O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >NBC山中湖チャプター第三戦 参戦レポート

NBC山中湖チャプター第三戦 参戦レポート

2017.08.07
3

みなさんこんにちは、山中湖の川上です。

今回は7月30日(日)に山梨県山中湖で開催されました、NBC山中湖チャプター第3戦に参戦しましたので、その模様をレポートします。

結果から申しますと、ブリッツMAX-DR(インパクトワカサギ)の活躍で準優勝することができました!

試合を前にした湖の状況は、数週間前にバスの放流があったもののすでに湖全体に散っており、狙って釣るのは厳しい状況でした。

放流バスはなかなかの良型で、放流で3匹(リミット)を揃えれば2,000gを作るのは可能な個体です。

1,000gを超える大型のネイティブは、シャローのサイトで良型を確認することができますが、どのバスも超天才級!

また、ミドル~ディープではワカサギが群れを形成しはじめており、例年から考えるとバスもこの群れについていることが予想できます。

ですが、その個体は少なく、これまたキャッチするのは容易ではない状況でした。

上記のことから試合の組み立てとしては、狙って釣れない放流をやるよりも、一発大型のネイティブ狙いで勝負することにしました。

試合当日の天候は小雨まじりの曇りのため、シャローのサイトは困難と判断し、水深5~6mほどに群れを形成するワカサギにつくバスを狙うことにしました。

狙い方は、小雨まじりの天候のため、巻き物への反応に期待し、この時期に実績の高いブリッツMAX-DRを選択。ワカサギの群れをブリッツMAX-DRで直撃し、バイトを誘発します。

群れにつくバスは数が少ないので、ロングキャストで広範囲を効率よく探れるという点からの選択です。

すると試合開始1時間程で、狙い通り目測1,500gぐらいのネイティブをキャッチすることに成功!

その後もワカサギの群れが多いところを中心にブリッツMAX-DRを通し、攻めまくりましたが無反応。

時間も残りわずかとなり、1匹目のバスをキャッチしたポイントに再度入り直し、ワカサギの群れに対してタイトにアプローチします。

すると、再びバイトがありフッキングに成功! バラシを警戒しながらやり取りしましたが、次のジャンプで痛恨のフックアウト… キャッチには至りませんでした。

時間となりウエインすると、厳しい状況から予想通りの一匹勝負。

1位の方には及ばず、少し悔しい準優勝となりました。

今回の準優勝は残念でしたが、またみなさんにいい報告ができるようにがんばります!!

2 1
1 / 11

profile

川上記由
関東
(山中湖)

山中湖をホームレイクとし圧倒的な強さを誇る。2006年よりNBCチャプターに参戦しJB戦も含め優勝回数17回、入賞多数。07年、08年、09年、10年、12年と年間1位を獲得。09年、10年には山中湖第2チャプターでも年間1位を獲得しW制覇を達成。2014年も6戦中5戦入賞と無類の強さを発揮。2016年も年間総合優勝を勝ち取った。シャローのサイトフィッシングから魚探のシューティングとそのスキルはトップレベル。山中湖のクセを知り尽くしたまさに山中湖マイスター。