O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >禁漁期間に入った野尻湖ですが、野尻攻略で毎年欠かせない釣り「ボイル撃ち」についてレポートします!

禁漁期間に入った野尻湖ですが、野尻攻略で毎年欠かせない釣り「ボイル撃ち」についてレポートします!

2015.11.12
皆さんこんにちは、野尻湖の林晃大です。紅葉も終盤を迎え晩秋の雰囲気漂う野尻湖です。

そんな秋の野尻湖で常にデッキにあるタックルに前回のシャッドキャロともう一つボイル打ち用タックルがあります。

今回はそんなボイル打ちで使うベントミノーとアイウェーバーの使い方について紹介したいと思います。

この時期のボイルにおいて自信を持って投げれるのがアイウェーバーです。

1

逆にハイシーズンのボイルにはあまり使わないのですがこのタイミングでは派手にアピールしすぎず、ナチュラルに漂うアイウェーバーへの反応がいい!ということが経験上多々あります。

自然相手なので理屈的に説明することは難しいのですが、これは経験から導き出した僕の答えなので自信があります。

この時期のガイドでお客様に用意していただいたアイウェーバーでの好釣果。

2

ボイル打ちというと小型のトップウォータープラグというイメージが強くボイル打ちにアイウェーバーですか?と驚かれることも

3

タックルはLクラスのスピニングにフロロ4ポンド。PEとの組合せよりこちらの方が飛行姿勢が安定して飛距離がでます。

基本的にボイル打ちにはアイウェーバーがあれば事足りるのですが湖の真ん中などでする沖ボイルにはベントミノー76、86を使うこともあります。

4

沖でのボイルはスモールが何匹かの群れになりワカサギのボールに食いついています。

そんな時はベントミノーの不規則なダートアクションが効果的。

アイウェーバーが静でベントミノーは動のイメージ。真逆の誘い方なので魚の反応を見てローテーションします。

PE0.4号〜0.6号 にリーダーはフロロ4ポンドでフルキャスト、2回トゥイッチ1ポーズか連続トゥイッチでの使い方が多いです。

PEのメリットとして飛距離がでること、長距離でもしっかりアクションが付けれるのとフッキングが決まるなど、いいことばかりですのでPEとの組合せがオススメです。

ぜひ試してみて下さい。

間もなくブラックバスは禁漁になる野尻湖ですが、春の解禁からは今回紹介したアイウェーバーの得意な季節です。

活性が高ければベントミノーもありです!今から待ち遠しいですね!野尻湖ほとり荘にてお待ちしております。

それでは!

profile

林晃大
関西
(山口県リザーバー、長野県野尻湖)

ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ福岡校を卒業後、シーズン中は長野県野尻湖の「ほとり荘」に拠点を置き、スタッフ兼ガイドとして活動中。オフシーズンは地元山口県のリザーバーでガイドをするかたわら、メバルやクロダイなどのソルトゲームにワカサギ釣りまで多岐にわたる活躍を見せている。2012年JB河口湖B第1戦優勝、2012年チャプター河口湖年間3位、2013年JBマスターズ年間5位を獲得。2014年よりJBTOP50に参戦、2015年も同カテゴリに参戦。2016年NBCチャプターチャンピオンシップ東日本決勝にて優勝。