O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >エビが逃げるアクションそのもの!霞ケ浦の秋の荒食いバスにドライブショット4.5″!!

エビが逃げるアクションそのもの!霞ケ浦の秋の荒食いバスにドライブショット4.5″!!

2021.10.12
みなさん大変ご無沙汰しております。プロスタッフの納谷です!

長かった緊急事態宣言もようやく明けて、やっと堂々と釣りに行ける環境になりましたね。
私も長い自粛から明けて、ようやく霞ヶ浦に出撃してまいりました!
最近の霞ヶ浦ですが「タフミガウラ」なんかでも「デスミガウラ」でもありません!(笑)
今年の秋の霞ヶ浦は絶好調!
特にシャローの釣りが熱いです!


シャローゲームで僕がオススメするのがノーシンカーワームのバックスライドセッティング。特に昨年発売されたドライブショット4.5″が炸裂しております!
よく聞かれるフックセッティングは画像を参考にしてください。画像を見て気づいた方もいると思いますが、僕はドライブショット4.5″のスカートの下側半分をカットして使います。


理由はバックスライドでフォールした後、少し手前に引くとカットした部分が水を受けて跳ね上がるように手前に泳ぎます。その動きはまさにエビが逃げる動きそのもの。
このリアルな動きには警戒心の強いシャローのデカバスも思わず口を使ってくれます。
まだこの時期は沖のワカサギよりもシャローのエビを食べているバスの方がコンディションが良く、ファイトも楽しめます。
それとフッキング時に抵抗となるパーツが減るので、とても良い箇所にバッチリとフッキングが決まります。


霞水系のトーナメントはとっても貴重なバス。試合でバラしたりすると数日間夢でうなされてしまいますからね(笑)バラシが減るのは大変助かります。
使うカラーは水が濁っていたら「グリパン/チャート」。水が澄んでいたら「グリーンパンプキンペッパー」の2種類があればOK。


この釣りで肝心なのがライン。キャストもそうですが、どのくらいフォールしたか目視でき、竿に感じない小さなバイトも確認できる色の付いたラインがベスト。僕はカラフルで強いのにしなやかなサンラインBMS14lbを使っております。
シャローを狙うベストタイミングですが「増水した時」「暖かい日」がチャンス!
あと秋の釣りでとても重要なのが、水質とベイトフィッシュの存在。水が濁っていても小魚やエビが確認できるようなエリアは可能性アリ。水をロッドでかき回し泡が水面からすぐ消えない場所は可能性ナシ。すぐに移動しましょう。
そういう良い水質のエリアにある、アシやブッシュを見つけてドライブショット4.5″をキャストしてみましょう。
キャストする際、バックスライドしていくのであまりタイトに攻める必要はナシ。
秋の荒食いバスがいたらまず落ちパク! バイトがなければ30cm程手前にシャクってまたバックスライドフォール。それを2回繰り返したらピックアップ。
それを繰り返すだけ、あとは難しいテクニックなど不要。あとはドライブショット4.5″が勝手に泳いでバスを誘ってくれます。


こんな簡単で楽しいドライブショット4.5″の釣りは10月いっぱいぐらいは楽しめるはずです。
シャローの釣りなのでオカッパリでも十分狙えます。
ぜひみなさんも秋の荒食いバスの連発ヒットを狙いに出かけてみてください!

profile

納谷宏康
関東
(霞ヶ浦水系、河口湖)

バイクショップを営む傍らJB霞ヶ浦、チャプター霞ヶ浦、チャプター東京に参戦するトーナメントジャンキーであり、全日本バスプロ選手権優勝というビッグタイトル獲得経験もある実力者。09年NBCチャプター東京第4戦準優勝、11年マリーナ主催の大会にて年間優勝を獲得。14年JB霞ヶ浦第2戦3位。15年はNBCチャプター霞ヶ浦にて第2戦、4戦と2度優勝し、年間優勝。16年にも年間優勝を獲得している。