琵琶湖で安定した釣果を叩き出してくれるドライブビーバー3.5″&4″!!

皆さんこんにちは!TAK☆三宅です。

春先から今年もずっと安定した釣果をたたき出してくれていたルアーの1つがドライブビーバーの3.5"&4"で、本当にバスからの反応が良すぎてルアーのパワーを確信せざるをえない状況が何度もありました。



特に3g~5gシンカーを使用したフリーリグとの相性が抜群によくウィードのほとんどない様なハードボトムからこんもり茂ったようなエリアまでまったくシチュエーションを選ばずに使えるところがストロングポイントでもあります。

基本的に7フィート前後のMHクラスのロッドに14lb~18lbのフロロラインが使いやすく、3.5"と4"のサイズの使い分けは単純に反応の良し悪しで決めています。4"で問題なく食ってくる場合は4"を使用し、反応が薄い場合は3.5"にサイズダウンするといったローテーションがメインになります。

4"の方がバサロアクションの振りがワイドでより水押しが強く、濁りがキツイ状況やウィードが濃い中でのアピールを強めたいような場合に有効ですね!









今年の琵琶湖はウィードの生育が良好で秋以降もそこそこ生え残っていくことが予想されますので、まだまだこれからドライブビーバーの出番は多そうです。他のワームにはないこのバサロアクションと絶妙なボディーマテリアルの硬さが口を使わなくなったようなバスにも高確率で反応させてくれているのだと感じています。

またフリーリグ以外でも当然テキサスリグやダウンショット、ジグのトレーラーなどとの相性も抜群で、最小サイズの3"のみはヒゲの部分がカーリーテールになっておりダウンショットとの相性は抜群です。

とにかく釣れるワームですのでまだ使ったことのない方は絶対損していますので(笑)、すぐに使うことをお勧めいたします!!

関連商品