルアーは色々ありますが、僕がこの季節に多用するルアーの中にドライブシャッドがあります。



今年の7月は、長雨の影響で気温、水温の上昇が抑えられていたこともあり、夏というよりも秋に近いような雰囲気でした。その為、例年と比べ様々なエリア、釣り方が機能していたように思います。

しかし、8月の梅雨明け後は、気温、水温も上昇し、一気にサマーパターンへと突入。
ようやく夏らしいフィールドコンディションになりました。
同時にドライブシャッドへの反応も日に日に良くなり、今年も楽しませてもらってます。

使い方としては、主にノーシンカーリグ。



もちろん、季節や状況によっては少しウエイトを入れたり、ライトテキサスリグやJIG06スリッパー、ウィードライダーといったスイムジグと合わせて使用する事もありますが、僕がこの時期にドライブシャッドで狙うレンジは、主に表層付近である為、ノーシンカーリグの出番が多くなります。

使い方は水面をバジングで引いたり、水面直下を引いてくるのですが、ドライブシャッドは各サイズ共に適度なウエイトがあるので、それぞれアキュラシー性が抜群に高く、スキッピングも非常に行いやすいです。

アクションは、ハイピッチのウォブル&ロールアクション。スローリトリーブでもクネクネとテールがしっかりと動いてくれます。

また、各サイズに言える事ですが、唯一無二のフォールアクションを兼ね備えているので、杭やマンメイドストラクチャーといった、縦ストラクチャーへフォールさせて誘う事も可能です。

チェイスして来た魚や、喰い損ねた魚等、あと一歩のところでバイトに持ち込めなかった魚に対し、ドライブシャッドのドライブフォールアクションは非常に効果的です。

多くのシャッドテールワームは、フォールさせると一気に生命感を失ってしまい、真っ逆さまに落ちていってしまったり、クルクルと回りながら落ちてしまいます。

その為、ルアーに反応こそしてはいるものの、バイトするまでに至らない魚を目で追いかけながら、泣く泣くルアーをピックアップした経験は皆さんもあるのではないでしょうか?

しかし、ドライブシャッドは諦めてピックアップする前に、もう一手仕掛ける事が出来るのです。
リトリーブをしている手を止めて、ラインテンションを抜くだけで、斜め前方へクネクネとフォールしてくれバイトを誘発してくれるのです。

状況への対応が瞬時に可能です。





カラーに関しては、O.S.Pルアー全体に言えることですが、ドライブシャッドもカラーバリエーションが非常に豊富ですので、皆さんが釣りをされるフィールドのベイトに合わせるのも良し、水色や天候を想定して馴染むカラーや、逆に際立たせるカラーを選ぶのも良しです。

やはり、自分が信じてキャスト出来るカラーがベストだと思いますので、お好みのカラーセレクトでお楽しみ下さい。

個人的には、視認性の良いカラーを選ぶ事が多く、シルエットがしっかりと出る黒や赤系、そして派手目なチャート系が好きですが、ナチュラルなカラーでありながら、視認性の良いT.N.スモークレディも好きで出番の多いカラーです。

まだ使ったことがないという方々は、是非ドライブシャッドを試してみて下さい!!







profile

山添大介
関東
(印旛沼)

11年にNAB21で年間優勝&NBC北千葉チャプター年間3位。12年NAB21で年間2位&NBC北千葉チャプター年間優勝、16年NAB21最終戦優勝と印旛沼水系で開催されるトーナメントにて圧倒的強さを誇る。強さのヒミツはバス釣りに対し真面目一直線でほぼ毎週といっていい程フィールドに通うこと。天性のセンスとひたむきな姿勢で培われた「対シャロー攻略の引き出し」に要注目!!